《弥生席、田辺寄席「参加者の声」》

第489回 09年3月21日()昼席 午後1時40分開演

〈いちもん会〉

 阿倍野区         森

 田辺寄席は楽しい一時です。今回も楽しく過ごさせてもらいました。

 青年センターの今後については、青年センターの機能を他センターと統合される計画ですが、センターの機能について区民に説明して頂きたい。また当センターの存続維持については、別の視点から考えて市としてのサポートをして頂けることを強く願ってます。

 堺市           芥 

 「貧乏花見」は最高におもしろかった。久しぶりに、腹をかかえて笑いました。おもしろかった。「秘伝書」はマクラと本題が分かりにくかった。

 愛知県          寺島

 生喬さんの「笠碁」、あの間の取り方と顔の表情、名人芸ですね!一番後ろの席から見させていただきましたが、はっきりと伝わるとても豊かな表情「表現」でした。

 大東市          加藤

 文太さんのその場に居ないと味わえない所作が良かった。

 東住吉区         松村

 同じ噺でも噺家さんによって、それぞれ違うなあと思いました。今日の瓶成さんの「いらちの愛宕参り」はとてもおもしろかったです。文太さんの「猫定」は初めてですが、やさしい人間の情がひしひし伝わり聞きごたえ充分でした。生喬さんの押さえた話芸も、三喬さんの笑いのつぼを押さえた話ぶりも最高でした。

 住之江区         T

 今日は両親を連れて観に来ました。良い親孝行ができました。

 岸和田市         K

 今回はたくさんの人出に圧倒されました。ABCラジオで声を聞いている三喬さんの落語を楽しみに来させてもらいました。また出演してもらいたいです。

 堺市           綛元

 文太さんいつも楽しい噺(今日は微妙ですけど)、ありがとうございます。

 堺市           林 

 ウチの家にも猫(白い猫)が一匹おりますが、昨年に大手術をして大金を使ってしまいました。今では元気に生活しております。そのうち、「猫の恩返し」があるのでは、と期待しておりますが、いまだにその気配はありません。今度飼う時は「猫定」のカラスのような黒にしようと思う。

 阿倍野区         吉川

 青年センターの裏庭の桜もポツポツと咲き出していますね。大阪ももうすぐ開花宣言が出されるでしょうね。その頃のお噺「貧乏花見」、笑わせてもらいました。「さすが三喬!!」というところです。生喬さんも敗けてません。上方では珍しい「笠碁」、こりん師匠直伝とか。顔で笑わせる芸は最高です。以前田辺寄席で福楽師匠の「笠碁」を聞きましたが、二人それぞれの味が出ていてよかったです。もっと上方でも色んな噺家さんにやって欲しいと思います。

 阿倍野区         M

 三喬さんのマクラも噺もとてもおもしろくて、おなかをかかえて笑いました。

 兵庫県          戸田 

 初めて来ました。うわさには聞いていたのですが、うわさ通りのいい会ですね。会場の外ののぼりから提灯、橘右佐喜さんの書かれた招き看板、手作りの豪華な舞台に会場の椅子には全て座ブトンが置かれていたりと、細やかな心配りに感心します。渡されるプログラムも毎席の解説付き(全部で20席)、「笑呆亭クイズ」や「寄合酒クイズ」と楽しみもいっぱい。おまけに文太さんの開口〇番があったり、笑呆亭の抽選会があったり、中入りには裏庭でのお茶・お菓子タイム。そこに5席の″大爆笑″があるねんからこれはすごいわ。

 住吉区          岡田

 去年(2008年)ある方の御縁で田辺寄席に家族4人で来ました。文太さんを初めて知りました。落語家に似合わずイケメンで、文太の前ばなしを始め、噺も大変お上手で、早速会員になりました。それ以来、毎月4人がやみつきになりました。いつまでもお元気で聞かせて下さい。

 大正区          武内

 「開口〇番」、文太師匠おもしろい開口○番でした(いつもおもしろいですが、今日は特によかった)。瓶成さん、がんばってやってまんなー。由瓶さん、熱演ですね。文太師匠の噺、初めて聞きました。聞き惚れました。生喬師匠、碁の仕草うまいなァ。私初めて聞く噺です。三喬師匠の「貧乏花見」、おもしろい。ベテランの芸ですな!もう一度聞きたいですね。「高見盛」おもしろいオチ。

 淀川区          吉本

 500回まであと少し、文太師匠、楽しい出番待ってます。ご自愛下さい。

 富田林市         藤岡

 190名余りの大入りの昼席、熱気ムンムンでうれしい限りでした。文太さんの珍しい(冬の)怪談混じりの一席は、江戸噺を上方風にやんわりと置き変えた噺を聞けました。三喬さん、マクラから大笑いでした。スペースシャトルが出てくるなんて、なる程!ですね。「貧乏花見」の噺は、三喬さんのうまさが十分出ていて、大笑いの中にも安心して聞いていけました。どんどん、大師匠への道を進んでいかれますね。がんばって下さい。

 兵庫県          井上

 「笠碁」、生喬さんのニンにぴったりの噺で大笑いさせて頂きました。「貧乏花見」、マクラからぐいぐい引っ張られて、ネタに入ってもドッカン!ドッカン!大爆笑でした。三喬さんバンザイ!!

