《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第435回 07年9月15日()昼席 午後1時40分開演

〈いちもん会〉

 浪速区          村井

 玉之助さんの曲芸、良かったです。おめでたい芸、今日のように大入り満員の時は会場も盛り上がってぴったりですね。こちらの気分も益々盛り上がりました。笑いを取りながらも集中力がとぎれないのはすごいです。 

 東大阪市         田川

 「千両みかん」を何回か見た事あるが、種をすてる仕草がないのは古典芸としては、いささか不完全かなと思う。種無しの温州みかんはたしか明治以降に全国に広がったはずです。温州みかんは宮崎で突然変異で発生したものだったと思います。

 奈良県          藤村

 久しぶりに伺いました。大変大入りでびっくりです。やっぱり落語ブームですかね?これからもがんばって続けて下さい。

 堺市           増田

 今日で田辺寄席にきたのは5回目です、いつも楽しい寄席です。文太さんの「くっしゃみ講釈」とてもおもしろかったです。また、聞きたいです。

 八尾市          村田

 先週末は結石の激痛にのたうち回っていたのですが、何とか回復し、来ることができました。文太師の「くっしゃみ講釈」大熱演でした。もう少しゆっくりしたテンポでも良かったとは思いますが、それでは文太師の汗が滝のように流れてしまうので、もう充分やったかとは思います。玉之助さんの曲芸も大いに楽しめました。トリは南光師匠の「千両みかん」、少し声がかすれて苦しそうでしたが。持ち前の明るさで、大いに笑わせてくれました。来月からも通えるように体質改善に励みます。

 住吉区          高橋 

 今回は特別席で見ました。〜いや、聴きました。少し遅れて来たら大入り満員で会場に入れません。世話人さんのご配慮で舞台裏に椅子を持ち込みゆっくり拝聴しました。演者を見ることは出来ませんが、演者と同じ方向を向いて壁越しながらお客さんの拍手や笑いを正面から受け、気持ち良かったです。「太神楽曲芸」は残念ながら舞台裏では解りません。皆んなが声援を送っているのがうらやましかったです。

 阿倍野区         村上

 家が近く又、土、日は前のグランドで息子が六年間お世話になっていたので、いつもノボリは見ていたので「いつか入りたい見たい!」と思っていた。初回がこんな大入りの南光さんがいらっしゃる時で記念になりました。ひろばさんも吉坊さんも玉之助さんもそして文太さんもとてもおもしろかったです。中入りのお茶おいしかったです。

  西区           N

 クイズ全問正解(まぐれです)で当たった「通し券」の有効利用で、三席すべてを楽しませていただきます。ありがとうございます。 

 柏原市          内田 

 余談ですが、ひろばさんと吉坊さんの大小がおもしろかったです。文太さんの「くっしゃみ講釈」、顔芸が最高でした。南光さんもさすがでした。又、雀三郎さん、雀々さんも呼んで下さい、楽しみにしています。

 堺市           三浦

 たまには太神楽もよい、古典芸を改めて見直した。各演者とも皆熱演でした。

 中央区          M

 桂つく枝さん、桂あさ吉さんを呼んで欲しいです。笑福亭智之助さんのマジックも見てみたいです。

 阿倍野区         村上

 はじめて田辺寄席にきたけれど楽しかったです。文太さんは長池小学校にきてくれました。とっても楽しかったです。

  生野区          D

 最近色物の出演者がバラエティに富んでいますね。

 阿倍野区         M

 大入り満員で普段座っているあたりの席は埋まっていて、一番前の席しか空いていなかったので、そこに座りました。見上げていたので首が痛くて困りましたが、見応え聞き応えある出し物で間近で見られたのはよかったです。

  東住吉区         上出

 初めて来ましたが思ったより寄席のよさがわかったような気がしました。これからも皆様頑張って下さい。

 豊中市          菊地

 文太さんの「開口0番」、九官鳥の留守番面白かった。ふっくらのひろば君、品の良い吉坊君、大がらの玉之助さん、さすがの南光さんそれぞれが一体となり素敵な時を造っていた。先日末広亭に行きました。江戸の定席五席等は数では上方は届かないが質では鳴り物が入り華やかさでは負けていないと思った。上方勢頑張れ!末広がりである。

 東大阪市         高橋

 大入り満員おめでとうございます。めずらしい曲芸を見せていただき、ハラハラドキドキ楽しかったです。

 兵庫県          石丸

 初めて寄せてもらいました。熱気のある会場で思いっきり楽しみ笑わせて頂き、とても満足しました。他にない「開口0番」、文太さんの温かい人柄と落語家のエピソードの面白さーこのために会場がいい雰囲気になるのだろうと納得。会を支えていらっしゃる方々のご厚意にも感謝しつつ、又、来たいなあと思っています。

