田辺寄席では、参加者に「田辺寄席ニュース『寄合酒』ー当日版」 をお配りしています。
  06年4月までは、桂文太師匠が出題する「寄合酒クイズ」と中川 桂氏(芸能史研究者・大阪大学非常勤講師)の演題の紹介が掲載されて いました。06年5月からは月3回公演に伴い紙面も変更され、三公演 の演題紹介と「楽語写」が掲載されています。このページには演題紹介を収録しました。
演題紹介トップページへ



如月席田辺寄席
第414回
2月17日(土)午後1時40分開演
〈新・じっくりたっぷりの会
―笑福亭遊喬の段〉


一、時うどん 林家 市楼(四代目染語樓門下)
 記録的な暖冬。過ごし易いのはよいが、冬が書き入れ時の商売は大変。うどんの売り上げは寒い冬にくらべてどうなのだろうか。

二、池田の猪買い  笑福亭 遊喬(松喬門下)
 ご当地・池田ではこの冬、この落語と猪鍋をセットにした催しを売り出し中。先日は猪鍋つき落語会が催されたほか、山の手の温泉旅館でも、落語と猪鍋のパックが用意されている。

三、四一四号笑呆亭…『抜け蟹』から
           桂 文太(五代目文枝門下)
 『抜け雀』を移し替えるにあたって、文太師匠は噺の舞台を東海道の「坂下(さかのした)宿」にした。鈴鹿峠のふもとで、東海道48番目の宿場。土地が険しく田畑が少ないため、宿場業がさかんになったという。

中入り

四、座長の涙    ∧小佐田定雄・作∨
      桂 団朝(米朝門下)
 大衆演劇といえば第一部が「まげもの」の芝居、第二部が歌謡ショーというのが定番だが、この形が定着したのはそう古いことではないそうだ。大阪でもまだまだ大衆演劇は健闘中。

五、住吉駕籠   笑福亭 遊喬(松喬門下)
 お正月の住吉大社の人出は相当なものだが、ほかにも住吉っさんの年中行事は多種多彩である。春は卯の葉神事、6月は豊作を祈るお田植え神事、盛夏は大祭(住吉祭)、秋は名月を愛でる観月祭…と、年間を通して参拝者が多い。

如月席田辺寄席
第415回
2月17日(土)午後6時10分開演
〈いちもん会〉


一、鉄砲勇助   露の 団姫(団四郎門下)
 テレビの納豆情報、菓子会社の賞味期限、ホテルの耐震偽装…。昨今のニュースは「うそ偽り」だらけ。うそは落語の中だけにして!

二、始末の極意        かつら 小梅
 梅団治さんの愛息、少年・二世落語家の登場。いまどきの若い世代には似合わない?始末・節約の噺を、どう聴かせてくれますか。

三、四一五号笑呆亭…『瑠璃壷名誉早駆』から
        桂 文太(五代目文枝門下)
 「幕の内弁当」が芝居から出たものであることは有名だが、江戸末期の『近世風俗志』によればこれは江戸の風習で、関西では幕の内弁当は食べなかった。江戸の幕の内には、今の焼きおにぎりのような握り飯を入れていた。

中入り

四、ラジオ川柳   桂 春菜(春団治門下)
 ラジオ番組では昔から、リスナー(聴取者)からの投稿ハガキで構成される番組が人気だった。大喜利のような言葉遊びに、ラジオは向いているのだろう。現在も俳句や川柳、折り込み都々逸などの投稿番組が人気を保っている。

五、鬼の面    桂 梅団治(春団治門下)
 講談の『面の餅』が原典で、現在演じられている形は桂雀三郎師から後輩に伝わったもの。もともとのサゲは、鬼の面のおかげで利を得たのを喜び「道理で金札つかんだ」というものだったが、今ではさっぱり分からない。当世のサゲは、本日お聴きいただくようなことで。

如月席田辺寄席
第416回
2月18日(日)午後1時40分開演
〈いちもん会〉


一、狸賽    桂 ちょうば(ざこば門下)
 天満の天神さんでは、ただいま「梅まつり」を開催中。屋内での盆梅展(有料)では、鉢植えの梅と共に道真公の絵像や引札も見られる。

二、厄払い      桂 米左(米朝門下)
 節分の翌日、最近は近所でも「鬼は外」と豆をまく声が聞こえない…とラジオで言っていた。将来「厄払い」の風習同様に豆まきも消滅することのないよう、せいぜいやるべし。

三、四一六号笑呆亭…『親子茶屋』から
         桂 文太(五代目文枝門下)
 初めてこの噺を聴く人には、サゲが少し分かりにくいようだ。男の道楽といえば「飲む・打つ・買う」つまり酒・博打・女遊び。この親子はお茶屋遊びの場で顔を合わせてしまい、お茶屋なら酒・食も伴うと思われるので…。

中入り

四、曲独楽      桂 米八(米朝門下)
 繁昌亭が開席し、関西でも色物の重要性が改めて認識されることとなった。今年一月の昼公演からは噺家による余芸の出番も増えている。落語の合間に入っても邪魔にならないたぐいの色物が、今後ますます必要とされそうだ。

五、景清       桂 千朝(米朝門下)
 平景清は源平合戦時の武将だが、実像よりも後代の芸能で有名になった。古くは幸若舞や、江戸時代でも浄瑠璃『出世景清』などに、景清が清水寺の観音を篤く信仰していたため、観音に救われて命が助かる逸話が描かれている。

紹介文執筆…中川 桂



© 2002〜 田辺寄席世話人会