《神無席、田辺寄席「参加者の声」》

第510回 09年10月17日()昼席 午後1時40分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂枝女太の段〉

 兵庫県          大濱

 ぽんぽ娘さん「十徳」、噂のぽんぽ娘さんを楽しみにしていました。上方の中で江戸落語、基本がしっかりして歯切れがいい。内弟子修業終了おめでとうございます。マクラも好感がもてました。頑張って下さい。枝女太さん「四人癖」、繁昌亭の「もっちゃりーず」と同じネタでした。手慣れた得意のネタですが、やる場所、演者のノリと客の雰囲気で、印象が変わります。本日の方が好きです。文太さん「龍宮界龍都」、いつも高レベルでプロらしい仕事には敬服しています。踊りの下地のある所作もいいですね。お客からの想定外のハプニングも見事に処理、ご苦労さまでした。

 中入り後、新作2題。文華さん「福さずけ」、文華さんのライブは初めてです。新作の「福さずけ」は3回目とか、なかなかよく出来た噺でした。存続のため、練り上げて下さい。枝女太さん「ピッカピカの一年生」、ストーリーテラーとしての実力を十分している三枝さんの作品。「鯛」「読書の時間」「宿題」等はスタンダードになっていますが、本作品は枝女太さんのニンにあった楽しいものでした。

 今回もスタッフの皆さん、おいしいボタ餅、お茶を含めてお手数でした。ありがとうございました。笑呆亭での文太さん、ぽんぽ娘さんのかけあいは、ホンワリして素晴らしい、腕達者ですね。

 滋賀県          岸本

 今回は、文華さん目当てで来ましたが、まずは年季が明けたぽんぽ娘さん。「十徳」を江戸言葉ながら寄席芸人で培われただけに、奥行きが広くなりました。続いて今回のメインである枝女太さんの1席目の「四人癖」は、癖が出来ない制約の中で苦しんでいる様子が、まるでアニメーションを見ているみたいで見応えがありました。中トリの文太師匠の「龍宮界龍都(小倉船)」は、初めにちょっとしたハプニングがあったものの、文太師匠の舞踊の素養が見事に生かされ、海の世界の雰囲気がよく出ていました。

 中入りで狐の嫁入りを拝んでおはぎをよばれたあと、文華さんの謎の新作落語「福さずけ」が始まり、ある意味人情噺で、まさに「積善の家に余慶あり」という言葉が似合う奥の深いネタで、文華さんの技量もあいまって、聴き応えのある1席でした。きっと、文華さんの財産になると思います。確実に。本当の幸福とは何かを考えさせられる噺でした。そして、トリの枝女太さんの2席目の「ピッカピカの一年生」。これも高齢者社会を見据えたネタで、演者の枝女太さんのニンにはまって、かなり楽しい1席でした。そして最後に抽選会のぽんぽ娘さんのアドリブ能力最高でした!今回も満足した会でありました。

 東住吉区         田中

 本当に楽しく笑わせて頂きました。ありがとうございます。

 淀川区              柴田 

 ぽんぽ娘ちゃんの抽選会、最高でした。思いがけず手づくりのおはぎもごちそうになり今回もとても楽しめました。ありがとうございました。

 阿倍野区             西川

 暑い時は少し冷房をきかせて欲しい。後できいてきましたが。又色々違った人も出演して欲しい。

 中央区          近藤

 難しいと言われている創作2席共素晴らしく楽しかったです。

 京都府          野村

 今回、初めて寄せて頂きました。みなさん本当に面白かったです。聴きに来て良かったと思いました。京都からは遠いですが、機会があったらまた聴きに来たいと思いました。

 柏原市          下村 

 「通し券」であつかましくお邪魔しました。とてもよく笑いました。いつも世話人の皆様にはお世話いただきありがとうございます。皆様本当に笑顔がすてきですね。そして細やかなお心づかいに感謝申し上げます。大きなおはぎ、最高に美味しかったです。

 柏原市          下村

 雨がかからないように、中庭のテント張りまでおおきにありがとうさんです。毎時もながらの世話人会の皆様のお心遣い感謝、感謝です。おはぎも美味しおました。

 東住吉区         樋口

 季節は一段と進み、桃ヶ池の蓮も随分とくの字型が増えていました。今日も笑って帰ります。

 堺市           芥 

 「笑呆亭」のぽんぽ娘さんの回答がめちゃんこ面白かったです。

 住吉区          上田

 ぽんぽ娘さんの「笑呆亭」笑いました。

 住吉区          木村 

 本日中入りの「ぼたもち」大変美味しくいただきました。お店で売っているものより数倍も美味しかったです。世話人会の皆さんの心が込められている分だけ味も良くなるのでしょうね。ごちそうさまでございました。今回は「ぼたもち」の話題で締めさせて頂きました。「福の神」からいただいた「棚からぼたもち」でした。

 兵庫県          井上

 落語を楽しく聞く「あいうえお」の「お」。文太さん見事に裏切られましたね!

 能勢町          加堂

 楽しく、あっという間に時間が過ぎました。大阪の北海道から来た値打ちがありました。又来ます。

 兵庫県          大濱

 文太さん、「龍宮界龍都」、ホンマにいてはるんですね、答えを先に言う人が。さすがに文太さんうまく笑いにかえていました。ますますファンになりました。ぽんぽ娘さん機転がきいて楽しかったですよ。

 阿倍野区         M

 ぽんぽ娘さんはまくらもおもしろいですね。しっかりしてはるし、どういう噺家さんになっていかれるのか楽しみです。がんばって下さい。

 福島区          山田 

 ずいぶん久し振りにお邪魔しました。枝女太さんの2席、どちらも可愛いらしさと人の善さが感じられ、ほのぼの幸せな気持ちになれました。お目当ての文華さん「福授け」はネタおろしから拝見してましたが、どんどん文華さんらしさが噺に味わいを加えてきてて、楽しくてキュートな1席でした。文太師匠の「小倉舟」は噺や所作の素晴らしさもさることながら、次々と演奏される下座音楽に耳が釘付けでした。噺とイキの合ったハメモノ、やっぱり上方落語はすごいですね!! 堪能させて頂きました。中入りにいただいたボタもち、すっごく美味しかったです。世話人の皆様、ありがとうございました。