  広島県          下村

 桂吉坊さんを初めて聞きましたが、上手ですね。将来が楽しみです。又、夏の季節物の落語の「千両みかん」を聞くことができて、それも南光さんで聞けてラッキーでした。

 天王寺区         筒井

 繁昌亭一周年に敗けず劣らず大繁昌の田辺寄席、やはり素晴らしい寄席小屋ですね(歴史がちがう)。

 阿倍野区         仲西

 玉之助さんいいですね。ニューヨークの繁昌亭でも大好評だったとか。田辺寄席の舞台で見られて嬉しかったです。それにしても世話人の皆さん大変でした。太神楽では大きな高座を舞台から一旦除けて、南光さんの時には、又、設置するという大仕事。わずかな時間でしなければならないので、何回もリハーサルをしていたらしいですね。仲入りの茶菓子を用意するや仲入りになるとすぐにそれにかかるという離れ業。いつもながら世話人の皆さんの裏方に徹する動きには頭が下がります。感謝!

 阿倍野区         小松

 今日も旅ネタ、怪談、曲芸、南光さんの「千両みかん」とバラエティに富んでいて楽しかったです。

 住之江区         小出 

 吉坊さん、ひろばさんの後で小さくて大丈夫、と思っていたけど大変立派に演じておられました。

 住吉区          高市

 いつもの時間(少し早め)に行ったら、すでに満員。兜ト朝事務所常務取締役が出演とあって納得しました。「まくら」から大爆笑でした。

 枚方市          西井

 1.田辺寄席で初めて曲芸を見ました。この様な色物もいいですね。

 2.「よせぴっ」同封ありがとうございます。初めて拝見しました。

 大正区          武内

 今月で会員になって早や一年。仕事の都合上、なかなか来れません。私は考えてるですけど、女性落語家ばっかりではどうですか?。どんな演じ方をするのか楽しみです。

 久しぶりに吉坊さんを聞きました。上手になりましたなァ。若くみえますな〜。吉坊さんの古典を聞きたいですなァ。大物になる一人ですなァ。南光さん、スゴイ。大物の一人ですなァ。

 豊中市          菊地

・文太師匠の「開口0番」、いつも楽しみにしております。

・さすが南光師匠。

 東住吉区         毛利

 今回は大勢の参加者がおられて驚きました。参加者が多い分、いつにも増して笑いの「渦」になった回だと思います。

 大東市          米田

 南光さんとっても良かったです。

 阿倍野区         林田

 初めての田辺寄席です。「立錐の余地もない」というのはこういうのをいうんでしょうね。すごい人にびっくりしました。そのすごい人の「笑い」は又すごいものでした。「寄席」のヨサを満喫しました。南光さんは二十数年ぶりの田辺寄席出演とか、いい時に来させていただきました。近くなので今後も来たいと思います。

 天王寺区         安永

 繁昌亭の一周年記念公演とまともにぶつかっているのにこの大盛況は一体何?落語ブームを実感させる一日でした。それに応える演者の充実ぶり、いい寄席に出会ったという思いで一杯です。仲入りまでもよかったですが、玉之助さん、南光さんが特によかったです。玉之助さん、男前で華がありますね。南光さん、前の「色物」の拍手、喝采、大受けに少しやりにくそうでしたが、マクラで簡単に一掃。落語の世界に戻しはったのはさすがです。最後の「笑呆亭」抽選会に南光さんのサイン入り扇子も用意されてのフィナーレ!! 欲しかったナ!

 住吉区          冨永

 大入り満員、おめでとうございます。たっぷりきかせて頂きました。大満足です。

 香川県          前山

 大入り、大盛況おめでとうございます!。33周年と一口に言っても続けていくことは並大抵のことではありませんね…世話人様はじめボランティアスタッフの方々のきめ細やかなご配慮の賜物であると本当に素晴らしいことだと痛感いたしております。今回は私も「通し」でお付き合いさせていただきたいと思います。今後益々、本会が発展されますよう祈念いたしまして、「夜の部」へとつなげたいと思います。

 交野市          小川 

 田辺寄席は10回以上来ていますが、一番の大入りでした。とりの前に色物もいいですね。今日は交野市から2時間かけてバイク(自転車)で来ました。

 東京の落語家さんも呼んで下さい。

 兵庫県          菊地

 暑さ寒さも彼岸までというが、句日後にそれを迎えようとしているこの日に久しぶりにきく「千両みかん」は浪速の商売道と人情の絡み合った実に良い噺を南光師の好演できけて良かった。文太、吉坊両師も名演であった。今日の昼席は楽しめた。又○○○人の入場者には驚いた。

 門真市          松本

 本当に久しぶりに来ることができました。落語青年もおっさんになりました。また来ます。

 柏原市          下村

 今日はエライお客の出足が早かったようですな。吉坊さんor南光さんが目当てでしょうか?。

 京都府           K   

 文太さんの後藤一山のラストシーンでのくっしゃみ、会場全体がくもりがかかってのどにキそうなかんじがしました。一時間半かけてきました。商店街など行ってみたいです。

 東住吉区         国友

 老人の日に寄せて、笑いと健康が一番と思っています。土曜日の昼席に通って10カ月、文太さんの開口0番からいつも楽しみにしています。「くっしゃみ講釈」の熱弁、面白かったです。

