田辺寄席では、参加者に「田辺寄席ニュース『寄合酒』ー当日版」 をお配りしています。
  06年4月までは、桂文太師匠が出題する「寄合酒クイズ」と中川 桂氏(芸能史研究者・大阪大学非常勤講師)の演題の紹介が掲載されて いました。06年5月からは月3回公演に伴い紙面も変更され、三公演 の演題紹介と「楽語写」が掲載されています。このページには演題紹介を収録しました。
演題紹介トップページへ



水無月席田辺寄席
第426回
6月16日(土)昼席 午後1時40分開演


〈いちもん会〉


一、子ほめ      桂 福矢(福団治門下)

 婚礼では陰気な顔や不吉な言葉を避けようとするのと同様、生まれた赤ん坊を見に行く時は、縁起の悪い言葉を避ける意識が働くものだ。

二、月並丁稚     桂 福六(福団治門下)

 小・中学校で、子どもの問題に過剰にクレームをつける一部の保護者が問題視されている。最近も、東京都でクレーム対策に弁護士による相談を開始、とのニュースが。小さい頃から丁稚奉公に出し、社会勉強をさせた時代は遥か昔。現代なら、まず一部の親に丁稚奉公が必要か。

三、四二六号笑呆亭…『寝床』から
     桂 文太(五代目文枝門下)

 かつて浄瑠璃が流行ったのは、単に娯楽として、というだけでなく、それが社交上必要な面もあったからだろう。浄瑠璃を語れるのが旦那のステイタス、という意味合いもあったと思われる。今のゴルフと似たようなものか。


中入り

四、船徳       桂 福車(福団治門下)

江戸の噺を移入したもの。江戸落語ではその舞台が、浅草観音の「四万六千日」の縁日となっている。この縁日は七月の九日、十日の両日行われるが、今日では五十万人の人出とか。

五、仔猫       桂 福楽(福団治門下)

 今夏、尾上菊之助主演の映画『怪談』が公開される。原作となった三遊亭円朝の『真景累ヶ淵』は歌舞伎にもなっているが、歌舞伎化は明治時代。『四谷怪談』は江戸時代の文政期の作。


水無月席田辺寄席
第427回
6月16日(土)夜席 午後6時10分開演
〈新・じっくりたっぷりの会―林家染雀の段〉


一、米揚げ笊    笑福亭 呂竹(呂鶴門下)

 現代でもプロ野球選手など勝負の世界では、縁起を担ぐ人が多いようだ。打者は(打率が)あがる・のぼる、投手なら(防御率が)さがる・くだるを喜ぶかもしれませんな。

二、按七       林家 染雀(染丸門下)

 珍芸…というと失礼だが、音曲漫才「姉様キングス」でも活躍の染雀さん。本業の落語でも珍品をいろいろ持っている。『按七』は無筆ながら小金を手に入れた、按摩の七兵衛の略称。

三、四二七号笑呆亭…『猫の災難』から
         桂 文太(五代目文枝門下)

 飲酒運転による交通事故が一時期頻発したのは記憶に新しい。その後取り締まりの強化や、罰則の厳罰化も実施された。車に乗らず家で飲む分にはよいが、自分が飲み食いした酒や肴の責任を、隣の猫になすりつけるとは罪深い話だ。


中入り

四、ちりとてちん   月亭 八光(八方門下)

今秋からのNHK朝の連続ドラマは、上方落語の世界を描いた『ちりとてちん』。ドラマの内容はこの噺と直接の関係はないそうだが、どんな物語が展開されるか楽しみ。

五、辻占茶屋     林家 染雀(染丸門下)

 辻占とは元来、辻を通りかかった人など全くの偶然性により占うもの。今も東大阪市の瓢箪山稲荷では、志納金を出せば辻占をしてくれるし、もっとお手軽なものでよければ、境内に辻占おみくじの自動販売機も置かれている。


水無月席田辺寄席
第428回
6月17日(日)昼席 午後1時10分開演
〈いちもん会〉


一、ろくろ首     桂 都んぼ(都丸門下)

 古い説話に登場するろくろ首には、胴体から首が離れて浮遊するものと、首が伸び縮みするものとの二種類がある。落語は後者。

二、世帯念仏   桂 あさ吉(初代吉朝門下)

 カラー写真豊富な、週刊分冊百科がヒットして様々なシリーズが出ている。最近では古寺や仏像など、仏教関係のものが目に付く。信仰心もあるだろうが、由緒ある建物や仏像に安らぎを求める面もあるようだ。毎朝、単に習慣で念仏を唱えるのは果たして安らぎのためなのか。

三、四二八号笑呆亭…『南京屋裁き』から
         桂 文太(五代目文枝門下)

 東京種の長編人情噺。全部演じるとかなり長いので、前半部分だけが口演されることが多い。後半は裏長屋で商いをした若旦那が貧しい母子を助けるのだが、因業な家主がその好意を無にしたため若旦那が怒り爆発…という展開に。


中入り

四、ステージ漫画   フロッグ西嶋(初代かえる門下)

吉本の劇場などで活躍された「ジャズ漫画」の木川かえるさんは、二〇〇五年三月に死去。それを受け継ぐ貴重な芸が田辺寄席初登場。

五、交通安全 〜戸田学作〜 桂 小米(米朝門下)

 高齢者が、自転車の運転中や横断歩道の歩行中に事故に遭うことが多いとか。笑って健康にもよく、交通安全啓発にもなるという一席。

紹介文執筆…中川 桂



© 2002〜 田辺寄席世話人会