 住吉区          辻内

 久し振りに来てとても楽しませて頂きました。ありがとうございました。

 東住吉区         松川

 「おはぎ」おいしかったです。手づくりで大変だったでしょうね。テーブルに並んでいる沢山のおはぎを見て思わずほっこりしました。田辺寄席ならではの心づかいにうれしくなりました。みんなで楽しみたいという思いに満ちあふれた寄席です。ありがとうございました。

 阿倍野区         真野

 「おいしかったです」とまず書いてみたくなるおはぎでした。桃ヶ池の蓮も枯れ、苅り込みを待つばかりとなったようです。季節は本当に早いですね。田辺寄席の会場問題のタイムリミットも段々と近づいていると思うんですが、どうなっているのでしょうか。心配しています。

 東住吉区         岡田

 文太さんの「龍宮界龍都」久しぶりに聞いたが、竜宮での芝居がかり熱演で引き込まれた。亡くなった師匠の姿が眼に浮かんだ。思わぬハプニングあり大爆笑。

思いもよらぬ「ピッカピカの一年生」、朝起きると今日1日何をするか迷う身にとってまだまだ意欲的に生きねば、と勇気を与えてくれた噺、ほのぼのとした味が逸品でした。

 阿倍野区         吉永 

 京都で演って評判のよかった新作ー演者がすばらしい。小佐田色の強いネタがすばらしい。ーに練っていったらなりそうな「福授け」でした。

 ときに文華大師匠、新作は4つ目とのことでしたが、「まちの噂」が抜けてまっせ。

 住吉区          M

 文太師匠の龍宮の踊りすごくきまってました。新作はあまり好きでないと思っていましたが、今日は文太さん、枝女太さん、文華さん、皆面白かった。今度はこのメンバーで古典を聞きたいと思います。

 東住吉区         松村

 今回も楽しい噺をいろいろ聞かせて頂き、大いに笑わせて頂きました。枝女太さんの「四人癖」はメリハリがきいてスマートでした。文太さんの「龍宮会龍都」は踊りを見ている様な気分でした。流し目が素敵でしたよ。

 泉南市          山下

 文太さんの噺は大変面白かったし、如何にも寄席という感じで楽しかったです。

 阿倍野区         岩崎

 文華さんの新作、結構面白かったです。華やかな踊りの所作入りの「竜宮城」とてもよかったです。

 兵庫県          石井

 とても楽しかったです。

 東大阪市         是近

 枝女太さん「じっくり2席」楽しませていただきました。いかにも人が良いのがよく分かるような落語でした。頭も中途半端な、わずかな髪の毛がなくなり、スッキリしてよかったです。

 ぽんぽ娘ちゃん年季明けとか。おめでとうございます。今までのキャリアから言えば3年等短いものですが、全く違う「上方落語」の3年は苦労も多かったと思います。これからもがんばって下さい。「笑呆亭」の掛け合いさすがでした。文太師匠もタジタジでしたね。

 兵庫県          吉井正造

 初めての田辺寄席、楽しかったです。中入りのお茶、おはぎにはびっくりです。おいしかったです。小豆6.5s炊いたとか。本当にご苦労さんです。

 高槻市          春川

 文太さん「龍宮界龍都」、「オチ」はいわない、といつも「落語を楽しく聞く『あいうえお』」で話しているのに、言う人がいるんですね。文太さんはうまい事笑いにしてはりましたが、あれはあきまへんで。本人は分かっているねんから反省して下さいよ。それでも文太さんの「龍宮界・・・」は本当に良かったです。踊りもきまっていました。下座ともぴったりあっていて、上方落語の醍醐味を満喫しました。満喫と言えば田辺寄席の良さもです。思いもかけない手作りのおはぎ、みんなと喜びあいたいという世話人会の心温かさを改めて思い知ったようです。

 阿倍野区         京村

 今日も楽しい一時をありがとうございます。毎月1回、桃ヶ池の畔での田辺寄席に足を運ぶのが何よりの楽しみです。田辺寄席にずっと通うと段々若返るように思います。来月もよろしく。

 住吉区          宮村

 久しぶりの田辺寄席です。中々日が合わず、長らくお休みしていました。やはり田辺寄席はいいですね。思わずホッコリするような、我が家に帰ってきたような思いになります。

 東住吉区         北田

 おもろかった。モヤモヤが吹っとんだ。ストレス解消に最高! 又来ます。ありがとうございます。

 阿倍野区         大野

 こんなに近くにこんなに楽しい所があったんですね。又来たいと思います。がんばって下さい。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。雨が少々降りましたが、大したことなくすみまして、とてもよかったのであります。

 本席、「枝女太さんの段」ですが、まずは文太さんの「竜宮界龍都」です。この噺、一つのネタの中に、旅ネタ、根問いネタ、仕草ネタ、芝居ネタなどのさまざまな要素を含んだものでして、非常に気を使うネタであります。一つ一つの部分をなめらかに繋げていかなくてはいけないので、力のない人には難しい噺です。私どもは、文太さんがやられているので、とても安心して聞いていますが、本当はかなりのテクニックとスキルが必要とされるものです。それが、そんな噺なのに、噺全体を揺るがしかねないハプニングが起き、それがアクシデントにならないどころか、やんわりと「落語のルール」のレクチャーを挟みながら、噺の建て直しができるというのは、文太さんをおいて他の人ではできません。私め、久々に名人芸というものを見た気がいたします。よかったのであります。

 中入後は「花々寄席」のエース・文華さんで、文華さんとしては珍しい新作もの「福さずけ」です。文華さんもおっしゃっていたように、小佐田先生らしい神様の出てくるもので、ちょっと人情噺のようで、とても素晴らしかったです。これは引き続き高座にかけていただきたいものです。文華さんはきれいな古典をされる方ですが、だからこそ新作をかけられてもおもしろい。益々これからも期待しております。

 そして本日のメインの枝女太さん、「ピッカピカの一年生」であります。これも三枝師匠らしい学校や勉強が出て来るもので、非常に一般の方に共感を呼ぶように創られています。私め、これを聞いて、昔、レンタルビデオで見た「バック・トゥ・スクール」という、金持ちの会社会長が、金の力で自分の息子の大学に入ってしまうという映画を思い出してしまいました。これにあのカート・ボネガット本人が出ているので、それだけで見たのですが、なぜか記憶に残っております。

 本日もどうもありがとうございました。とても、とても、とても感謝しております。

 

 

 

《神無席、田辺寄席「参加者の声」》

第511回 09年10月17日()夜席 午後6時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−笑福亭鶴志の段〉

 東成区         山本

 1年半ほど前、私を落語にハメた噺家の一人が文太さんでした。今日の「抜け蟹」もいい噺ですね。文太さんの手で磨かれて、よりいい噺になっているのでしょう。まさに名人級の噺を聞けました。ビギナーですがそれくらいは分かります。でしょ?