 堺市           井藤

 生喬さんの表情の豊かさに大笑いです。楽しいネタで桜の開花が待たれます。

 阿倍野区         佐藤 

 瓶成さんの「いらちの愛宕参り」、元気いっぱい面白く聞かせてもらいました。

 由瓶さんの「秘伝書」、まくらにも工夫があり楽しませてもらいました。

 文太師匠の「猫定」、初めて聞く噺で興味深く聞きました。

 生喬さんの「笠碁」、仲の良い碁仇を追う目の動きや表情に思わずうなります。ほのぼのとした笑いに落語の良さを満喫しました。

 三喬さんの季節ぴったしの「貧乏花見」、場内を笑いの渦に巻き込み大爆笑しました。

 このような上手い噺に酔うと、幸せを感じ落語の力に感動さえ覚えます。

 天王寺区         指宿

 生喬さん、いい味が出ていて、実に味わい深い落語でした。

 住吉区          上村

 月二回(隔週)あれば嬉しいです。

 神奈川県         川合

 三ヵ月ぶりの参加です。早目に着いたので、中庭でしばらくくつろいでました。由瓶さんの「秘伝書」、面白かったです。生喬さんの「笠碁」、喧嘩の後の二人の様子が、何とも愉快でした。

 29日の「どっぷり昭和町」、文太さんの「か、き、く、け、こ」五席の噺を聞くのが楽しみです。中でも文枝師匠が遺した「熊野詣」は文太さんが引き継いで演ってもらいたいです。

 浪速区          村井

 文太さんの「猫定」、墨絵のような世界が頭の中にリアルに広がって、ドキドキしました。すごい話術だなあと思いました。生喬さんの「笠碁」、意地っ張りのご隠居二人、本当はとってもお互いが好きで仲良しという感じがよく伝わって、面白かったです。

 吹田市          川口

 バクチの目を数えるのが、犬でも猫でも狸でも・・・というので、狸の例えが出るのがさすが瓶成さん!と思ったのですよ。「ターちゃん・・・」と出たら拍手喝采・・・のはずでしたのに。本当はアチャーでした。それも面白いでしたよ。すべり具合も愉快でした。大入り満員おめでとう?

 兵庫県          菊地

 開演前に桃が池公園内を巡ると、桜の花が一、二輪咲いている木があった。早く咲くのは地球に何かが起こっている前触れではないだろうか・・・(不安)

 近くに座った老夫婦が、感想を述べながら楽しんでいた。アンタ等は良いだろうが、付近はその為にどんなに大迷惑してるというのが分からへんのかー(社会常識やろー)。そんな事は、家で二人だけでテレビを見てる時だけにしときなさい。

 平野区          Hくん

 全部面白かった。

 平野区          はらだ

 いつも面白くて楽しい。

 堺市           O

 全体を通して面白かったです。出てくる演者が、皆喋りも面白い、仕草も面白い。生で見る事でしか、伝わらないところも多かったので、得した気分です。

 住吉区          上田

 「貧乏花見」面白かった。文太さんはうまいな。

 柏原市          久田

 昼席は初めて寄せていただきましたが、盛況ですね。よう笑わせてもらいました。三喬さんは特に良かったです。「通し券」をいただきました。思わぬ幸運に感激です。楽しみにしています。

 平野区          H

 ペアチケットありがとうございました。「開口○番」から始まり、最後の抽選まで全て楽しいです。

 平野区          大島

 三喬さん、生喬さんと松喬門下で、お弟子さんを持たれている二人の競演。文太さんを挟んで、由瓶、瓶成と鶴瓶門下の前座、二つ目。まず他では考えられない番組に、お客さんもこれ以上は入れないくらいの超満員。すごい熱気の会でした。演者もそれに応えて大熱演。こんな会に来れた喜びをかみしめています。今年の私の落語会ベスト10には必ず入るだろうと思います。皆さんありがとうございました。

 淀川区            柴田 

 事情があってしばらく実家に居て自宅に帰っていなかったので(ヤヤコシイ事情ではありません)、「寄合酒」を見ていませんでした。会員の申込みをしたら「柴田さん、たくさん当たってるよ!!」と声をかけられびっくり! 前回は用事で早く帰ったので知りませんでしたが、何と「笑呆亭抽選会」と「寄合酒くいず」両方共当たっていました。ありがとうございました。今月も大爆笑でした。

 心から田辺寄席が続くことを願っています。

 住吉区          木村 

 好みの噺家さんの独演会にばかり行く落語の聴き方と、「田辺寄席」のようにいわゆる「寄席」という形態で若手からベテランの噺家さん、初めて聴く噺家さん、いろいろな演者の中から「初めてだけれども得したな・・・」と思えたり、「こんな噺家がいたんだ・・・」と何か宝物を発見したような気分になれる。これが「寄席」の楽しみです。これからも新しい出会いを求めて田辺寄席に参上致します。

 岸和田市         草川

 三喬さんの新作「月に群雲」を聞きたい。

 豊中市          W

 「猫定」初めて聴かせてもらった。怪談を笑って聞かす文太さんの話芸さすが。

 生喬さんの「笠碁」、久しぶりに聞いた。中から面の碁敵を待つ表情が良かった。

 三喬さん、茶とタクワンでも花見に行きたくなる気になった。今日は「お花見日和り」、桃の花でも見て帰ります。

 浪速区          高村

 生喬さん、お弟子さんを取られて益々充実し、貫禄さえ出てきましたね。

 生喬、こごろう、つく枝、花丸の「ラクゴリラ」の面々、つく枝さんが文三を襲名し、お弟子さんも取られたり、花丸さんも若い可愛い女性のお弟子さんを取られ、こごろうさんも「南天」を襲名、平成3年入門の「ラクゴリラ」は将来の上方落語を代表する噺家に確実になる事でしょうね。楽しみにしています。

