演題紹介トップページへ



10年4月〜演題紹介は「演題怪説」として上田文世さん(演芸ライター)が執筆担当します。

第528回 田辺寄席 10年 4月17日(土) 昼席 午後1時40分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会−桂楽珍の段》


一、犬の目     桂まめだ(文福門下)
 目を患った男。紹介されたお医者さんは、たこ焼きの腕前も第一級、名医ちゅうの名医。どんな病気の目もクリーニングで完全治癒。ああ、こんなお医者さんがいたら…

二、半分垢     桂楽珍(文珍門下)
 謙虚なお相撲さん。女房が自慢げに自分のことを話すので、謙遜するようにと諭す。そこへお客さん。早速、女房は謙遜して言う。ああ、こんな従順な女房がいたら…

三、居残り佐平次   桂文太(五代目文枝門下)
 仲間引き連れて遊びに。飲んで食って芸者あげてのどんちゃん騒ぎ。翌日からは勘定払わず一人で居続け、連日連夜の大騒ぎ。こんなタダ飲み名人に、ああ、私もあやかりたい。

〈仲入り〉

四、腹話術     千田やすし(川上のぼる門下)
 人形のひかるちゃんは言いたい放題、歌い放題。おべんちゃらに本音もズバリ。輪唱も出来るんだ。頭の回転がいいねって? 当ったり前よ、360度回転できるんだもん。

五、愛宕山     桂楽珍(文珍門下)
 京都の愛宕山は標高924b。大阪の天保山は同4.53b。大阪の太鼓持ち二人、歩いて愛宕山頂上を目指すが、天保山に登るのとは大違い。「楽ちん」とはいきません。


第529回 田辺寄席 10年 4月17日(土)夜席 午後6時10分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会−桂米平の段》


一、七度狐     桂佐ん吉(初代吉朝門下)
 尼さんが喜六・清八に勧めた「べちょたれぞうすい」。いっぺん食べてみたいと辞典を調べると「べちょたれはミゾレのこと。ざぶざぶの雑炊」と出ていた。食べるの止めた!

二、田楽喰い    桂米平(米朝門下)
 田辺大根のように「ん」の付く言葉を言えば、田楽1本がもらえる。「金看板、銀看板」などと言って43本もせしめたのがいたが、そない食えますか?

三、祝いのし    桂文太(五代目文枝門下)
 息子さんの婚礼祝いにと、あわびが持ち込まれるが、父親の家主は縁起が悪いと突き返す。何言うてはりますの家主さん。今あわびを買うと、どれだけ高いことか!

〈仲入り〉

四、七色三味線   虹友美
 河内音頭の伴奏はするわ、民謡、歌謡曲、ロック、津軽三味線もお手のもの。浪曲三味線だって任せてちょう! 七色どころか八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍。

五、抜け雀     桂米平(米朝門下)
 とある宿に泊まった一文無しの絵師。昼に5合、夜に1升の酒を飲む。宿代払えの催促に雀の絵を描いて去る。酒飲みだがらトラを描くと思ったのに。肴が焼き鳥だったかな。


第530回 田辺寄席 10年 4月18日(日) 昼席 午後1時10分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会−笑福亭岐代松の段》


◆第530回
一.狸賽      笑福亭呂好(呂鶴門下)
 タヌキのターちゃんは人(タヌキ)が良い。言われた通りに何にでも化けます。大きさだって命令通り。ご主人様の言うがままに変身だ〜い! そのノリの良さに脱帽です。

二、青菜      笑福亭岐代松(六代目松鶴門下)
 仕事を終えた植木屋さん。酒・肴でもてなされ帰途へ。大家の旦さんと奥さんの教養あふれる問答に感激。同じことを長屋で実行しようとする。そのノリの良さに脱帽です。

三、幾代餅     桂文太(五代目文枝門下)
 お江戸の噺の文太版。奉公人のある男。お給金では手の届きそうもない花魁(おいらん)にあこがれて、ただ絵姿を見ただけでク〜ラクラ。そのノリの良さに脱帽です。

〈仲入り〉

四、太神楽曲芸   豊来家玉之助(ラッキー門下)
 鋭利な剣があっちへ行ったり、こっちへ行ったり。棒の上にまた棒が乗っかって、あっちへゆ〜らり、こっちへゆ〜らり。落ちそうで落ちません。そのノリの良さに脱帽です。

五、花筏      笑福亭岐代松(六代目松鶴門下)
 人気大関の花筏が巡業に出られない。代役に格好がよく似た提灯屋さんが選ばれた。前途の危難も知らず、ホイホイと引き受けてしまう。そのノリの良さに脱帽です。

田辺寄席、演題「怪説」
       演芸ライター 上田文世



© 2002〜 田辺寄席世話人会