 兵庫県         今城

 「こんにゃく問答」初めて聞きました。可愛いい六ベエさんでした。鶴志さんのお噺はいつも楽しいです。酒飲みの噺、大好きです。文太さんの「抜け蟹」はいつ聞いてもおもしろいです。得した気分です。良い噺ですね。

 達瓶さんの噺は2度目です。初めて聞く噺でした。鶴志さんのお噺2つ聞けて良かったです。お酒の話しいつもながらお上手ですね。お酒飲みたくなりました。

 住之江区         T

 落語の「オチ」を言う観客がいるかと思えば、落語の最中に携帯電話が鳴ったりと、今日の文太師匠は(昼席、夜席とも)お気の毒でした。CD作成用にか、マイクが設置していましたが、今日の録音はボツですかね。せっかくの「龍宮界龍都」が残念です。

 鶴志師匠、大熱演でした。今、思い起せば、初めて観た落語が鶴志師匠の「時うどん」でした。今から278年前、中学校の芸術鑑賞会でした。

 兵庫県          今城

 文太さんの「抜け蟹」は前に聞いたことがあるけど、前とは違うお話しで面白かったです。同じ話しでも、笑う所が違うのはとても面白かったです。また聞きたいです。鶴志さんはお酒のお話で、分かりやすくて、すごく面白かったです。特に文福さんのものまねのエコーのお話は面白かったです。

 平野区          H

 鶴志さんのお酒に関するネタ、大熱演大変楽しませて頂きました。本当にお酒を飲んでいるのでは、と感じさせるものでした。趣味と実益を兼ねた日々の鍛錬のなせる技ですね。

 天王寺区         指宿

 鶴志師匠、最高の飲みっぷり、酔いっぷりでした。こんな人と絶対飲みたくないけど、本人にとってはこの世で1番、幸せな酔い方ですね。

 寝屋川市         真木

 ずっと田辺寄席が続けばいいと思います。

 兵庫県          井上

 12月の田辺大根汁、1月のぜんざいは頂いた事がありますが、今回、おはぎまで振舞ってもらい、美味しく頂戴しました。こんなに客を甘やかす寄席、知らんわ〜!!

 兵庫県          大濱

 今度は「じっくりたっぷり文太の段」をお願いします。

 東住吉区         今井

 続ける事の大切さを感じました。伝統芸能を身近で観る事は楽しい事と喜んで居ります。鶴志さんの酒に酔いました。

 平野区          原田

 先月は「通し券」を当てて頂きありがとうございました。今日もとても楽しい時を過ごすことができました。

 平野区          原田

 鶴志さんが面白かった。また見たい。

 八尾市          大田

 鶴志さん迫力満点。酒の噺をさせたらこの人の右に出る者はいない(上に出る者はいる〜ウソやでこんなんもまぜとかな)と思います。今、上方落語の中で、もっとも落語家さんらしい落語家さんと思うのは私だけでしょうか。もっともっと田辺寄席に出て欲しいです。

 吹田市          井藤

 鶴志さん、誠に結構な飲みっぷりでした。でもこんな人とは絶対に一緒に飲みに行きたくないですね。

 浪速区          堀内

 鶴志さん、「彦八まつり」でもよく飲んではりましたね。あの時は気持ちよく飲んではるようでしたが、噺になるとすごいです。

 西成区          安平

 迫力ある風貌にドスの効いた声の鶴志師匠。重量級の二席、聴き応えがありました。

 中央区          順香

 鶴志さん「三年酒」、三人三様の交渉でおもしろかった。文太師匠の「抜け蟹」、「抜け雀」に似た噺ですがうまい噺になってますね。

 東住吉区         高橋

 今日は酒の噺、とてもおもしろかった。鶴志さん熱演。文太さんの「蟹」の噺も味わい深いものがあった。「ズバリ当てま賞」のクイズも面白い。中入りの時、おはぎをいただきましたが、あっさりとした食べよい味でごちそうさまでした。

 吹田市          星野

 鶴志師匠を初めて拝見した日から魔力に憑かれてしまい、ふらふらと見に行ってしまうのですが…今日も堪能させて頂きました。「三年酒」凶暴でしかも知恵者の源さんのど迫力、やはり並ぶ方はいないでしょうね。「一人酒盛」素面の問はおだてて友人を働かせてしまう男の好ましい?描写の積み重ねが絶妙で、その後の変貌と破局を際立たせました。文太師匠の「抜け蟹」、笑福亭との対照が際立ちましたが、雀のままでもよかったような…。イケメンの達瓶さん、外見に似合わず笑福亭の生活感あり、正に坊さんの笑助さんは笑福亭の骨太な味が欲しいですね。鶴二さんの「じっくりたっぷり」もお願いします。

 生野区          中川

 鶴志さんの「三年酒」、珍しい噺で大笑いさせていただきありがとう。

 平野区          大場

 今日の田辺寄席、中入りでおはぎをいただきおいしかったです。ありがとうございました。達瓶さん、若い!がんばって下さい。

 京都府          山岡

 鶴志さんの歌が面白かった。田辺寄席は何度も来させていただいてますがいつも笑わせてもらっています。これからも続けて下さい。

 貝塚市          宮田

 会場について早速、文太師匠CD第1弾を購入いたしました。「開口0番」が入っているのが更に楽しみです。

 雨が降ったせいか本日はゆったりめでしたが、中では大熱演続き、鶴志師匠の酒の噺、大きくて迫力満点でした。文太師匠いつもながらの細かなしぐさいっぱいで見とれておりました。世話人会の皆様いつもご苦労様です。