 岐阜県          K

 はじめて聴くネタが多く楽しめました。多くの方が来場されよかったですね。

 この会場で今後も開催できることを願っています。

 三重県          鈴木

 今回が2回目でしたが、前回にも増して楽しませて笑わせてもらいました。特に三喬師匠の「貧乏花見」は楽しさ満点でした。

 鶴見区          中川

 先月ペアーチケットが当たりありがとうございました。

 兵庫県          今城

 瓶成さんの落語は初めてです。あわてん坊がおもしろかったです。

 「秘伝書」初めて聞きました。だまされた人が良い人そうでした。

 文太さんの落語、相変わらず上手で楽しかったです。文太さんのおばあさんは可愛くて大好きです。

 生喬さんの落語は久しぶりです。目の動きで相手の動作が分かるのが面白かったです。最後に囲碁ができて良かったです。三喬さん二度目です。何度聞いても心地よい声です。

 城東区          河上

 若いイケメンの瓶成さんの「いらちの愛宕参り」、元気いっぱいで演じられて大笑いさせてもらいました。由瓶さんの「秘伝書」面白かったです。

 文太さんの「猫定」、たっぷり楽しみましたよ。

 生喬さんの「笠碁」、初めて聞くネタでしたが表情豊かにハァーとため息つかれると皆さんクスクス笑っていました。

 三喬さんの「貧乏花見」マクラから大笑いの連続でしたね。「アハハハハ」「ワハハハハーッ」

 広島県          下村

 生喬さん、人間描写がすごい。思わず見入ってしまった、聞き入ってしまった、笑ってしまった。会場全員の方も一体となって引き込まれていた。広島から帰省した時に来れて良かった。

 三喬さんの「貧乏花見」のネタ、今の時期しか聞けないので聞けて本当に良かった。

 富田林市         林 

 今日は多くの人が参加されており落語の人気はまだまだ伸びそうですネ。人々が笑いを求めているんですね。

 生喬さんは顔の表情がうまく、みんな引き込まれてしまいました。二人の人物描写がすごかった。

 三喬さんは元の古典ネタに入るアドリブが絶妙でむだなく、話をきっとしめたまま笑いを作り出していました。

 堺市           西野

 初めて来ました。大きな口を開けてぎょうさん笑わせてもらいました。身体が軽くなったように思います。

 やっぱり「笑いが一番!」面白かったです。これから時間を作って「笑い」に来ます。

 貝塚市          矢倉

 笑福亭一門の出演で昼席は190名以上の大盛況で大盛り上がりでしたね。瓶成師は若さの暴走がありますが、今後の益々の精進を期待します。

 由瓶師は小ネタですが面白く聞かせて頂きました。次回は大ネタを是非聞かせて下さい。

 文太師匠の珍しいネタにはいつも驚かされます。「猫定」というどちらかという陰気ネタでもテンポ良く聞かせて頂き笑ってしまいました。

 生喬師匠は東京落語「笠碁」を完璧に上方落語に見事に変身させて、喋べらない笑いを見せて頂きました。キャリアを実感させて頂きました。

 三喬師匠は言わずもがな・・・、こっけいな「貧乏花見」は最高に楽しませて頂きました。流石です。

 住吉区          高木

 久しぶりの田辺寄席大入りでなによりです。「猫定」は初めて聞いた噺です。あまり理解できなかったのが残念。

 「笠碁」の生喬さんは表情がとても良く最高でした。

 「貧乏花見」の三喬さんは季節に合った演題でした。面白すぎて涙が出ました。ありがとうございました。

 大東市          岩田

 三喬さんの「貧乏花見」とても楽しかったです。

 京都市          M

 良い噺を楽しく安くとっても良い。もう少し家が近くにあればと思うしだいです。

 堺市           大久保

 生喬さんの「笠碁」、碁を打つ者として本当に楽しく聞かせてもらいました。

 三喬さん「貧乏花見」楽しかった。おもいきり笑いました。あ〜 花見がしたいなぁ〜

 岸和田市         熊野 

 今までで一番多くの参加者が来られていたのではないでしょうか?(私が来た中での範囲)。田辺寄席に来るようになって、よくもまぁこれだけの作品がつくられているものだと感心することしきりです。  

 由瓶さんの「秘伝書」の噺の中身は日常会話でも活かしていきたいですね!

 阿倍野区         〇〇〇

 生喬さんの芸、昔の人情、今は無いもの、聴いていて涙が出た。

 三喬さんの噺、腹が痛いほど笑った。感謝。

 生野区          京田

 楽しい落語会でした。「笑福亭一門」大好きなので、「いちもん会」大体は来ていますが、今日が一番よかったように思います。お客さんもすごい人数で、会場が爆発するのでは、と思う程でした。三喬さんの「貧乏花見」、楽しくおもしろい。庶民のエネルギーのすごさを感じました。「あ〜 花見がしたくなった」。後もう少しのようですね。

 生喬さんの「笠碁」、初めて聞きました。それに文太さんの「猫定」も、どちらもいい噺でした。

 東住吉区         仲田

 「笠碁」大阪弁で聞いて面白かった(小さんの「笠碁」を毎度聞いているので)。筋、話し方は同じでも大阪弁は少しまろやかでもある。

 三喬さんの「貧乏花見」で、「気で気を養う」酒盛り賑やかでよかった。

 鶴見区          河野

 初めて参りました。なんて楽しい素晴らしい会でしょう。落語会自体おもしろくて涙出る程笑いました。「田辺寄席ニュース」の刷り物も「クイズ」も丁寧で本当に感心しました。また寄せて貰います。

 生野区          西村

 久しぶりに田辺寄席に来ました。今回もどの噺もとても面白かったです。特に「貧乏花見」は大爆笑でした。

 愛知県          花井

 最近大入りのことが多くうれしい限りの田辺寄席ですね。田辺寄席を続けて見ていて楽しみなことは、以前出演された前座の噺家さんを久し振りに見ると、とても上手になっていて驚いたりすることですね。永く続いている寄席なればこその楽しみだと思います(田辺寄席歴半年程ですが・・・)。ずっと続いて欲しいです。田辺寄席!!

