《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第522回 10年2月20日()昼席 午後1時40分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂千朝の段〉

 浪速区          樽本

 この欄に書かせて頂いていいのか判りませんが、お三味線の山澤さんの訃報、本当に驚きました。どうぞ安らかにお眠り下さい。

 そして仁勇さんへ(妻に先立たれ9年弱の男やもめの先輩?から)、泣いて、泣いて、泣いて、思い切り、いっぱい泣いて下さい。悲しさに、男・女・大人・子供は関係ありません。

 住吉区          奥村

 1ヶ月前に別の寄席に行ったが、同じ噺をしていた。落語はまだ耳に残っているので、別の噺をして欲しかった。

 阿倍野区         N

 40年近く、近所に住んでいたのに、寄席のこと知りませんでした。本日、仲間に教えて頂き、来ましたが、とても楽しかったです。ありがとうございました。特に文太さんの落語良かったです。

 東成区          山本

 今回は動物つながりですね。お客さん、たくさん入りましたね。千朝さん、名人の風格です。寄席通い2年目ですが、こういう凄い人がいたんですね。聞くべき人がまた一人増えて嬉しいです。文太さん「猫の災難」、笑いました。上手さに感心しました。

 住吉区          M

 桂出丸さん、桂七福さん、笑福亭仁福さん、月亭方正さんをリクエストします。

 和泉市          田仲

 初めて参加しました。他の落語会と違って、独特の雰囲気でおもしろかったです。

 淀川区          吉本

 本日全員、大熱演ご苦労様でした。文太師匠、笛、絶好調ですね。

 城京区          T

 今年、久しぶりに来させて頂きました。アットホームでなつかしさまで感じます。楽しい1日をありがとうございました。

 今日は晴天で天候にも恵まれ、思いきり笑えました。

 京都府          野田口

 おいしそうにお酒を飲まれますので、ついついこちらにも「ああ飲みたいな」と伝わってきました。

 大東市          米田

 千朝さんの「蔵丁稚」がとても良かったです。

 堺市           林 

 以前にこの田辺寄席で、千朝さんの「代書屋」をフルバージョンで、初めて聴かせてもらいました。以来、千朝落語のファンになりました。今日も2席聴かせてもらい、大変満足しております。やっぱりエエな。次はこの田辺寄席で是非「たちぎれ線香」をお願いします。

 住吉区          木村 

 二乗さんの「ふぐ鍋」に文太さんの「お酒」・・・おなかは空いてくるし、日本酒は飲みたくなるし…。早く家に帰って、地酒で鍋をつつくとするか。

 千朝さんは期待通りの味のあるお噺でした。都んぼさん、久し振りでしたが、いつも通り元気な高座で良かったです。

 平野区          野口

 会場問題の解決、おめでとうございます。一時はどうなることかとヒヤヒヤしていましたが、本当に嬉しいです。これからも時間の許す限り、通いたいと思います。

 東住吉区         松村

 如月席も存分に笑わせて頂きました。千朝さんの話しぶりはとても丁寧で、やはり性格が出るのでしょう。文太さんは飲まずによくあれだけリアルに表現なさるナと感心しました。日頃しっかり練習されているのでしょうね。お金も相当要ったことでしょう。

 千朝さんの「四段目」も聞き応え十分でした。ぜひ又聞きたいです。

 堺市           嶋 

 昼っぱなから、一杯気分。呑めない私も、おいしかった。文太さんごちそう様でした。芸が細かい!今日も1ヶ月分笑いました。

 阿倍野区         木戸

 田辺寄席、今後もこの阿倍野青年センターで開催される事になり、本当に嬉しく思います。田辺寄席の魅力は、この会場も大きな要素があったと思います。桃ヶ池が見渡せる裏庭での「仲入り」。よそではこんな事は出来ないと思います。本当に良かったですね。世話人会の皆さん、粘り強い大阪市への働きかけご苦労さんでした。他のクラブの人達も感謝していると思います。

 泉南市          山下

 千朝さんの落語は格調高く、楽しかったです。

 東住吉区         柴田 

 去年の師走席に参加した時、おいしい田辺大根汁をいただいて、「来年もいい事ありそう…」って、参加者の声の欄に書いたら、年末ジャンボ宝くじ10枚で3千円当たり、年賀状で切手シート6枚当たり(小さな幸せですけど…)、娘は大好きなジャニーズタレントのテレビ観覧に応募して見事当選!そして何より、1月の田辺寄席の笑呆亭クイズでペアチケットが当たりました!幸先いいスタート!ありがとうございまーす!!