 住之江区         岩見

 あいうえお作文「や」行で、

 や=役者が揃うじっくりと

 ゆ=愉快愉快夢見るような

 よ=寄席といえば老舗の田辺寄席

 住吉区          田宮

 今月は、昼、夜連ちゃんで見させていただいています。演者は大熱演で充分楽しませていただきました。特に夜席「鶴志じっくり2席」は大満足でした。でもお客さんには、昼席ではオチを言う人。夜席ではけたたましく携帯を鳴らす人。本当にうんざりします。それもどちらも文太さんの時。今、文太さんの時は、CD制作の為か、マイクが立っていますが、今日はボツになるのでしょうかね。あれだけ「開口0番」でも注意を言ってはるのに、尚且やるとは、「犯罪」行為ですよ。「笑呆亭」の問題にして欲しいと思う程です。

 『何回も何回も注意しているのに、携帯電話等の為に、折角のCD録音がダメになった。これは威力業務妨害に該当するか、どうか?』等々。今日も朝から2名のサウンド技術者が来ていたそうです。私たちも文太さんのCD2弾、3弾を心待ちにしているだけに腹立たしいです。

 堺市           高見

 久しぶり(3ヶ月)に田辺寄席にこれました。鶴志さんのお酒のお噺迫力あって、またうまいナーと思えました。文太さん「抜け蟹」は初めて聞きました。「抜け雀」は何回か聞いたことがありましたが。

 堺市           大久保

 鶴志さんの噺、楽しかったです。熱のこもった2席を聞いて、今夜は酒をたっぷりと飲みたくなった。

 阿倍野区         M

 おはぎは甘すぎず、とってもおいしかったです。280個丸めてあんをつけるのは大変だったと思います。ありがとうございました。

 鶴志さんは声が大きく、豪快ですね。酒飲みにぴったりです。

 淀川区          Y

 JALの飛行機の中で、文太師匠が聴けるとあって、無理に用事を作って山形に出張に出掛けました。上機嫌で飛行機に乗り込んだところ、山形便のボンバルディアには、イヤホンもなく、楽しみはどこへやら(アチャ!)。気流の関係で小さな飛行機は大きく揺れて、散々の出張でした。

 阿倍野区         吉井

 来週の日曜日(1025日)は、12回目の神戸・出前寄席ですね。大阪の田辺寄席もずっと続いていますが、震災以後、ずっと続けておられる「出前・寄席」にも、いつも感心しています。今年は私も初めて参加させていただこうと思っています。多くの人で、会場の御影公会堂がいっぱいになればいいですね。

 今日は何といっても鶴志さん、じっくりたっぷり2席。酒の噺に酔いしれました。こんな噺を聞いたら帰りは飲まなしゃ〜ない。

 兵庫県          大濱

 開口〇番(文太さん)「盗人」、楽しい含蓄ある話、毎回楽しみです。笑助さん「こんにゃく問答」、少々メリハリに難あり、一本調子だった。鶴志さん「三年酒」、六代目松鶴師匠を彷彿させる噺でした。さすがの珍しい酒噺、迫力満点でした。文太さん「抜け蟹」、期待通りのいい噺でした。達瓶さん「馬の田楽」、子供の描写はほのぼのとしてよかったのですが、残念なことに、口跡、語尾に難がありました。勢いはあるのですが、全体的に話が平板でした。鶴志さん「一人酒盛」、マクラの師匠、先輩の酒癖(春蝶さん、小染さん、文我さんのペケ)楽しかったです。酒飲みの描写絶品でした。いじきたない酒飲みの酒癖、下手に出て、酔うにしたがって独善的になるところも納得します。よかったです。

 和歌山県         箕西

 本日も、また昼夜続けて落語を楽しませてもらっております。本席もまたご盛況でなによりでございます。

 今席は「鶴志さんの段」でございますが、なんと言っても「三年酒」、久しぶりに聞きました。米朝師匠のネタでございますね。つっこんで言いますと、レコードの昭和版「米朝落語大全集」にはあるのですが、CDの平成版にもなく、ちくま文庫の「上方落語全集」にもございません。この一般に広く知られている三つの米朝落語をまとめたものには少しずつ差があり、それが時の流れによる、ネタのできるできないを指し示していて非常に興味深いものです。これと同じように、CD版にのみ「天狗刺し」が入っていて、これもネタ自身がおもしろいのに、どうしてかなと考えます。つまり「三年酒」「天狗刺し」とも、SFぽい設定を借りた、仏教というか、本山・檀家制度へのおちょくりと取れ、それはちょっと前までは落語の形を借りてでもやってみたいことであったのに、現在はどうでもよくなってしい、従がって、やりにくくなってしまったのでしょう。繰り返しますが「三年酒」の死んだという人が生き返ることによるドタドタというネタ自身はおもしろいので、鶴志さんのように、酒の噺の一種であると考えて、高座にかけるのは好ましいことと思われます。

 そしておハコの「一人酒盛」、オーソドックスな他人が出てくるものですね。私めなどは最初から終わりまで一人語りの枝雀バージョンの方を聞き慣れておりますが、これは通常タイプの方が好ましいですね。熱演でございました。楽しませてもらいました。

 なお、この噺に出てくる酒は蔵出し原酒と言われているものでしょう。原酒は火入れしておらず、アルコール度が20度と高いため(味をととのえるための加水をしていないので)、酔いのまわりが早い。口あたりがよいため、飲みやすいからであります。

 今日もとても、とても、とてもありがとうございました。感謝しております

 

 

 

《神無席、田辺寄席「参加者の声」》

第512回 09年10月18日()昼席 午後1時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂都丸の段〉

 兵庫県          大濱

 開口〇番「ルリイロセンチコガネムシ」長大なネタふりのあとのオチ、いいですね。とま都さん「つる」、来年の都丸一門襲名での「小鯛」決定、おめでとうございます。口跡よし、気品があってよかった。ますますの精進を!都丸さん「鯛」、塩鯛襲名決定おめでとうございます。都丸一門から塩鯛一門へ。一門にふさわしいネタです。いつ聞いてもおもしろい。文太さん「瑠璃壷名誉早駆」、見事な芝居噺堪能しました。米平さん「壷算」、骨組みのしっかりした破綻のない堅実な噺でした。都丸さん「質屋蔵」、初めて聞く噺でした。充実した見事なものでした。

 今回は、残念なことが2つ。相変わらず携帯電話のマナーが悪い(同じ人が2度も鳴らしました)。もう1件は、携帯電話で開口〇番の文太さんの一部始終を動画録画していました。