 文太師匠の「猫定」、とっても好きです。人情噺を聞くたびに上手さに驚くばかりです。

 生喬さんの「笠碁」、初めて聞く噺でしたが面白かった!! 生喬さんの目の動き、本当に芝居でも見ているようでした。できればもっと前の席でじっくり見たかったです。今日もありがとうございました。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。

 すっかり春となりまして、遠出のアウトドアに行きたくなるような天気でございますが、ただ今「落語ブーム」中でございまして、大入り満員でびっくりするような熱気なのでございます。いや、もしかすると、このよい天気だからこそ、この桃の花咲く池の畔、田辺寄席に参りましょうか、という事かも知れません。 私めこの前からの「会場」問題には、大阪府民でも市民でもないゆえに、ただただ物好きな落語ファンであるだけで(それ以上でもそれ以下でもありません)、しかし、という気分は拭い去ることはできません。「運命はその半分を支配し、その半分を我々自身に委ねる」とは、あのイタリアルネッサンス期の思想家マキャベリの言葉です。あのなんでも意のままに出来そうなマキャベリでも半分か、という気もしますが、まだまだ終わりません。これからもガンバッてください。

 今席は中入り後のお二人、まずは生喬さん「笠碁」。これは元々は、上方ネタらしいですが、私めなんかは、前代小さん師匠とか前代の馬生師匠のが頭に浮かび、ほとんど東京に鹵獲されたネタとなっています。別に東京が敵という訳ではないのですが、このネタが夏のネタ、つまりは梅雨時のネタとなっているのはどうかな、と考えます。生喬さんが今席にかけられたのは、その中に出てくる雨は春の桜を散らす長雨で、そこからくるぼっとした雰囲気の中で噺が行われているという、私と同じ意見だからでありましょう。これからも色々なところで高座にかけてください。

 「花と開くは 誰もかさこそはうれしけれ 思いしずめぬ わが心かな」と西行法師も歌っているように、「気で気を養う」ということに花見は最高でしょう。三喬さん「貧乏花見」は、上方と江戸で全く違った演出で、それがどちらも面白いという珍しい例ですね。三喬さんの芸風に上方風がとても似合っていてとてもよかったです。分かり易く噺の細部に気が行き届いているのはとてもうれしい。

 今回もとてもとてもとてもありがとうございました。感謝しております。

 

 

 

《弥生席、田辺寄席「参加者の声」》

第490回 09年3月21日()夜席 午後6時10分開演

〈いちもん会〉

 兵庫県           О

 佐ん吉さんの「犬の目」、医者が駄ジャレを言って「笑えよ」と言うのがおかしい。都んぼさんの「真田小僧」、小憎らしいトラちゃんが可愛くて・・・。しかし、毎月騙されるお父さんはよっぽど人が良いのでしょうね。

 文太さんの「饅頭こわい」、佐藤ミツオ()って名前、いいですネ。あんなに気弱なミッつぁん初めて聞きました。

 遊方さん、初体験です。「オーサカ・シネマロケンロール」蛇皮(ビニール)の羽織にびっくり。めちゃおもしろかった!

 米輔さん「抜け雀」、夫のおばさんにそっくりなんですよね。噺に引き込まれていきました。

 東住吉区         達田

 遊方さん、今乗ってますネ。前回の「交番所」の噺も良かったですが、今日の噺も大阪ならではの噺で「そうやそうや」「あるある」と思いながら聞いていました。田辺寄席はどちらかと言えば古典が多いですが、新作物もいいですね。

 都んぼさんの「真田小僧」、小憎らしいけど可愛いです。珍しい噺をありがとうございました。

 兵庫県          藤尾

  文太さんの食べ物のくだりは本当にお見事です。まるで目に見えるかのよう。おなかすいて困りました。今日もたくさん笑いました。楽しかったです。

 兵庫県          井上

  「オーサカ・シネマロケンロール」今まで色々観た遊方さん作の新作落語の中でも完成度は一番じゃないでしょうか。大笑いでした。Vシネマの売○ヤクザも観てみたいです!

 米朝一門の皆さんの幅広い芸風でとても楽しい夜席となりました。

 富田林市         林 

 佐ん吉さん、都んぼさん、遊方さんのエネルギッシュなお噺でした。 米輔さんは品のあるお噺でした。

 兵庫県          井上

 都んぼさんの「真田小僧」、非常にテンポ良く楽しく聴かせて頂きました!落語に出てくる子供というのは、本当にちゃっかりしていますね。

 文太師匠の「饅頭こわい」、上方ならではのくだりの部分、楽しませて頂きました。

 遊方さんのアバンギャルド()な羽織にド肝を抜かれました!

 昼席では「お茶子」、夜席では観客として今日も盛り沢山な一日を楽しませて頂きました。ありがとうございました。

 愛知県          花井

 都んぼさんと遊方さんのお二人、パワフル&元気一杯の噺をありがとうございました。

 文太師匠の「饅頭こわい」、ちょこちょこと入れてあるクスグリというか、笑いがとってもおもしろかったです。鯛の造りにケチャップですか!! こんなのは文太師匠でないと思いつかないんじゃないでしょうか。

 京都府          柏原

 夜席は初めてです。しっとりと落ち着いた雰囲気は又、いいもんですね。会場の外の雰囲気はそうですが、高座はエンジン全開。佐ん吉さん、都んぼさん、遊方さん楽しかったです。

 文太さん「饅頭こわい」、次々に出てくる饅頭におなかがすいてたまりませんでした。

 米輔さんの「抜け雀」、品のあるいいお噺でした。夜席も又来ます。

 阿倍野区         藤田

 佐ん吉さん、楽しい「犬の目」。昔はええ加減な医者がおったんですな。都んぼさん、スピーディーでテンポよし。お父ンは実にカワイそな(なんで「真田小僧」なのかと思いきや、なるほど、1+2+3文=六文銭か)。遊方さん、またまた大傑作な噺、大笑いしました。また見事なサゲできっちり円く納めはりました。米輔師匠、端正な一席でした。文太師匠、おなじみのネタで本日は余裕の一席でした。