 東大阪市         西畑

  大観客といつもより多くの嵐の拍手の中での玉之助さんの大神楽の大熱演。舞台、客が一体になって、どんどん盛り上がって、南光師匠の登場。ハイテンションの客を枕噺でしっかり落語モードに引き戻し、本題の「千両みかん」の世界に引き込み、客全体を集中させて落語の笑いに持って行かれたのは、さすがですね。「開口0番」での松鶴、米朝、文枝大師匠達の癖の話、とても面白く、楽しかったです。

 住吉区          庄司

 吉坊さん…芸は上手いけど声が小さい!。声が通らないのは致命的だと思います。

(希望演者)…桂よね吉、桂紅雀、桂文我、桂こごろう

 兵庫県          井上

 とても元気なひろばさん、若くして芸達者な吉坊さん、華麗な玉之助さん、大人気の南光さん、ますますノッている文太さん。大入りの客席に、演者さん達も大熱演でした。

 阿倍野区         藤田

 ひろばさん「櫓」を漕ぐ所が気持ちよさげでした。吉坊さん、細かな表情が豊かで繊細な芸でした。さすが米朝一門!。玉之助さん、生の太神楽は見応えありましたが、独特な喋りの間もまた楽しかったです。そして、何といっても南光師匠、間近でぐいぐい引き込まれる「千両みかん」でした。力だけではない技に何とも言えぬ味わいがありました。文太師匠、今日も楽しい「くっしゃみ講釈」でした。33周年おめでとうございます。

 奈良県          ○○○

 桂吉坊さん、大変お若いのに間もよく大変良かった。将来どんな大物になるか楽しみです。

 天王寺区         中原

 初めての寄席、楽しく観せて頂きました。また、来ます。

 阿倍野区         野口

 今日は繁昌亭開席一周年。朝から夜まで50人もの落語家が集まっての記念公演。その日、田辺寄席も33周年とか(記念公演ではないと言ってはりました)。そんな日にこれ以上入りようのない超満員は「さすが田辺寄席」という気がします。南光師匠の出演は二十数年ぶりらしいです。吊るされている「べかこ」の提灯を枕でネタにしてはりました。さすがの「千両みかん」大満足でした。

  和歌山県         箕西

 今席もご盛況でなによりでございます。ご盛況もご盛況、私め参加させていただいた中では、「あやめさんの段」の時が一番の入りだと思っておりましたが、それに勝るとも劣らない人の数でございます。さすがは南光師匠のお力のおかげでございます。ということもあるのでございましょうか、今席みなさま熱演ですばらしい高座ばかり。実はひろば・吉坊の前座ー二ツ目の流れは別のところでも見たことがある(岡町落語ランド)のですが、非常に対称的な並びで、定番にしてほしいと思うほどのものであります。ひろばさん、体調が十分でなかったようですが、よかったですよ。吉坊さん、あなたも落語家になるべくして生まれてきた、幸運な人間の一人でありますね。ショートショートで有名な作家の星新一さんが「もっともらしくはじまってとんでもない結末、まさに落語である」と評された「皿屋敷」、老練な感じさえいたしました。 文太さんがすばらしいのは、ぜいたくなことにいつも通りですが、今回は気がのっていられたようで、楽しめたのであります。  玉之助さんは定席でも見ましたが、おとぼけトークの人は「おさまり返って」パフォーマンスをされますが、玉之助さんは「一生懸命で汗をかいている」体でおとぼけは新鮮です。これからもガンバって下さい。

 そして南光師匠、田辺寄席に出演していただいて本当にありがとうございます。上方落語界の至宝、唯一無二、ワンアンドオンリーの落語家、私めが本当に天才だと思う落語家、それが南光師匠です。すべてが他の人とちがう、オーダーメイドであります。南光師匠を聞くといつも、志ん生という人をもし今聞けたならこんな気持ちになるのではないか、といつも思ってしまいます。これからもできましたら一年に一回ぐらいは田辺寄席に出演してくださいませ。お願いいたします。もう一度お礼いたします。