 阿倍野区         M

 又 携帯電話が鳴りました。落語を聴いている私が携帯電話の音で落語に集中できないのですから、噺家さんはもっとやりにくいと思います。みんなが気持ちよく落語を楽しめるようにしたいものです。

 富田林市         小川

 田辺寄席に対して募金箱のようなものを設置して下さい。少額でも応援できますので・・

 西成区           淺野

 文太師匠はたくさんのお勉強をされた様ですね。形にはまってます(歌舞伎のこと)。今日来て良かったです。ありがとう。色々と沢山に、さぞかし三味線などもなさっている事でしょうね。

 阿倍野区         佐藤 

 本日のお目当ての都丸さんの2席。「鯛」は新作ながら、不思議なリアリティのある噺で、笑いながらも、身につまされる噺でした。「質屋蔵」熱演で、大いに笑わせてもらいました。質草の因縁を話す段が笑いの中にもじーんときます。ありがとうございました。

 兵庫県          井上

 昨日の昼席は本。今日はチケットと連続で当てて頂き、ありがとうございます。しばらくは車の運転に気をつけ、フグは食べないようにします。

 堺市           林 

 都丸さんの「鯛」初めて聴かせてもら

いました。鯛へん面白かった。「質屋蔵」もじっくり聴かせてもらいました。さすが都丸さん、肩の力抜いて、安心していられました。

 奈良県          渋谷 

 都丸さん「質屋蔵」大熱演、子供にはやや難しいかと思いましたが、愚息も笑っておりました。これも都丸さんの腕によるものと感心しました。

 東成区           久保

 今日、初めて来ましたが、とてもおもしろかったです。「鯛」と「贋作」が特におもしろかった。「贋作」は初めてみましたが、歌舞伎を見ているみたいで楽しかった。本物の芝居を見たくなりました。

 阿倍野区         中村

 とま都さん、どんどん成長されますね。よかったです。相変らず文太さん熱演です。都丸さんもすごいです。

 兵庫県          宮地

 おはぎおいしかったです。ごちそうさまでした。お客できていた「りん吉」ちゃんを初めて見ました。よく笑っていて、かわいかったです。

 東住吉区         広山

 都丸さん、次回の田辺寄席出演は「塩鯛」襲名後になるのでしょうか。「たっぷりじっくり2席」よかったです。「小鯛」になられるとま都さん。成長の跡がよく見受けられます。楽しみです。文太さん「瑠璃・・・」文太さんならではの「贋作芝居噺」、おもいっきり笑わせていただきました。

 今日はおもいもかけない、手づくりおはぎが中入りに出てきました。毎月のお茶・お菓子に、年末は田辺大根汁の振るまい。そして年始はつき立て餅入りぜんざいは食べさせていただきましたが、おはぎも振るまわれるとは。3公演で500個位作ったそうです。大きなおはぎが中庭のテーブルに並ぶ様は壮観でもありました。2日間とも、朝早くから作って下さったそうです。いつもながら「みんなのために」の思いがあふれた世話人会様には感謝感激です。

 淀川区          Y

 「寄合酒クイズ」なかなか当りません。翌月の「寄合酒」で答合わせをすると、全滅の時も。文太師匠、ヒントをお与え下さい。 「笑呆亭」も、昨年3月に初めて来た時に「ペアチケット」が当たり、その後一年間全く当らず。今年4月に2日連続で「ペアチケット」大当り。2日目の分を他の人にゆずったら、以後また当らず、運命の女神は何処へ。〜と書いていたら、(寺西長屋の食事券が当りました。ありがとうございました)。

 奈良県          H

 とま都さんの『つる』から都丸師匠の「質屋蔵」までとても面白かったです。今度、都んぼさんや、林家染吉さんも出演して欲しいです。

 兵庫県          大濱

 都丸さん、いつも楽しい噺をありがとう。田辺寄席で聴くのは初めてです。ライブとしてちょうどいいスペース。一体感がなんともいえませんでした。

 西淀川区         榮 

 「秋深み 笑い楽しき 田辺寄席」

 徳島県          大井

 二回目の参加です。前回は春団治さんの時で、5年位前だったと思います。今回も前回同様の快晴で気持ちのいい1日が過ごせました。思えば、私の寄席道楽?も田辺寄席が始まりでした。

 徳島に住んでいれば、落語はテレビやラジオで見聞きするのが当たり前でしたが、年を取って自分の時間ができると、旅行気分で大阪へ寄れるようになりました。田辺寄席は大変素晴らしい会だと思います。

 住吉区          乾 

 文太さんの芝居噺まことに結構でした。仲入りのおはぎ、疲れた頭にほっとしました。活の都丸さん、初めて見せてもらいました。魚の噺にうってつけのお顔です。

 兵庫県          井上

 都丸さん、鯛の「仁義」しっかり見届けさせていただきました!今日も秋晴れの中、元気いっぱいの寄席でした。1から手作りしたおはぎも世話人さん達の心がこもっていてとても美味しかったです。いつもおいしいご馳走を用意してくれてありがとう!

 東住吉区         宮田

 久しぶりに来ました。なかなか来られなかった分、たっぷり楽しませてもらいました。

 京都府          岡田

 田辺寄席初めて来ました。地域に根ざしたとても雰囲気のいい落語会ですね。ちょくちょく来たくなるような、クセになりそうな会です。

 愛知県          花井

 2ヶ月ぶりに田辺寄席に来ましたが、いつも家族のように迎えて頂けて、本当に嬉しいです。仲入りのおはぎもとっても美味しかったです。ご馳走さまでした。文太さんの「瑠璃壷・・・」いっぱい笑っちゃいました。「贋作噺」は文太さん色いっぱいで、どれを聞いても面白いです。今月もありがとうございました。

 京都府          松原

 寝ちがいからか肩こりで、今月はやっとの思いで「都丸さんの段」のみ拝聴。都丸さん来年は鯛になるとか。丸一家から魚市場一家かな。「塩鯛」、浜焼きのような酒が欲しくなるような名前。京都の方なので若狭のグチ(甘鯛)の方か。こんなことを考えながら仲入。今日は特別おはぎが出た。オッ、小豆食う虫いただきます。久しぶりのあんこ。左党と言われる私ですが、今日は甘党。チェンジ・政権交代。フムフムすすめられて2個完食。付き物の塩昆布をペロリ。塩・あんこ・鯛。鯛焼きもあったな。都丸さん鯛になって田辺に回遊して来て下さい。