 大久保さん、ご子息の御成婚おめでとうございます。

 天王寺区         指宿

 「抜け雀」とても味わい深かったです。こういう伝奇風味の珍しいネタに出会えるのも田辺寄席の醍醐味ですね。

 阿倍野区         吉永 

 米輔さんの出囃子は福郎さんと同じですね。もしこの二人が共演したなら、片方は第二の出囃子を使うんでしょうが、どちらが譲るのか、案外ジャンケンで決めるような気がする。

 兵庫県          菊地

 今回の仲入り時、楽しい楽しい園遊会、頭を上にめぐらし眺めて見れば、昼間より桜花の数が増えていた。徐々に春は深まっている昨日は「春季恒例祭」。大阪での日の出も六時をきって五時台になった。

 東成区          辻 

 文太さんはさすがでした。遊方さん、枕から落ちまで大爆笑。新作の楽しさを満喫しました。

 住吉区          上田

 都んぼさん、熱演、熱演。天然キャラ?間がいい。

 西成区          生田

 楽しい夜席でした。吉朝、都丸、八方、そして米朝。正に米朝一門ですが、田辺寄席ならではの顔ぶれですね。みな個性があっていいです。都んぼさん、遊方さんエネルギッシュでよかったです。遊方さんの「シネマ・・・」本当に大阪ならではの噺に笑いぱなしでした。文太さんの「まんじゅう怖い」に感心させられます。のんびりとした夜席もまたいいですね。

 住之江区         岩見

 「あいうえお作文」「か行」で

かー上方で価値ある寄席とは、

きー来てみて分かるこの雰囲気

くー来る度に、納得の「いちもん会」

けー結構、結構、コケコッコー

こー心に残り満足するのは田辺寄席

 東住吉区         下地

 今回の夜席はすごく聞きごたえがありました。「犬の目」「まんじゅう怖い」色々なバリエーションがあるんですね。噺す方それぞれの個性があって楽しかったです。ああ、昼席とぶっとおしで見に来ればよかった・・・

 堺市           林 

 蓬莱の「豚まん」、最近しばらく食べていない。文太さんの「まんじゅう怖い」で思い出したので、買ってこよう。

 吹田市          北村

 田辺寄席の「存続」について、新聞、ニュースでよく見かけます。大阪市、田辺寄席、ファンにとって、いい答えが出ますように。

 大東市          吉井

 今日初めて来ました。舞台と近いのがとても良いですね。各演目で少しづつリンクしているのがイキでした。

 東淀川区         藤川

 今日で二回目ですが、おもろくておもろくてもう病み付きになりそうです。演者一人一人が一生懸命なのがよく分かります。「笑呆亭」も楽しいですね。まだ賞品は当った事はないけど次を期待しています。本日もありがとうございました。

 住吉区          近藤

 今日もおもいきり笑わせていただきました。ありがとうございました。

 奈良県          東田

 初めて来させていただきましたが、めちゃめちゃ楽しかったです。

 東住吉区         松本

 田辺寄席も落語も全く初めてです。「落語なんて」という思いも少しあったのですが、笑いっぱなしでした。漫才とは全然違うんですね。一人で話をしてこんなに笑わせるって最高の芸ですね。ストーリーがあり、そして最後の「おち」っていうのですか。それもいいですね。いつまでも笑いの余韻に浸れる…。少しはまってしまいそうです。「仲入」のお茶やお菓子もびっくり!! おいしかったです。又来ます。

 枚方市          南部

 初めて田辺寄席を聞きに来ましたが、大きさもほどよく楽しめました。

 奈良県          T

 文太さんの「まんじゅう怖い」、大変おもしろかったです。まさに名人芸でした。

 貝塚市          林

 今月も楽しい会でした。世話人の皆さんに感謝です!!

 住吉区          田宮

 昨日は大久保さんの長男さんの結婚式があったとか。文太さんの「開口○番」でその報告もありました。今朝「寄合酒」が入っていたので聞きました所、式が終ってから夜中に7時間もかけて配られたとか。「遅くなって申し訳ありません。自転車に乗りっぱなしで尻が痛うなったわ」と言ってはりましたが、無理せんといて下さいね。

 新郎の父親が結婚式のすぐ後にする事ではないと思いますが、大久保さんらしくもありますね。こんなことをしながらの35年なんですね。頭が下がります。

 阿倍野区         片桐

 遊方さん、オモロ過ぎです。賞をとったりして、自信にあふれた舞台になっています。今度はどうなっているかと、いつも楽しみです。今回の「オーサカシネマ・ロケンロール」遊方さんの新作の中でもベスト3に入るのではないですか。どんどん舞台にかけられ、いつまでも残る作品に仕上げて下さい。期待しています。

 中央区          順香

 遊方さん、大笑いしました。出て来たらまず、羽織にびっくりさせられました。まくらのご自身の映画出演の話もおもしろかったけど、噺も新作で楽しかったです。

 東住吉区         吉田

 大久保さんの御子息のご結婚おめでとうございます。ずっと昔、舞台の片付けなどを手伝っていた小さかった子ですよね。もうそんなに大きくなられていたんですね。私らが年を取るのんが当たり前ですわ。その頃から、ずっとずっと田辺寄席を続けてられるとは、本当にすごいと思います。

 そんな頃からずっとやって来られた田辺寄席が、大変な状況になっているとは、腹立たしい限りだと思います。みんなで何とか残したいですね。

 中央区          石田

 遊方さん、いきなり衣装でど肝を抜かれまして、枕から本題まで笑い通しの会場でした。とても面白い構成で素晴らしい作品だと思います。時々滑舌が気になったので、その点だけ残念!

 愛知県          寺嶋

 都んぼさんのダイナミックな演じ方、大好きです。座布団から落ちてしまうんやないかと心配しながら観ていました(笑)。

 遊方さんの新作、「新喜劇」の一場面を観ているようで、終始シーンを頭に思い浮かべながら観させていただきました。遊方さんらしい噺で楽しかったです。

 兵庫県          垣内

 文太さんの「おやっさん」、くも納豆にヘビのハチマキ・・・、ヘビのハチマキは、すぐ私でも出ましたけど、さすがくもの納豆、アリのゴマシオ(勝手にまざる!)へえー、でした。ムカデのハブラシ、ウァー、ようそこまで考えはりました!