 本日は本当にありがとうございました。とてもとても感謝しております。

 阿倍野区         佐藤 

  桂ひろばさんの「兵庫船」は活気あり楽しませてもらいました。

 吉坊さんの「皿屋敷」、幽霊のしぐさが艶やかで、言葉も明快で聴きやすく、今後の活躍が楽しみです。

 文太師匠の「くっしゃみ講釈」、講釈師のくっしゃみしながらの講談がリアルで、大笑いさせてもらいました。

 玉之助さんの「太神楽」、初めて見せていただきましたが、語りの絶妙さとすごい芸に驚き、堪能しました。

 お目当ての南光師匠の「千両みかん」細やかな描写と笑いを一杯織り込んだ確かな語りに、旬の噺家さんの芸を楽しませてもらいました。

 東住吉区         栗原

 今日のトリは桂南光さん、さすがはテレビでご活躍されているだけあって会場も大盛況、落語家さんも中堅、若手がどんどん成長されている現在、将来が楽しみです。

 東区           河上

 桂吉坊さんは童顔で、ほんとうにかわいいですね。文太さんの「くっしゃみ講釈」も面白かったです。玉之助さんの「太神楽」曲芸、はじめて観せてもらいましたよ。「すごーいッ!」 「ワァー」「オォー」大拍手の連発でしたね。

 南光さん、マクラからもう大笑いでした。「千両みかん」さすが、大ベテランの味。たっぷり楽しませてもらいました。

 富田林市         前田

 東住吉高校芸能文科卒の吉坊さん、久し振りに拝見しました。益々芸に深みが出て来たように思いました。独自の世界を築かれますことを期待します。私も前、東住吉高校教員として影ながら見守らせて頂きます。田辺寄席で初めての玉之助さんの「太神楽」曲芸も大変良かったです。南光師匠はさすがの芸ですね。帰りにハウスみかんでも買おうかな。

 住吉区          木村 

 9月の中旬とは言え、真夏のような暑さの中、今日も昼席はなんとか参加できました。3回公演になり、何とか最低一回は参加できる機会が増えたので、有難いことでございます。また、先日の「彦八まつり」では、文太師匠のサイン入り扇子を思いがけず頂戴することができ、大切にとっております。田辺寄席の存在を一人でも多くの方に知って頂き、落語ファンが増えてくれれば―と思います。特に働き盛りの三十〜四十代の方々に、日頃仕事で堅くなった頭を柔かくして頂き、創造力の増強を目指して頂けたらと思います。

 阿倍野区         久保

 子供の頃に親に連れられてよく見に来ていましたが、長い間御無沙汰しておりました。十数年ぶりに七月に久し振りに来てみたら、やっぱり落語は面白い! これからも足を運びたいと思います。よろしくお願いします。

 東住吉区         園田

 〈演者リクエスト〉・・・桂つく枝さん、桂吉の丞さん

 住之江区         木下

 仁智さんの「大阪の歩き方」が聞きたいです。

 東住吉区         釘宮

 本当に大入りでしたね。びっくりしました。どれも楽しく大笑いしました。

 住吉区          高木

 2回目です。どれも熱演ですばらしかった。二百人を超える大入りでしたね。これからも面白い番組を作って下さい。吉坊さん、ひろばさんの若手に期待します。

 

 

《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第436回 07年9月15日()夜席 午後6時10分開演

〈いちもん会〉

 兵庫県          瀬尾

 久しぶりに田辺寄席に伺いました。相も変わらず「笑呆亭クイズ」に苦戦しております。正解が決まるまでドキドキです。陪審員制度導入されたら大変です。今日も落語、浪曲と語りを楽しませて頂きました。先日の「彦八祭り」は暑い中お疲れ様でした。

 香川県          前山

 今回、初めて「菊地まどか」さんを観せていただきました!「春野恵子」さんと共に今後の活躍を大いに期待いたしております。田辺寄席にも女性浪曲師の方の今後の出演を楽しみにしております。昼・夜共に大いに楽しませてもらいました。関西上陸して本当によかった〜あ!満腹です・・・

 東住吉区         村上

 息子は、いつも落語会に寄せていただいて「楽しいよ」と言って「一緒に行こう」と誘われ来ましたが、とてもなごやかで楽しい、ほっこりとした時間を過ごせました。

 高槻市          森口

 今日は昼夜二回来ました。昼席は余りの人数で圧倒されたような感じで、この用紙にも何も書かずじまいでした。

 夜席は丁度いい人数で落ち着いて聞けました。二乗さんの「煮売屋」、二回目の田辺寄席出演。一年間の上達ぶりが伺えました。まん我さん「胴切り」、いかにも落語ならではの噺で好演。大好きな落語家さんです。文太さん「口入屋」、新参スーパーウーマンに翻弄される男どものおかしさ、笑うた笑うた。まどかさん、この一年で益々大きくなられ、自信にあふれた感動の一席でした。曲師の沢村さくらさん、気品のある姿に目を奪われました。掛け声も初々しく、まどかさんを支えようの思いに溢れていました。いい曲師さんが東京から贈られて来たものです。トリの米輔さん、前のまどかさんの余韻が残り、最初は少ししんどそうでしたが、「はてなの茶碗」で米輔の世界を展開してくれました。

 東大阪市         田川

 「はてなの茶碗」は米朝師匠が復活させたと聞いたが、以前古今亭志ん生師匠の録音を聞いた事がある。米朝師匠と何らかの交流が有ったのか、不思議。茶碗が千両で水ガメが十万八千両っていうのは水ガメには茶碗の108杯分の水があるのかな。