 東大阪市         西畑

 田辺寄席ではめったに聞けない噺を聞けるのも嬉しいです。熱演たっぷり文太師匠の「芝居噺」、落語風セリフが面白かったです。都丸師匠の「鯛」、動きといい、表情といい、桂塩鯛にピッタリですね。「質屋蔵」、古典落語のツボで笑わせる都丸落語で大満足です。仲入りのおはぎとても美味しくいただき、ご馳走様でした。裏方さんの陰の力でお茶・お菓子で見知らぬ人々との会話のキッカケとなり、楽しい田辺寄席の雰囲気の一つですね。いつもありがとうございます。大変ご苦労様でした。

 奈良県          渋谷

 都丸師匠、来年「塩鯛襲名」とのことおめでとうございます。たっぷり楽しませていただきました。一層のご活躍を期待しています。

 住吉区          上田

 都丸さんの「鯛」、顔まで鯛になっていました。「名は鯛を表わす」おめでとうございます。文太さんの芝居噺、うまいね!「大・三・元」笑いこけました。

 西淀川区         榮 

 街も運動会など秋らしい催しが多く、過ごしやすい季節となりましたが、相変わらず、田辺寄席は皆様全員大熱演でした。各々面白かったです。

 岸和田市         近葉

 阿倍野青年センターの存続についてテレビで報道されてから、田辺寄席通いを続けています。岸和田山手の方から阪和線1本で来れる、絶好の場所です。楽しみが一つ増えました。益々の繁盛を祈っています。

 堺市           芥 

 今日は地味な噺が多かった中で、中トリの文太師のアドリブを混ぜた「瑠璃壷・・・」は師の芸風にマッチして楽しかったです。

 住之江区         T

 都丸さんの「質屋蔵」大勢演でした。「鯛」も面白かったのですが、また携帯電話が・・

 堺市           大久保

 都丸さんの2席、大笑いしました。

 堺市           林 

 初めて聞きました「鯛」、いいお噺ですね。都丸さん、素敵な「塩鯛」になられるのでしょうね。楽しみです。長い「質屋蔵」も最後までの熱演ありがとうございました。本日は美味しい手作りのおはぎもいただきました。感謝です。

 東成区          山本

 「質屋蔵」面白い噺ですね。オチも良かった。

 兵庫県          菊地

 途中で携帯が鳴る。「開口0番」の最後に 1、携帯鳴らさない。2、レジ袋等をシャラシャラ鳴らさない。3、続きがわかっていても他人に教えない。とお願いか、注意かをしているのに。「犯人」は真剣に聞いている人に「申し訳ない」と思わないのか。社会で生きるものはマナーとして電源を切っとくべきだ。携帯の音ぐらいでイチイチ文句を言うなと言う人もいてるかもしれへんけど、落語を最高の状態で聞こうとする者は携帯の呼び出し音を楽しもうとは思っていない。

 牡丹餅、実に美味しかったです。ゴチソウ様、ベッピン揃いのマカナイスタッフの皆さんありがとうございました。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。今月も「通し」で楽しませてもらっております。

 本席はトニージャックスシリーズ2周目、今回もトリは都丸さんでございます。

友を持たらば三銃士、上方落語聞くならトニージャックスと、私め自信を持ってお薦めできます。一度是非とも流れで聞きたいものです。三銃士と言えば、アトス・ボルトス・アラミスですが、米二・雀々・都丸の3

人様が、その歳がすべて違っているのに、同期であるということで共通しており、そして誰が誰にあたるのかは、私めごときが指し示さなくても、賢明なこの田辺寄席の会員様方ならお分かりだと判断します。なお、ダルタニアンは一門が異なりますが、ご当代の春蝶さんに他なりますまい(父親の喪失というところからすべてが始まっているということで)。ご当代さんをゲストに招いての会を希望します。

 本席、「鯛」につきます。もともとオールマイティ都丸さんは、最も三枝師匠と芸風が似ている人だと思っていましたから、当然といえば当然ですが、ピッタリのネタだと考えます。「鯛」は三枝創作落語中、12の出来の作品でありますね。東京の人にもかけられる所以です。 「質屋蔵」、これは引っぱった引っぱった「ナイトミュージアム」なのですね。上方落語を代表するネタですが、都丸さんがかけられると、非常に現代的なもの

となり、分かりやすいものとなりました。これを聞いて思ったのですが、三枝師匠にこの「質屋蔵」をやってほしいですね。新たな発見があるにちがいありません。 今回も、とても、とても、とてもありがとうございました。感謝しております。

 P.S..とま都さん、「つる」と出ているのに「道具屋」のような導入部。「あれ、どうしたんだろう」と思いましたが、都丸師匠の入りが遅れていたのですね。似たような話をつなげてネタをのばすというのは東京の前座さんで聞いたことがありますが、これができるのは前座さんでも気のきいた人だけ。とま都さんは、見るたびによくなられております。自信を持って、ガンバッて行ってください。 とても、とても期待しております。

 

 

 

《神戸・出前田辺寄席「参加者の声」》

第12回 09年10月25日()昼席 午後2時開演

  会場:歩宇部市東灘区 御影公会堂

 兵庫県西宮市       大濱

 私も大震災で住居が全壊、4年後に西宮に帰ってきました。出前田辺寄席には、初めて来ました。長く続けられている文太師匠、スタッフの皆さんに敬意を表すとともに、感謝をします。ご苦労様です。 雀太さん「道具屋」、大熱演でした。春蝶さん「昭和任侠伝」、先代を彷彿とさせる仕草と竹内力のナニワの帝王を入れる工夫、楽しく聴きました。今後の精進を!米八さん「曲独楽」、見事な芸でした。残念なのは、マイクの調子が悪くて聞きづらいことでした。文太さん「寝床」いい出来でした。やっぱりいつもいいですね。ありがとうございました。