 昨日、地鎮祭で赤飯を炊きました。思い出します。ぞっとしながらでも笑えます。明日、妹の夫の誕生日です。妹は「赤飯しよ!」と言ってます。もう、あったかなったし、アリもいっぱい出て来てるか・・・

 平野区          中畑

 都んぼさん、ダイナミックですね。座布団から落ちるんではと、ドキドキしながら見てました。「真田小僧」初めてです。珍しいネタをありがとうございました。遊方さん、おもろいですネ。大阪のおばちゃんの描写をさせたら最高ですね。次はどんなネタをかけてくれるのか、今から楽しみです。今日は、昼、夜連ちゃんです。昼の超、超満員に比べたら、少し落ち着いた感じですが、高座は全く負けていません。燃える落語会でした。

 中央区          渡辺

 田辺寄席は初めてです。楽しい企画いっぱいの楽しい寄席ですね。今日は遊方さん目当てで来ました。自分のホームグラウンドのように、のびのびと力いっぱい元気にやってはりました。楽しい遊方さんでした。文太さん「まんじゅう怖い」、文太さんならではのくすぐり満載の噺になっていました。蓬莱の豚まんが食べたくなりました。夕食抜きで来ていますので、こんな噺はご法度です。

 堺市           大久保

 佐ん吉さん、「犬の目」楽しんで聞きました。

 都んぼさん、「真田小僧」、この子供、映画でも作ったらいいなと思います。

 いつもながら文太さんの噺は楽しい。

 遊方さん、大きい声でたっぷりと笑わせてもらいました。

 米輔さん、噺に引き込まれるように聞きました。

 西成区          安平

 都んぼさんの「真田小僧」は、正月に一心寺亭でも聴きましたが、その日は題出しの無い落語会だったので、出だしはてっきり「初天神」かと思ってしまいました。上方では演じる人も少ないそうですが、なかなか面白い噺なので、これからもどんどん高座にかけて下さい。

 米輔師の「抜け雀」、じっくりと聴かせるトリネタでさすがの貫禄でした。以前から思っていましたが、小田原の旅籠の主人夫婦がコテコテの大阪弁なのに、それほど違和感を感じないのはネタの力か

 和歌山県         箕西

 今日もまた昼、夜続けて落語を楽しませてもらっております。

 今席はまず佐ん吉さん、これまで書く機会がなかったのですが、佐ん吉さんは、私めが初高座を聞いたということを確認している唯一の落語家さんです(2002年1月の岡町落語ランド)。つっこんだことを言うともう一人、現在落語芸術協会の若手真打さんもそうらしいのですが、それは定席(この場合は新宿末広亭)での初高座ということだったのかもしれず、本当の本当の有料のお客さんの前での高座であったのかは未確認ですので、自信を持って言えるのは佐ん吉さんだけということになります。その時から非常に達者な人で、センス溢れる人だなぁという事は今も変わっていません。そして、客の感じをつかむレスポンスが良く、すばやい。何か運動をされていた人だろうと思っていましたが、こごろうさんのラジオでかなり野球をされていたということを知り納得。見た目よりもずっとカッコいい人です。本席は「犬の目」、故吉朝バージョンですが、これが現行一番面白い「犬の目」だと考えます。しっかり吉朝オリジナルのくすぐりも自分のものとされていて、とても満足しました。これからもガンバッて下さい。

 そして、なんといっても遊方さんでございます。さすがに東京で生活した体験がある遊方さん、上方の外の人が、大阪というものをどう見ているかを非常に理解されているように思われます。「オーサカ・シネマロケンロール」は、東京の定席で掛けられても大受けするでしょう。他者の目をうまく取り込んだ作品で、非常に素晴らしい作品となっております。大笑いさせていただきました。また「つるべ」の発音の東西比較を、完璧なモデル発音を、説明しながらされたのはさすがですし、親切であります。大阪アクセントはある種の声調があるということが理解できないと、結局はうまく発音できません。それがわかっているからこそ、逆に、上方の噺家さんとしては、ちゃんと共通語が発音できるのでしょう。映画に呼ばれるゆえんです。

 今回もとてもとてもとてもありがとうございました。感謝しております。

 堺市           林 

 文太さんの「セーラームーン」関連のお話は、何回聞いても楽しいですね。もっと話して下さいね。

 くもの糸の納豆、へびのはち巻、むかでのハブラシ、ありのごましお!最高に笑えました。都んぼちゃん、元気いっぱい、汗いっぱいに笑わせてくれました。佐ん吉さん、落ち着いていて、いいですね。今日は昼席も夜席も抽選を当てていただいてありがとうございました。運を使い果したかも?

 

 

 

《弥生席、田辺寄席「参加者の声」》

第491回 09年3月22日()昼席 午後1時10分開演

〈いちもん会〉

 香川県          前山

 雨も上がり、足元の悪くない条件での開催になりました(甲子園は中止でしたが…)。「天神山」「井戸の茶碗」ともに、ホロリとくる演目に大いに満足いたしました! 本日は、大学時代の友人(八尾)とともに参りました(少しずつでも輪が広がっていけばと…)。打ち上げ後、また夜中のフェリーで高松に戻ります。本日の落語のように、明日は正直に真面目に働かせてもらいます・・・(笑)。友人に「お食事券」が当たり良かった!