 阿倍野区         田中

 久し振りに寄りました。大変盛況なのでびっくりしました。喜ばしい事です。世話人の方達のたまものでしょうね。落語も市民権を得て一人歩きが出来る様になり嬉しいです。がんばって下さい。500回楽しみにしています。

 住吉区          田宮

 まどかさん、一年ぶりの田辺寄席。その後も「咲くやこの花賞」なども受賞され、大きく羽ばたく若手浪曲師さんです。今回も落語の見台、膝かくしの前に座られての高座、良かったです。曲師の沢村さくらさんは初めてですが、楚々とした美人の曲師さんです。まどかさんと並ばれ田辺寄席の舞台が一段と華やかに見えました。

 阿倍野区         平野

 まどかさんの浪曲を久し振りにきかせてもらい、上達振りにびっくりしました。これからも頑張って下さいね。

 阿倍野区         向 

 まどかさんの出演以来来ています。とても楽しく見せていただいております。

 住吉区          米川

 二乗さんの「煮売屋」、うまい。菊地まどかさんは声もいいし愛嬌があり浪曲界の金の卵である。

 堺市           三浦

 菊地まどかさんの美声にうっとり聞き惚れました。

 阿倍野区         増田

 初めて浪曲を聞きました。菊地まどかさん良かったです。久しぶりに泣きました。

 兵庫県          井上

 まどかさん迫力いっぱいの熱演ありがとうございました。久しぶりに見せて頂きましたが、だいぶ余裕も出てきたような・・・。これからも応援しています。文太さんの「口入屋」、長い噺ですがメリハリがあってとても良かったです。何度聴いてもおかしくておかしくて・・・。こんなスーパーお手伝いさん我が家にも欲しいなー。

 浪速区          村井

 菊地まどかさん、感動しました。お父さんと先生と子どもの言い分けがとてもうまかったです。

 兵庫県          菊地

 繁昌亭が営業を開始してから一年がたった。連日入場者が満員でめでたい事である。しかし、よく考えて見ると、かなりのお客さんは話題の建物を見たいが為に来ているのではないだろうか?餌を付けなくても針に食らいつくダボハゼのような人達で、そのうちに一回見たらもう来なくなるのではないか。そうなったときにどのような顔ぶれでプログラムを組んで行くか今から考えておかねばならないのではないか。もっと客の意見を聞くこともせなアカンのんとちゃうやろか。

 堺市           西浦

 とても楽しい会でした。出演者の皆さんそれぞれにすごく面白かったです。文太さん初めて見させて頂きました。素敵な雰囲気で又見させて頂きたいと思います。菊地まどかさん、初めて浪曲を聞かせて頂きました。感動しました。

 初めてこちらの会場に寄せて頂きました。とても素敵な会場でした。中入りの際にお菓子を頂きながら交流を広げれるアットホームな感じがとても良かったです。初めて一人でも来れる素敵な会でした。ありがとうございました。

 岸和田市         安井

 菊地まどか、美顔、美声。心の襞にしみいった。今後ますます本気で追っかけになりそう。

 河南町          石田

 「胴斬り」は初めて聞きましたが、無茶苦茶さ加減が最高ですね。これからも色んなネタを楽しみにしています。

 阿倍野区         鎌足

 菊地まどかさんの浪曲、いい声でした。感動しました。今日は来たかいがありました。もっと長い演目が聞きたいです。次の来演が待ち遠しいです。昨年聞いた時は、華のある女性だと思いました。きっと大きな浪曲師になると。

 阿倍野区         神保

 先月東京より結婚のため引越してまいりました。主人の影響で落語に初飛び込み!!今日は昼夜共に楽しい一日を過ごすことができました。ありがとうございました。

 浪速区          村井

 今回、笛・太鼓がとっても良かったです。まん我さんの「胴斬り」という噺、初めて聞きました。けったいな設定で想像を膨らませてこちらが笑うという、落語ならではの話だと思いました。

 堺市           A

 初めて生の浪曲をきかせていただきました。菊地まどかさんの声はよく通るしとても聞きやすかったです。話の室戸台風の日、おばさんも強風の中登校し、プール女学院の校舎が倒壊するのを目の前で見たそうです。浪曲の楽しさに触れた思いです。

 東大阪市         沢井

 初めての田辺寄席です。一度来たいと思いながら時間が合わず「満を持して」という思いの参加です。噂どおりの気持ちをなごませる、色々な装置をそこかしこに散りばめた寄席ですね。開口0番の文太さんの話(こういのがあれば会場が既に落語モードになり前座さんもやり易いでしょうね)。仲入りでは、裏庭に電灯をともし、お茶やお菓子の接待(参加者みんなが楽しく話しが出来、こんな人達と後半も浪曲や落語を聞くんだなと思って嬉しくなってきます)。最後は「笑呆亭」、落語の話の中から皆で考えあう。弁護士さんの回答もあるが、会場一体となって「あっちへ行ったり、こっちへ行ったり」、二乗さんの自己主張には文太さんもタジタジ。噺家さんの素の一面の楽しさを垣間見るようです。当らなくて残念でしたが、楽しい一時でした。そして、この「寄合酒クイズ」、あまりにコアな問題に笑ってしまいます。他では落語の知識を試すようなものが多く、間違ったら嫌だなと思う時が多いのですが、本当に気楽に答えられるのがミソなんですね。回答していたら、何故かこの欄にも書きたくなって来るのですね。