 大阪市城東区       河上

 若々しい桂雀太さんの「道具屋」、元気一杯で演じられてよかったです。イケメンの桂春蝶さん、おしゃれな色の羽織がよくお似合いでした。「昭和任侠伝」、初めて聞くネタでしたが、最高に面白かったです。皆さん大笑いしていましたね。桂米八さんの「曲独楽」、お見事でした。皆さん熱心に注目していましたよ。桂文太さんの「寝床」、たっぷり楽しませてもらいました。犬のシロ、猫のタマ、町内のカラス、池の金魚まで登場するので、大笑いの連続でした。

 神戸市東灘区       緒方

 初めて田辺寄席を見て、大変楽しくおもしろく聞かせて頂きました。文太さんはさすが上手で、大変面白く聞かせて頂きました。これからも落語を聞き、又見に行きます。

 兵庫県加西市       垣内

 さすが文太さんだなと思う熱演でした。本当におなかをかかえて笑いました。おかげでストレス解消です。明日からの活力が湧いてきた気がします。

 大阪市淀川区       Y

 昨年に引き続いて遠征して来ました。世話人の方々、ありがとうございます。先週の田辺寄席では、寺西長屋の2000円食事券が当たりましたので、今週もよろしくお願いします。

 神戸市東灘区       神尾

 初めて田辺寄席に来ました。ますますのご活躍を祈ります。三代目春蝶さん、頑張って下さい!

 大阪府豊中市       M

 いつもの田辺寄席には、時々お邪魔しています。今回初めて出前に便乗しました。たくさんのお客さんで、神戸でも田辺寄席(落語)人気だと思いました。

 ○○○          ○○○

 「開口〇番」から、雀太さん、春蝶さん、米八さん、文太さん、11席楽しみました。「寝床」、すごく面白かったです。「カラス全滅した」なんて楽しかったです。

 神戸市中央区       前川

 初めて田辺寄席に寄せていただきました。いつも恋雅亭の落語を聞いています。また違った雰囲気で楽しむことができました。上方落語の笑いで、苦しいことやつらいことを吹き飛ばし、楽しいことは、もっと楽しくしていって下さい。次回も神戸での公演楽しみにしています。

 兵庫県西宮市       大濱

 雀太さん、昨日に続いて聞かせてもらいました。昨日は「代書」(枝雀師の影響の見られる)、本日は「道具屋」、よく勉強されており感心しています。基本のしっかりしたスケールの大きい芸を楽しませてもらいました。今後とも精進して下さい。期待しています。

 大阪市住之江区      穐田 

 田辺寄席に来た回数は少ないのですが、毎回新しい噺を聞くことが出来て、良かったなあと思います。今後ますます頑張ってほしいと希望します。

 神戸市北区        伊藤

 神戸への文太さんの出前寄席、毎月1回はお願いしたい(当然有料で)。

 神戸市東灘区       岩崎

 初心者ですが、みんな知ってる噺で面白かったです。

 神戸市東灘区        佐藤

 大変楽しませていただきました。来年も是非とも続けて下さい。神戸が元気になりましたのも、皆様のおかげだと思っています。

 兵庫県加西市       垣内

 出前田辺寄席、初めて来させてもらいました。これも、つれあいを生落語の面白さに引きずり込んだおかげでしょう。とても楽しかったです。田辺にも、又、行かせて頂きます。カンパします。

 大阪府松原市       石田

 田辺寄席を知って、当初何回も来ていましたが、大震災以降、ごぶさたしておりました。「会報」はいつも送って頂いていますが、ずいぶん久しぶりに参加しました。やはり生の落語は面白いです。

 兵庫県芦屋市       井上

 昨年より多くの方がお見えになって、笑いの大きさも倍でした。

 京都府          松原

 出前寄席に初めて寄せていただきました。出前というから、オカモチかピザの配達を考えて来館。何とご本家より立派で(いつも田辺の方に感謝しております。が本音です)驚きました。震災で傾くどころか、避難所として350人を支えたと伺いました。早速開演前に毎度のタンケン。地下には会館の洋食屋、ホール、階段室の吹き抜けにトップライト(漫才師とチャイマ)があって、何ともいえない良いムード。昭和初期の水平線を強調した超モダニズム。屋上にも塔があったり、ちょっと登ってみたかったが立入禁止で残念。灘の文化と財力に支え支えられて90年。田辺寄席もますますのご発展で、末永く楽しませて下さい。

 大阪市此花区       山本

 落語も独楽芸も面白かったです。。

 兵庫県西宮市       須藤

 小学校3年生ですが、とってもたのしめました。「どうぐや」めっちゃおもしろかった。

 神戸市東灘区       松本 

 クイズはわかりません。楽しかったです。こんな寄席が神戸にも欲しいです。

 ○○○          ○○○

 楽しかった!ありがとうございました。そしてますますのご活躍を!

 神戸市東灘区       金家

 いつも文太様のお話を楽しみに参りました。毎年待っています。

 大阪府摂津市       内田

 初めての神戸です。末永く続くことを祈って…。

 大阪府堺市        平田

 今回初めて神戸の出前寄席に友人5人と「酒蔵めぐり」も兼ねて参加させてもらいました。

 兵庫県三木市       岸本

 文太さんの落語を初めて聞きましたが、親しみやすいやさしい話し方で好きになりました。他のネタを聞いてみたいと思います。違う文太さんも見てみたいです。

 神戸市東灘区       中上

 楽しく聞かせていただきました。ありがとうございました。スタッフのみなさん、ご苦労様です。

 神戸市東灘区       萩原 

 今回の寄席は初めてです。おなかをかかえて笑いました。ありがとうございました。

 神戸市東灘区       松本

 クイズわかりませんでした。ヒントほしかったです。

 神戸市東灘区       棚村 

 田辺寄席は、テレビやラジオで放送できないような噺となるので、面白い。同席の女性は、特に笑いが止まらない程でした。

 神戸市中央区       横山

 充実した会でした。雀太さん、元気よく前座の役割を十分に果たしていました。春蝶さん、襲名を機にさらに面白くなりました。米八さん、初めて見させてもらいました。ドキドキハラハラ楽しかったです。文太師匠、いつも通り爆笑ものでした。「寝床」はやはり、よくできたお噺ですが、師匠で聞くとさらにパワーアップです。去年から来させてもらいましたが、今回は本当に大入り満員でしたね。世話人の方、どうもありがとうございました。

 兵庫県尼崎市       菊地

 阪神電車は、もうちょっとスッキリしたダイヤを組んだらどうだろうか。普通電車が「石屋川」の駅に着いた時、東の方を見ると、「御影」駅が見えていた。500メートルも離れていない。特急待ちしてる時間、考えたら歩いた方が早いのではないか。もうちょっとダイヤ考えてほしい。それに早く走らなJRに負けるで。今年もダメだった球団と同じでしっかりせえよ!