 熊取町          根来

 今日は、母と甥を連れて田辺寄席に来させていただきました。「通し券」ありがとうございました。私も、JR阪和線で、枝曾丸さんと同じ電車にたまたま乗って、強風にも負けずやって来ました。そのため「急場しのぎの」マクラ、大変面白かったです。特に和歌山弁落語は、うわさでは聞いていましたが、センセーショナルでした!。「ふるさと」の場内大合唱にはびっくりしました。枝光さん、大熱演やったです。面白かったです。ありがとうございました。

 住吉区          足立

 和歌山のおばちゃんは、大阪のおばちゃんより面白い!楽しかった!ありがとう枝曾丸さん。

 堺市            嶋 

 文太さん、噺のネタをどうして捜し覚えますか。頭の中の暗記、どうなっているのか? 女形は最高!今度真正直の男本物役して下さい。文太さんの変身を楽しみにしています。 枝曾丸さん、大笑い!

 都島区          横山

 文太さん益々快調ですね「どっぷり昭和町」も一日5席やるとか。昨年はア行で5席、今年はカ行で5席。特に「く」の「熊野詣」は必見ですね。私も5公演付き合いたいものです。

 京都府          M

 小学生の頃、おやじが聞くラジオの落語を普通に聞いていました。田舎でしたが、家庭内では、落語の一コマが日常生活に出る普通の家庭に育ちました。「コージ町のサル」や「酒柱」などなど。どちらかと言えば江戸落語の世界でした。関西に出て、落語に無縁の生活でしたが、東京に一時転勤してから寄席通いが始まり、関西に帰ってみると、定席も出来ていましたが、木戸銭が高いので、入りびたりとまではいきませんでした。東京は、朝一番に入れば、入替えなしで重労働でしたが、入りびたりが可能でした。田辺寄席の存在を知り、寄せていただきました。これからが楽しみです。

 阿倍野区         白川

 大久保さんの息子さんのご結婚おめでとうございます。早速文太さんがネタにして聞かせてもらいありがとうございました。田辺寄席の前日の結婚式、大久保さんも文太さんも大変だったと思います。

 その文太さんの「天神山」、さすが文太さん、いつもの名調子で楽しく聞くことが出来ました。三幸さん、力が入ってなく、のんびりやっているのがいいですね。文鹿さん、ボクシングとは違い、落語は楽しい「浮世床」よかったです。枝曾丸さん、和歌山のおばちゃんも強烈です(でも大阪のおばはんも負けてへんよ・・・)。枝光さん「井戸の茶碗」、最近チョコチョコ聞くようになったが、枝光さんのもよかった。今月も楽しい田辺寄席でした。

 愛知県          花井

 文鹿さんの噺は初めて聞きましたが、出て来られた時、まるで格闘技の人の樣に見え驚きましたが、すごく面白かったです。枝曾丸さんから枝光さんと盛り上がった雰囲気のまま、会場が大爆笑の渦のようでした。枝光さんのちょっとひねったギャグがすごく笑えました。今日もとても楽しかったです。ありがとうございました。

 西成区          浅野

 今日は久々に寄席に来させて頂き、腹の底から笑わせて頂きました。「モーレツ」の話。文太さんの噺、とても面白かったです。もっと早く来られるようにがんばります。桂枝光さん、とてもありがたく面白い熱演でした。

 西淀川区         榮 

 昨日からセンバツ高校野球も始まり、相撲は難波では珍しく荒れない春場所。WBCは決勝トーナメント進出。阪神電車のなんば線開業と、色々なイベント満載と言った所ですが、本日の田辺寄席も春満開といった状態で、大満足なひとときでした。有難うございました。

 住之江区         北村

 今日は両親を連れてやってきました。この後、食事に行きます。思いきり喜んでくれたので、何よりの親孝行だと思っています。昔はこんな事など考えも出来ませんでしたが、田辺寄席なら安心して連れて来れそうです。アットホームで、みんながホットするようで、笑いながら気持ちがどんどん豊かになっていくようです。世話人の皆さん、今月もありがとうございました。又みんなでやってきます。

 豊中市          奥村

 文太さんの「天神山」、初めて聞きました、楽しい古典落語をありがとうございます。枝曾丸さんの「和歌山弁落語」ですが、日常どこにでも見られるようなオバチャンの会話おもしろかったです。次回は大阪弁落語もお願いします。昔、TVに出られていた枝光さん、その頃とあまり変化もなく、可愛いいお顔のままなのでビックリしました。落語の方も腕を上げられたと思います。また来月楽しみにしています。

 兵庫県          垣内

 枝光さん、大熱演ありがとうございます。トリにぴったりのエエ噺でした。「小つぶさん」の頃のかわいい感じを思い出しました。声は(話しぶりも)変ってはりませんね。また田辺寄席に出て下さい。抽選もエエ話でした。おまけに20年ぶりに偶然友達に出会え、エエ話ができました。エエ話の三題噺。

 住吉区          峰村  

 今日はうっとうしい天気でしたが、何とか仲入りのお茶タイムまでは、雨がもったのでよかったですね。でもその後の雷の音にはびっくりです。終了後は雨が止んでいる事を願っています。

 三幸さん、よく通る声で頭の回転もよく、将来楽しみな若手です。文鹿さんの「浮世床」、オチまで演るのは珍しいのでは…。文太さん「天神山」、何度聞いても味わいのある名作だと思う。枝曾丸さん「同窓会」、「客席参加型」になっているのにはびっくり。枝光さん、一生懸命さが目立った。昔の小つぶちゃんとは見違えるようだ。今日も最初から最後まで納得の落語会でした。この田辺寄席がいつまでも、ここで続きますように……。

 富田林市         林 

 落語の登場人物は、愛すべき人たちである。枝光さんの「井戸の茶碗」、枝曾丸さんの「和歌山のおばちゃん」など、正直で感心してしまう。現代社会をもっとシンプルに生きようかなと思いました。三幸さんも文鹿さんも、きれのいい言葉で分かり易かった。