 東住吉区         仲田

 今日は役者が揃ったと云うか、聞き応え見応えあった。いつも乍らであるが、文太さんの酔いっぷり、1升を見事に飲み干した。

 千朝さん、硬軟鮮やかに、2席楽しめました。

 京都府          松原

 文太さんの「猫の災難」は一般の柳家小三治などのものと違い、気のいい男と、ワルの噺になっておりました。「猫の災難」というより、気のいい男の災難で別の面白さがありました。

 千朝さんの「蔵丁稚」はたっぷりと、芝居噺を聞かせていただき、古典の良さをしみじみ感じました。その千朝さんの「ナショナルキッドの主題歌」も聞いてみたいものです。 兵庫県          大濱

 まずは田辺寄席の4月以降の開催決定、うれしい限りです。またスタッフの皆さんのご尽力に最大の敬意を表します。今後ともよろしくお願いします。

 田辺寄席のようにバランスのとれた番組構成は他には見当たりません。昨年5月から参加しています。私にとって、未知の素晴しい実力の持主の噺家を数多く紹介していただき、心豊かな時間を過ごしております。

 開口一番、二乗さん「ふぐ鍋」、今回で3度目です。口跡のよい、表現力の豊かな噺を聞かせてもらいました。自分の経験を生かした「ふぐ鍋」は見事でした。将来性を感じました。

 千朝さん「稲荷俥」、米朝一門共通のきちんとした芸の持主で、基本を崩さない楷書の噺が魅力的でした。

 文太さん「猫の災難」、やっぱり好きです。酔いの深まりに伴って変わっていく酔っ払いの酔態の描写が見事でした。 

 都んぼさん「おごろもち盗人」、初めて聴くネタで楽しみに来ました。都んぼさん特有のメリハリのある元気のよい噺で満足しました。

 千朝さん「蔵丁稚」、達者な芝居噺を堪能しました。大熱演でした。

 阿倍野区         高橋

 一、二乗さん、ふぐの食べ方うまそうで旨そうで!!

 二、大変口慣れた千朝さんの「稲荷俥」、ゆっくりした口調で心地よく聴けた。  三、 三、「猫の災難」、久しぶりにゆっくり聴かしてもらいました。

 四、「おごろもち盗人」、都んぼさん熱演ありがとう。

 五、「蔵丁稚」、QPさんの芝居が力が入りよろしかった。

 大正区          武内

 久しぶり来ました。2〜3ヶ月来てなかったなァ

 兵庫県          横山

 初めて田辺寄席に参加しました。「猫の災難」、文太師匠の酔いっぷり絶品ですね。この噺何回か聞きましたが1番面白かったです。千朝さん「蔵丁稚」大熱演でしたね。本当に丁寧に演じていると感じました。世話人の皆さん、どうもありがとうございました。

 東住吉区         Y

 1年4ヶ月ぶりの千朝師、流石の2席で堪能させて頂きました。「蔵丁稚」、正に舞台を目の当りにしている様で感動いたしました。会場も満席でしたね。

 阿倍野区         M

 会場に着くとすでに大入り満員で、後の方しか席がありませんでした。いつもは前の方で聴いているので前の方が慣れています。

 和歌山県         森下

 「継続は力なり」を、改めて痛感しました。お客さんのマナーも大変良く、安心して大いに笑えました。

 千朝さん、初見でしたがすっかり酔わされました。特に「蔵丁稚」は最高でした。

 兵庫県          井上

 千朝さん、ゆったりとした語り口で噺の世界へすぅーっと連れて行って下さるすばらしい噺家さんですね。これからも応援してます。

 豊中市          鈴木

 前から行きたいと思っていた田辺寄席。僕の好きな千朝さんが出られるというので地下鉄ノーマイカーフリーチケットを使ってやってきました。中入りに中庭で中休みできたり、クイズもあったりと、とても雰囲気が良く、エェ気分で帰れます。   

 千朝さんの「蔵丁稚」はアッパレでした。

 滋賀県          米田

 いつも一つか二つは新しいネタ(但し小生にとってですョ)を聴かせて戴いているので、毎月楽しみにして片道約3時間かけて長浜から通っています。いつまで通い続けることが出来るかわかりませんが、体力の続く限りお邪魔したいと思っています。

 昨年古希を迎えましたが、何とか元気を落語からもらっており、噺家の皆様方に感謝しています。田辺寄席が永く続いているのも、文太師匠をはじめスタッフの皆様のご努力のおかげと、有難く思っております。