 大阪市淀川区       柴田 

 初めて神戸出前田辺寄席に来ました。たくさん参加されていて、みなさん大爆笑でした。世話人のみなさん、お疲れ様です。本当にありがとうございました。

 徳島県          大西

 今回初めて、「のぼり」や「舞台づくり」チラシの折り込み等を手伝わせていただきました。舞台の裏側が見られて、面白かったし、本当に少人数で準備されていて驚きました。もっと近ければ、毎回でもお手伝いするのですが…。田辺寄席は地域の(いや大阪の)誇りです。みんなで盛り立てていきましょう!

 大阪市淀川区       南谷

 初めて寄席に来させて頂いて、とても面白かったです。又ぜひ来たいと思います。友達に誘われてきたのですが、友達に感謝です。久しぶりに2時間笑い続けていました。これからも頑張って下さい。

 神戸市兵庫区       黄 

 文太さん、おなつかしゅうございます。20年ぶりの再会。もう涙がチョチョギレます。ウッ!アタマもすっかりうすくなって…(アタシも一緒)。でも文太さん、芸は濃く厚くなりましたねえ!上方落語のますますの発展、日本国の輝ける未来のため、文太さん、輝けるオリオン流れ星となって下さい!

 徳島県          鶴野

 大阪でするよりは近いので、何度かやっていただくとうれしいです。震災については、他人事とは思えない(徳島も南海大震災がいつ起こってもおかしくないと言われています)。だけど、実際起こってみないと、何をどうしたらいいのかよく解りません。

 神戸市東灘区       北山 

 初めて田辺寄席に参加しまして、とてもよかった。久しぶりに大きく笑わせて頂きました。「上方芸能」を見直しました。阪神淡路大震災には、大修繕いたしました。やっと元通りの生活が出来、喜んでおります。「笑う門には福来る」。

 大阪市北区        竹内

 今回の会場の御影公会堂の古い建物のつくりが、現在でも残っているところ、地域の方々のあたたかい出迎えに、なつかしさを感じたり、心あたたまりました。

 大阪市福島区       塚本

 今日、御影公会堂に初めて来させて頂きましたが、歴史のある場所で落語も楽しめて、とてもよい週末に感謝です。震災から寄席を出前で続けていらっしゃることは、たくさんの方の「いやし」になってることと思いました。どうぞこれからも頑張って下さい。応援しています。

 神戸市東灘区       中村

 震災直後からずっと「出前寄席」をやって下さっているそうで、本当に有難いです。昨年から参加させていただいています。みんな、この日の来るのを楽しみに待っているのですよ。

 神戸市東灘区       多田

 「田辺寄席」のみなさん、遠い所からの「出前」ありがとうございます。「出前」といっても、品物(演者)だけを出前するのではなく、店(舞台)までも出前してくれはるとは、本当に嬉しく、頭が下がります。1年間、待ち遠しくしてました。神戸でも、落語を聞こうと思ったら聞けますが、この寄席は違います。心がこもっていますもの。震災以来、ずっと続けておられる皆さんの意気込みには、いつも頭が下がりっぱなしです。御影公会堂に一杯の人達の笑いに、明日への希望を見出せた思いです。ありがとうございました。

 大阪市阿倍野区      野口

 御影公会堂に、田辺寄席ののぼり、提灯、看板が立っていました。中に入るとあのなつかしい田辺寄席の舞台が誇らしげに設置されていました。田辺寄席の法被を着た世話人会のメンバーに、いつもよく見るお客さんも遠くから見えられたようだ。超満員の会場。2階にも多くの方がいかれたようだ。文太さんの「開口0番」からいつもと少し違うようだ。10何年間続けてきたという強い想いもあるのだろうか。少し緊張気味だが、「落語を楽しむアイウエオ」で、会場は一体に。よくぞ大阪から離れた遠い地で続けてきて下さったものだ。大阪人としても本当にうれしい。

 大阪市此花区       山本

 久しぶりに聞きに来ました。楽しかったです。春蝶さんは初めて聞きました。かなり上手だなと思いました。二代目春蝶さんが大好きでした。春蝶の名前を襲名しただけはあるなと思いました。これからもがんばって下さい。寄席芸も初めて見ました。又、見たいです。

 大阪市此花区       福井

 米八さんの輪抜けの独楽芸、本当に面白かったです。文太師匠の「寝床」、いつ聞かせていただいても、笑いの中に、人情味豊かで、温かさに満ちていて、想像の世界の中の一員になっています。

 神戸市須磨区       久納

 熱演で楽しませて頂きました。又、来年も期待しております。

 神戸市東灘区       池上

 桂雀太さんは元気者で、今後が期待されます。桂春蝶さんの「昭和任侠伝」は、新旧の世界を演じて、聞きほれました。桂米八さんの「曲独楽」、見事でした。桂文太さんは、さすが、いつ聴かせてもらっても、笑い一杯でした。全体に面白かったです。ありがとうございました。

 神戸市灘区        中村

 御影公会堂の出前田辺寄席には、初めて参加します。実は、出前田辺寄席には1度参加した事があります。川井公園仮設住宅内での事です。一覧表を見せてもらうと、11年前(98年)だったのですね。公園の中に特設舞台を設営して下さったものです。大阪から舞台をトラックで運んで、私達に楽しい一時を提供して下さいました。本当に嬉しかったです。今でも鮮明に思い出す、震災後の嬉しかった事の一つでした。その後もずっと出前田辺寄席を続けて下さっていたとは、これ以上の感謝はありません。あなた達の温かい励ましが、被災地の人間にとって、どんなに強い激励になった事か。今回のクイズの用紙にも「『忘れるな!神戸』を合言葉に今後も続けていきたい」と書かれています。一時の思いだけでなく、ずっと思い続けて下さるあなた達に感激です。来年も来て下さるのなら、多くの人達と参加したいと思います。ささやかながらお礼のカンパをいたします。