 その他にも、ロビーには「寄席小屋ミニチュア」、8ヶ所もありました。行った事がない寄席もいくつかありました。他の寄席の事なのに世話人さんはどういう寄席か一生懸命説明してくれました。もっともっと多くの人に落語が広がって欲しいの思いが感じられました。番組も全てよく、特にまどかさんには泣かされました。これからも必ず来ようと思いました。

 中央区          中川

 繁昌亭でチラシをもらって初めて来ました。繁昌亭も初めてですが、田辺寄席も初めてです。今日は繁昌亭が一周年で田辺寄席が33周年らしいです。伝統の良さをいっぱい持った寄席と感じました。繁昌亭は10人の演者で田辺寄席は5人の演者。やはりゆったりと落ち着いた感じで、じっくり落語を聞くには田辺寄席だと思いました。どちらの寄席もイイ所をもっともっと発展させ、上方落語を盛り立ててください。

 奈良県          分領

 昼席を見てから、ラーメンを食べて、近所をブラブラして夜席も楽しませてもらいました。月に一度の貴重な一日でした。

 和歌山県         箕西

 本日も、昼夜続けて落語を楽しませてもらっております。今席は文太さんの「口入屋」です。これもまたお江戸の「引っ越しの夢」と同じネタとはいいながら全くちがいまして、「引っ越しの夢」はそのままネタばらしのタイトルで、前の方を完全にカットしてしまっていて、本当に寄席サイズのコンパクトなネタとなっています。対して、上方の「口入屋」はいろんな要素が込められた、かなり本格的なネタになっております。これは「時そば」?「時うどん」の関係と同じでありまして、私めの好みとしては東京でも「口入屋」そのままをやる方がいいといつも思っているところであります。地味ですが「口入屋」は上方落語を代表するネタといっていいでしょう。 そして、この「口入屋」、なんといっても女ごしの口上のところがポイントでありますが、我らが文太さんは完璧にこなされておりました。いつもながら素晴らしいものです。

 ちょっと前のTVドラマ「ハケンの品格」で、篠原涼子さんがスーパーハケンの女性を演じておられましたが、これはどう考えても「口入屋」がモトネタでありますね。この脚本家の方はよっぽどの落語ファンなのでございましょう。

 今席もどうもありがとうございました。感謝しております。

 p.s.篠原涼子さんもすごいですが、菊地まどかさんもそれに負けず劣らず素晴らしいスターさんであります。今席、新作でございますが、思っていたより感動しました。このパターンが許されるなら、アニメで名作といわれるものでも浪曲にしたらどうでしょうか。世界名作劇場の名作群、「母をたずねて三千里」のマルコの母と子の愛、「フランダースの犬」のネロとパトラッシュが神のもとに召されているラストシーン。それにみなさんに最もおなじみであるだろう「アルプスの少女ハイジ」でのクララが立つシーンなどなど、若い人には受けますよ。

 

 

《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第437回 07年9月16日()昼席 午後1時10分開演

〈いちもん会〉

 東住吉区         広山

 団姫ちゃん可愛い。元気があって小気味いい話ぷり、いい娘が上方落語の世界に来てくれたものです。春菜さん『春蝶襲名』についてのぼやき、笑って聞いてましたが切実ですよね。いっその事、田辺寄席で「披露」をしたらと思いました。南北さん「バナナの叩き売り」、「バナちゃん音頭」が耳について離れません。二三日はうなされそうです。完全に一つの「芸」なんですね。前であんなんやられたらと思いましたが、さすが春若師匠、すぐに自分の世界に引き込んでしまいました。楽しい一日でした。

 兵庫県          瀬尾

 今回 久しぶりの日曜昼席です。何故かといえば ももがいけと言いました。団姫さんの張扇と小拍子の小気味よい口さばきの中に、仄かな色気を感じました。春菜さん、さながら蝶に羽ばたく日の近からんことを応援しています。文太さんの釘打ち味があります。のろけのくだり、きっと愛妻家なんですね。南北さんの「バナナの叩き売り」美味しそうでした。春若さんの「抜け雀」は風流でした。

 阿倍野区         酒井

 タクシーで来させていただきました。運転手さんも知らない青年センターでしたが、内容はとても楽しく、父が面白いと言っていた「バナナの叩き売り」が見れてよかったです。春菜さんのお噺(ネタ)は2回目でしたが新鮮に聞くことができ面白かったです。