 貝塚市          矢倉

 千朝師匠の独特の間というか、もっちゃり感は昨今の噺家さんにはないものです。表情、特に目使いが笑ってしまいます。これが積重ねてきた芸と言うものですね。文太師匠の酒に酔って行く様が可笑しくて繰り返し芸の楽しさを堪能しました。

 千朝師匠の「蔵丁稚」は、独特の千朝ワールドで楽しませて頂きました。都んぼ師匠も米紫襲名を控えてパワーアップされておられます。二乗師も格段の進歩をされている事を実感しました。

 天王寺区         指宿

 千朝さんの「蔵丁稚」、端正な語り口と噺の内容がマッチして、歌舞伎の知識が殆どない僕でも、情景がありありと頭に浮かんできました。

 阿倍野区         中村

 いつもお世話ありがとうございます。

 田辺寄席の益々の繁盛を願っています。文太さん、酔っぱらい楽しいし、お酒のおいしそうな事。

 奈良県          東田

 久々に伺いましたが、今回もとても面白かったです。特に文太師匠の噺が面白かったです。

 阿倍野区         郷迫

 初めて寄せてもらいました。日ごろ笑う事が少なくなってましたので、いい経験させてもらいました。

 羽曳野市         鎌尾

 千朝さん2席たっぷり楽しみました。独特のゆったりとした、それでいて聞きとり易い口調。有難うございました。

 都んぼさん、とても勢いのある所作と話し振りでした。襲名も期待しています。

 堺市           林 

 大入満員! すごいですね。さすがは千朝さんの人気。古典の忠実な千朝ワールドで満腹です。「蔵丁稚」素晴らしかった

 豊中市          高村

 千朝さん目当てに、1度行きたいと思っていた田辺寄席に来ました。36年の貫禄が随所に見られる、実に居心地のいい寄席でした。会場全体の温かいムードは、他では見られないものです。

 千朝さん、苦労して来た「落語人生」、ようやく花開いて来たようで、これから益々楽しみで期待大です。2席とも聞き応え充分でした。他の人達もみんな力一杯の話芸を見せてくれました。超満員のお客さんも大きな力を果たしているという事を実感しました。又来たいと思いました。世話人の皆さんご苦労さんです。がんばって下さい。

 阿倍野区         吉永 

 千朝師匠の落語久し振りに聞きました。ゆっくり目のしゃべりが実に心地よい。吉朝さん亡き後、国宝の落語を伝える第一人者としての活躍を期待しています。

 米紫になる都んぼさんも不思議な風格が出てきて結構なことです。米紫になっても長いマクラをせんならんことはありません。今のまま進んで行って下さい。

 住吉区          田宮

 田辺寄席、これからもこの桃ヶ池の畔で開催される事になり、本当に嬉しく思います。0810月の「寄合酒」を見た時はビックリしました。そして、いくら苦難を乗り越えられて来た田辺寄席でも今度ばかりは絶体絶命かと思いました。早く近所でいい会場を探して欲しいと思っていた位です。しかし、みんなの意見をまとめ、説得力のある意見書を提出したり、マスコミにも働きかけ、大きく報道されたりと、正攻法でグイグイ攻めていかれました。最後の詰めは他のクラブも巻き込み、その力を背景にフィニッシュ!! 見事な「戦術と戦法」でした。恐れ入りました。

 住吉区          辻内

 久しぶりに田辺寄席に来ました。やっぱり大笑い。皆様さすがで、めちゃめちゃ楽しい時間を過す事が出来ました。幸せなひと時ありがとうございました。

 豊中市          K

 来るたびにお客さんの数が増えてるような。

 千朝さんの「蔵丁稚」で、先月こちらに来ず松竹座の歌舞伎「忠臣蔵」の方に行ったことを思い出しました。あっちは空席がありました。

 富田林市         藤岡

 都んぼさんはエネルギッシュで元気な高座で、いつも聞いていて楽しく軽やかにさせてもらっています。今年夏の米紫さんへの襲名で、もっと大らかで芸の巾も広がる噺家になられるよう、今からぐ〜んと楽しみです。がんばって下さい。

 兵庫県          今城

 久しぶりに二乗さんの落語聞きました。相変わらずカッコイイですね。千朝さんの落語すごく楽しみにしてました。やっぱりすごく上手です。聞きとりやすい声で丁寧なお噺、よかったです。

 文太さん、ナショナルキッドの話や昔のTVの話、私の小さい時のことを想い出しました。酔っぱらいの噺もすごく面白かったです。

 

 

 

《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第523回 10年2月20日()夜席 午後6時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂文福の段〉

