田辺寄席では、参加者に「田辺寄席ニュース『寄合酒』ー当日版」 をお配りしています。
  06年4月までは、桂文太師匠が出題する「寄合酒クイズ」と中川 桂氏(芸能史研究者・大阪大学非常勤講師)の演題の紹介が掲載されて いました。06年5月からは月3回公演に伴い紙面も変更され、三公演 の演題紹介と「楽語写」が掲載されています。このページには演題紹介を収録しました。
演題紹介トップページへ



弥生席田辺寄席
第453回
3月15日(土)昼席 午後1時40分開演


一、商売根問    桂 阿か枝(五代目文枝門下)

 一門による別など、いくつか演出の違いがあり、出てくる商いも異なっている。今のフリーターのはしりのような主人公を扱った噺。

二、デブのお肉に恋してる   桂 三金(三枝門下)

 メタボリック症候群…略して「メタボ」という言葉だけが独り歩きしているような昨今。ただただ腹回りのサイズだけで、健康か不健康かが分かれるわけでもないだろうに。

三、四五三号笑呆亭…『眼鏡屋盗人』から   桂 文太(五代目文枝門下)

 日本に初めて伝えられた眼鏡は、サンフランシスコ・ザビエルが一五五一(天文)年に  大内義隆に献上したものだという。ザビエルが伝えたのはキリスト教だけではなかったようだ。紐を耳にかける方式の江戸時代当時の眼鏡は、支柱式天狗眼鏡というのが正式名称。

中入り

四、和歌山弁落語―祝い事  桂 枝曾丸(五代目文枝門下)

「和歌山のおばちゃん」のカツラ・着物姿で和歌山弁落語を演じる和歌山出身の枝曾丸さん。今回は親戚の結婚式での騒動を描いた一席。

五、紙入れ  桂 枝光(五代目文枝門下)

 浮気を扱った落語…ということになるのだろうが、女性側よりむしろ亭主の呑気さや間抜け加減が際立つ噺。浮気を嗅ぎつけるには敏感な感覚も必要だが、これだけ鈍いと致し方ないか。

弥生席田辺寄席
第454回
3月15日(土)夜席 午後6時10分開演


一、鉄砲勇助  桂 そうば(ざこば門下)

 上方落語の世界を描く朝ドラ「ちりとてちん」もいよいよ終盤。うそつきの新弟子・小草々の本名「木曽山勇助」はこの噺から来ている。

二、禁酒関所  桂 ひろば(ざこば門下)

 役職をタテにして暴利をむさぼる役人は、いつの時代にも存在する。酒を飲まれた仇を討つために、なんとも意外なものを持ち込むが。

三、四五四号笑呆亭…『味噌蔵』から  桂 文太(五代目文枝門下)

 味噌は土地によって材料の配合や熟成期間が違い、さまざまな味わいがある。「手前味噌」の言葉が生まれるくらいに千差万別というわけだ。一般に寒冷地の味噌は辛口で、暖かい地方は甘めの味という。この落語の味噌屋さんは、やはり薄味だったのだろうか。

中入り

四、ステージ漫画  フロッグ西嶋(初代かえる門下)

 元・高校の先生ながら、木川かえる師の門下。かえる師の舞台道具やパネルなど一式を譲り受け、師匠と同じようなスタイルの舞台を展開する。田辺寄席は二度目の登場。

五、厩火事   桂 ざこば(ざこば一門)

 昨年五月の「繁昌亭田辺寄席」では『子は鎹』を演じたざこば師匠、田辺での出演は初めてとか。中国の思想家・孔子は儒教の創始者として名高い、紀元前の人。そんな孔子のエピソードを引きながら夫婦の情愛を描く。


弥生席田辺寄席
第455回
3月16日(日)昼席 午後1時10分開演


一、道灌    露の 団姫(団四郎門下)

 人の真似をして失敗する、落語ではおなじみのパターンだが、扱っているのが和歌だけに、ひときわ上品な趣のある一席である。

二、運付酒  露の 団六(五郎兵衛門下)

 長編落語『東の旅』の中の一編だが、ほとんど聴く機会のない貴重なネタ。東京では『長者番付』の題で演じられるが、東京でもこの噺、昔ほど高座にかからなくなっているようだ。

三、四五五号笑呆亭…『蛇含草』から   桂 文太(五代目文枝門下)

 演題のイロハ順に演じているこの企画、寒かった先月も夏の川遊びを描いた『遊山船』が登場したが、春先の今月も夏のネタが。暑い夏場に熱い餅を食べる…。それがさらに、食べ過ぎの苦しさを増幅させる効果を生んでいる。

中入り

四、手品指南   桂 朝太郎(米朝門下)

噺家の余芸の域を超え、立派にひと高座として通用する朝太郎さんのマジック。田辺寄席でも公演数が増えて以後、登場の機会も増え、おなじみの存在になってきた。

五、雪の子守唄    露の 団四郎(団四郎一門)

 博打に入れあげて家庭を顧みず、子どもも放ったらかし…いつの時代にも絶えることのない人間の暗部なのだろう。そこまでいかずとも、現代も子どもを車内に残してパチンコに熱中、といった話は後を絶たない。こちらは博打に入れあげながらも我が子を気にかける人情噺。

紹介文執筆…中川 桂



© 2002〜 田辺寄席世話人会