 西区           長澤

 「バナナの叩き売り」盛り上がりましたね。色物もいいものです。

 東京都          美濃村

 団姫さん元気があってかわいいですネ!開口一番にぴったりではないかと。春菜さんのイキナリが「安倍さん辞めたでしょう」にはチョット意表をつかれました。関東弁?と思ったら、ヤクザ映画の主人公になりきっていたのネ。わかるの鈍くてゴメンナサイ。文太さんの「宿替え」・・・あっそーか「粗忽の釘」かあ。関東風とは味わい違って又愉快でした。文太さんは品があるなあ。で・・・「バナナの叩き売り」大爆笑!本当に売っちゃうんだー。「抜け雀」は好きなお噺です。とても端正で品のある語り口に聞き惚れました。

 兵庫県          藤原 

 「バナナの叩き売り」、子供の頃はよく見たのでなつかしく思いました。落語以外の色物をこれからも楽しみにしてます。

 松原市          H

 バナナ売り、昔は夜店でみかけたが、昔を思い出しました。ありがとう。

 東住吉区         中野

 盛りだくさんで楽しかったです。若い人から熟練された方、女の人、いろんなおはなしがおもしろかったです。

 奈良県          磯田

 以前から新聞などで紹介されていて、機会があり初めて寄せていただきました。どの演題もバランス良く楽しませていただきました。特に春菜さん、華があり先代の噺を今風のアレンジにして良かったです。これからも足を運びます。

 阿倍野区         佐藤 

 露の団姫さんの「大仏の眼」、ぽんぽんと調子の良い語りでよかったです。

 春菜さんの「昭和任侠伝」、枕のご自身の襲名に係る話がおもしろく妙に感心しながら聞き入りました。一日も早く春蝶を襲名され、上方落語をさらに盛り上げていただきたいと思います。

 文太師匠の「宿替え」、私は師匠の人情噺や芝居噺も好きですが、こういった滑稽噺も大好きで、馬鹿みたいに大笑いいたしました。

 南北師匠の「バナナの叩き売り」、初めて見る芸で最初はあきれてましたが、後半盛り上がり楽しかったです。春若師匠の「抜け雀」、落ち着いた円熟した芸をじっくり聴かせていただきました。

 東住吉区         太田

 まだまだ残暑きびしいですね。団姫さんの芸、はじめて見させてもらいました。ノスタルジックで新鮮でした。春菜さん、まくら、切実でしたね。噺はころっとかわって、大笑いさせていただきました。文太さん、毎回、味のある噺、今回も「宿替え」、すっかり聞き入りました。そして本日一番見たかった、南北さん!「バナナの叩き売り」!! サイコーでした。春若師の味のある噺で又いつもの落語会に戻り、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

 西淀川区         榮 

 本日の南北さんの「バナナの叩き売り」、大変面白く、迫力の有る芸で、見事でした。

 阿倍野区         高橋

 団姫さん、ほんまに団い顔で「奈良名所」、エンタツ、アチャコの漫才もとり入れて下さい。春菜さん、松竹との問題を物ともせず「春蝶」を目指して下さい。文太師匠、「宿替え」、「ご用事は、あんたのご用事は?」と再三再四→引っぱるところがとても楽しく僕も好きです。南北先生、バナナが盛上げられた高座。芭蕉が場所だけに、春若師匠、賑やかな叩き売りの後、やりにくかったかも・・・でもよかった。

 東住吉区         栗原

 今日は又近来マレに見る「バナナの叩き売り」。以前は常時あったとは聞いていたが、この年(77歳)になって生で見たのは初めて。大変楽しませてもらいました。

 堺市           中村

 春蝶襲名の裏事情を涙ながらに(?)語って下さった春菜さん。いつもラジオでお声は聞いていましたが、キンキキッズのつよし君似の甘いマスクの持ち主と知り、びっくり!!です。襲名の儀、うまくいかれることをお祈りしています。今日は、なかなか聞けない南北さんの「バナちゃん節」に、可愛い団姫さんの初々しい落語。そして、じっくり聞かせて下さる春若さんと、本当に盛りだくさんでした。大満足です!!ありがとうございました。

 阿倍野区         岩崎

 春蝶さんの「昭和任侠伝」とても好きでしたが、春菜さんのも、とても良かった。若々しい違った味の面白い噺でした。

 住吉区          樋口

 今回、初めて三公演とも「通し」で参加しました。以前「『長月席』で一回と数えればいいのに」と思っていた時もありましたが、三回の公演がそれぞれ全く独立していて、それぞれが趣向をこらしている事がよく分かりました。「開口0番」から「笑呆亭」「寄合酒クイズ」、どれ一つとして同じものはなく、これは大変な事だとつくづく思いました。仲入りのお茶やお菓子の準備も終わったら全て洗い、氷もその度に買いに行っているようです。番組編成の妙にも感心しました。特に「色物」、それぞれ「特色」があり、寄席の中で重要な位置を占めているのがよく分りました。この回数を一回一回と数えねばとんでもない事だと思いました。三回公演を「通し」で参加して今まで以上に田辺寄席のスバラシサを実感しました。