 京都府          宮園 

 桜の開花が待ち遠しい日曜の昼下がり、文枝一門の皆さんの熱演を楽しみました。花粉症で苦しんでいるという三幸さん、とてもよく通る声で、マクラも面白かったです。「笑呆亭」での文太師とのかけあいも味があってよかったです。

 枚方市          西井

 枝曾丸師匠の「和歌山弁落語」、初めて聞きました。手拍子によるコーラス楽しかった。枝光師匠の身振り手振りの「井戸の茶碗」の熱演、迫力ありました。お疲れ様でした。

 堺市           林 

 今日は初めての噺を二席聞かせていただきました。非常に楽しかった。枝光さん(小つぶさん)を久し振りに拝見しました。

 天王寺区         指宿

 焼肉のフルコースを食べたみたいにボリューム満点、お腹いっぱいの落語会でした。

 阿倍野区         三宅

 文太さんの「天神山」、引き込まれてしまいました。一人一人の個性を鮮やかに引き出して、最後まで楽しみました。桂枝光さん、熱演でした。

 阿倍野区         K

 今日も楽しい会をありがとうございました。

 東大阪市         上田

 今日は珍しい噺が沢山聞けてよかったです。それにペアーチケット当たりました。有難うございます。

 東成区          山本

 時間を間違えて、途中から入場してしまいました、失礼しました。「通し券」当たりました、ありがとう。

 西淀川区         榮 

 「さきがけて 笑い花咲く 田辺寄席」

 兵庫県          井上

 枝曾丸さん、「和歌山弁落語」が進化して、「客席参加型落語」になりましたね。楽しかったです。

 兵庫県          吉川

 初めて来ましたが、とても楽しかったです。

 羽曳野市         吉岡

 次回、枝曾丸さんが演じられる時には、ぜひ和歌山の方と見に来ます。

 大東市          米田

 文太さんの「天神山」、枝光さんの「井戸の茶碗」が良かったです。

 阿倍野区         奥本 

 「虎武士亭」の告知を明確に早く知らせて下さい。

 東淀川区         安川

 あの小つぶさんが枝光さんだったんですね。かわいらしかった小つぶさんも貫禄が出てきて、変れば変るもんです。落語もうまくなりました。今日はトリにふさわしいエエ噺でした。枝曾丸さん、三風さんの向こうをはって、「客席参加型落語」もやりはるんですか、楽しかったです。文太さんの「天神山」には、ぐんぐん引き込まれました。さすがです。

 枚方市          南部

 「天神山」というと、文枝師匠が「曲書き」をされると聞いたことがあります。門下のどなたかが受け継いでおられるのでしょうか、気になります。前段の「骨つり」に出てくる幽霊の名が「こいと」なのが、「立ち切れ線香」の亡くなった芸妓と同名で、毎回ふと思い出してしまいます。

 東大阪市         西畑

 暗い話題の多い昨今、開口〇番から大久保さんの息子さんの結婚式の話、そして和歌山弁で大笑い。田辺寄席で、暗い社会の風に心がおかされている今、心の底から笑って吹き飛ばそう。笑いは大阪の文化でもあり、今、日本人の心の病を治癒できる最大の方法の一つです。笑いの発祥地田辺寄席へ、平松市長さんも見に来て、この明るさを吸収して、大阪を元気にして行きましょう。

 豊中市          森口

 初めて来ましたが、とても楽しかったです。三幸さんは頭の回転が早く、お上手で、将来が楽しみですね。頑張って下さい。

 阿倍野区         K

 大久保さんの息子さん、ご結婚おめでとうございます。今日もよく笑わせて頂きありがとうございました。文太さんの「天神山」、一心寺と安居天神は私の散歩コースで、とても楽しく聞かせて頂きました。寄席に来て、歌を歌わせてもろうて・・・メチャオモロイ。

 阿倍野区         吉永 

・「浮世床」、落ちまで演るのを初めて聞いた。落ちの意味がわからない。差別表現がある。時間的制約等で、途中で切る噺がいくつかある中で、文鹿さんの今回の噺の構成はよく出来ていたと思う。

・「井戸の茶碗」、最近よく聞く噺。武士が出てくる人情噺的な落語だから、江戸落語であろうが、こういった交流は有難い。この噺や「柳田格之進」など、もっと多くの噺家に手がけて欲しいと思う。

 東住吉区         下地

 文鹿さんの「浮世床」よかったです。確かに最近は、時代劇の本数も少なくなって、江戸〜明治時代の文化風俗に触れる機会も少なくなりました。小学校なんかで落語をされる時に、まずそこいらあたりから説明しなけりゃならないーなんて話を聞いたことがあります。

 住吉区          篠原

 初めて参加しました。とても楽しく見せていただきました。

 東住吉区         広山

 大久保さんの息子さんのご結婚おめでとうございます。夫婦円満の「た、ち、つ、て、と」参考になりました。それにしても、田辺寄席前日の結婚式とは大変だったでしょうね。大久保さんも文太さんも‥‥。

 今日の落語会「文枝一門会」、多彩な演者で大満足です。寄席に来て、なつかしい歌を歌ったり、楽しい一刻でした。「井戸の茶碗」よかったです。昔のあの小つぶさんとは思えない成長ぶりにびっくりです。文太さんの「天神山」、好きな落語です。浮世床、あまりオチまではやらないようですが、久しぶりに聞いた。三幸さん、元気いっぱい、将来が楽しみです。本日もありがとうございました。

 豊中市          奥村 

 三幸さんは適当な感じがいいですね。文鹿さんは、ラグビー選手のような風貌ながら、きっちりとした噺でした。文太さんの「天神山」はとても練れていて、安心して聞くことができました。枝曾丸さんは初めて見ましたが、ネタがどうのこうのよりも、ご本人の人間性が前に出ていてよかったです。枝光さんの熱演にはびっくりしました。若い頃に少しだけ聞いたことはありましたが、その成長ぶりには驚きました。とっても素晴らしかったです!