 和歌山県         箕西

 本席もご盛況でなによりでございます。今席は春菜さんでございます。私めの前に和服の若い女性四人衆が座られておりまして、寄席初心者の方々のようでしたが、その彼女らが、団姫さんの流れで春菜さんが高座にあがられましたとき「あ、この人男の人なのね」とおっしゃられていたのが興味深かったです。春菜という名前とそのベビーフェイスからでありましょうが、私めも妙に納得した次第であります。

 今回は「昭和仁侠伝」。私めこのネタ、春蝶門下の人、何人かのを聞いたことがありますが、「少し時代からずれはじめているなぁ」と感じて心からは楽しめませんでしたので、春菜さんがこのネタをされるといった時、少し不安でした。しかし春菜さんは現在流に作り直されておりまして、非常に楽しめたのであります。一言で言うなれば、最後に「Vシネマ」のネタを持って来ることによって、この「仁侠伝」というネタが非常に手の込んだ「七段目」であることを解明したのでありますね。春蝶版はそのことをとてもうまく覆い隠した大ケッサクだというわけだったのであります。さすが春菜さん、映画ファンの面目躍如であります。

 本日もどうもありがとうございました。感謝しております。

 p.s.春菜さん、ラジオパーソナリティとしてもすばらしいですね。ダンディな感じがとてもよい。「だから土曜日」、録音して毎週聞くようにしています。毎週2時間ワクになることを希望しています。それにアシスタントの和田麻実子さん、久々の大ヒットでありまして、往年のラジオたんぱの大橋照子さんであります。永遠のお姉さんテイストを持っている人で、厄年の私めでも中学生に戻してしまうマジックを使えるのであります。これからもガンバってください。

 香川県          前山

 文太師匠の言わはるとおり、「信者」(?)として2日間(三回公演)「通し」を初めて体験させていただきました!! どの会もそれぞれ趣向が凝らされ見処があり、さすがによく練られた番組構成、大いに堪能させていただきました・・・次回は神戸・御影公会堂での

10回記念出前田辺寄席でまたいつもと違った趣き・雰囲気を味わせていだきたく存じます。今回はリーズナブルに楽しませていただいたことにも大いに感謝です。最後の抽選で「んなーあほな」当たりました!! ありがとうございました。

 東住吉区         山下

 先月は友達に誘われ招待券で来ましたが、今月は一人で来ました。先月とは又違った楽しい番組でやみつきになりそうです。団姫ちゃんは元気な可愛い姫でした。春菜さんのマクラでのぼやきぶりは本音がたっぷりでした。「昭和任侠伝」平成の噺もたっぷりでした。文太さんの「宿替え」楽しい噺になっていました。南北さんの「バナナの叩き売り」、本当に売るんですね。商店街の「キララ」の若主人がバナナを提供したらしく、御夫婦でかいがいしく手伝っていました。賑やかで大盛り上りの後だけに春若師匠もやりにくかったでしょうが、そこはうまいもん、「叩き売り」のマクラを振って、すぐに自分の世界を作り出し、名作「抜け雀」でホロッとさせられました。

 阿倍野区         M

 「バナナの叩き売り」ということで自分なりにイメージしていたものとは違っていたのですが、なかなかおもしろかったです。

 東大阪市         田川

 「大仏の目」は初めて聞きましたが、若手の噺家しかできない勢いでした。久しぶりにおもしろい噺を聞きました。でもこの噺は「七度狐」や「鹿政談」の始めによく出てきますよね。

 高石市          T

 講談師の「バナナの叩き売り」は初めてでした。何年も前に誰か忘れてしまったが落語家の叩き売りがあったのを思い出しました。

 阿倍野区         酒井

 春菜さん、いつも楽しませてもらっています。これからもがんばって下さい。「バナナの叩き売り」初めてみました。とてもおもしろかったです。バナナ買えなかったけど。

 東住吉区         清水

 「バナナの叩き売り」最高でした。講談のイメージとどうしても結びつきません。大笑いしました。

 生野区          西村

 今回で2回目です。春蝶さんの息子サンがあれだけ面白いとは思いませんでした。春菜サンサイコーです。文太さんはしぶくていいです。「バナナの叩き売り」とても面白くバナちゃん音頭はなかなか知的でした。「抜け雀」はホロリとしました。

 住吉区          山下

 落語の好きな友達に教えてもらって今回で2回目です。生の落語にやみつきになりそうです。思わず身をのり出して聞いてる自分がいます。噺に引き込まれていってそれでいてすごく楽しい時間が過ごせてうれしかったです。

 住吉区          Y

 桂春菜さんを見て春蝶さんを思い出しました。私らには春蝶さんのラジオの深夜放送がなつかしいです。