 和歌山県         森下

 文福さんの「タヌキハブラシ」、約4年前のこの「田辺寄席」以来 久々に聴きましたが、お年を召されても相変らずの声の張りと、サービス精神の権化のような高座、すばらしかったです。三段さん、初めて聞きましたが、和やかで結構でした。今後は、名前の読みに気をつけませう。「キヤ」と言われたのは初めてでした。「ヨシナリ」はありますが…。

 北区           高須 

 久し振りに来ました。文太さんの噺は、これまで聞いたことのない噺、「らくだ」のような大作で、おもしろかったです。

 阿倍野区         佐藤 

 三段さんの「HOW TO プレイボーイ」、元気で聴きやすく楽しませてもらいました。最後の笑呆亭もギャグを連発しておもしろかったです。三象さんの「読書の時間」、三枝師匠とは違った味があり、おもしろく聴きました。次回は得意の踊りをお願いします。本日お目当ての文福さんの2席。師匠の落語はほのぼのとして大笑いさせてもらいました。枕の話も大変楽しかったです。

 生野区          山下

 バンザーイ!! です。4月からも田辺寄席が青年センターで出来るとは、嬉しい限りです。この間の世話人会さんのご尽力、本当にご苦労さんです。他のクラブとの「協力」「共同」も素晴しいです。青年センターが今まで以上に、利用する者の立場に立ったセンターになればと思っています。

 八尾市          上舞

 今年初めての田辺寄席参加です。久々に土曜の夜のいこいのひととき。流石に文福師匠はサービス心旺盛でたいへん楽しい舞台でした。来て観てよかったです。

  門真市          松尾

 文福さん、楽しみにしていました。期待以上の熱演大いに楽しみました。又、その後の文太さんとのギャップにも、改めて文太さんの良さを感じました。

 奈良県          東田

 文福師匠の「タヌキハブラシ」「紀州」、文太師匠の「猫定」、三象師匠の「読書の時間」、三段さんの「HOW TO プレイボーイ」…同じ文枝一門でも色々な味わいがあって楽しかったです。

 住之江区         岩見

 今日は「文枝一門会」、文太、文福、三象と田辺寄席では顔馴じみのメンバーで楽しまさせていただきました。

 田辺寄席ニュース「寄合酒」に掲載の新聞ダイジェストは落語ファンにとって非常に参考になり、ありがたく読ませていただいてます。

 羽曳野市         鎌尾

 文福さんは、ほんまに面白い。「相撲甚句」や「河内音頭」も聞けて何か特をした気分です。大好きです。その芸風!

  東住吉区         小西

 文福さんの貫禄、さすがですね。素晴しい声に軽妙な言い回し、とても面白かったです。文太さんと好対称。これからも田辺寄席に足を運んで下さい。

  東住吉区         下地

 「読書の時間」こういう噺大好きです。笑わせていただきました。三段さんの「北海道落語」、いつか聴いてみたいです。

  浪速区          上野

 濃い演者の田辺寄席でした。少し疲れる位でした。その中で文太さんの存在、極だっていますね。文太さんが毎回出演される意味がよく分った落語会でした。

 東住吉区         岩崎

 4月からも開催できると知り、とても喜んでいます。これからもどうか頑張って下さい。楽しみにしています。

  兵庫県          菊地

 今夕の会は、異色の演技者が集まった。非大阪弁で堂々としゃべる三段さん。宴会芸の文福師。そして三象さん。だいぶ大阪弁から遠い語り口だった。それでも皆さん、お客さんから笑いをゲットしていたので、そんで良いと思う。アクの強い会ではあった。

  西成区          安平

 五百回記念の祝賀パーティの際、文福さん出現(?)を予想して、以前から持っていた文福さんの著書「ふるさと落語紀行」を持参していたので、ご本人にサインしてもらうことができました。ラッキー

  兵庫県          井上

 文福さん、いつもいつもサービス満点の高座、ありがとうございました。

  住吉区          宮岡

 阿倍野青年センターで引き続き開催出来る事が決まり良かったです。

  中央区          順香

 文太師匠と三段さんの掛け合い、楽しかったです。

  平野区          宮井

 文福さんが出て来るとパッと明るくなりますね。大事な存在です。上方落語も「みんな違ってみんないい」を実感させてくれる落語家です。名人と言われる人だけでは、寄席は成り立ちません。いかにお客さんを大事にし、楽しませるかの思い一杯の文福さん大好きです。その文福さんは田辺寄席が本当に好きなんだなと、36年前の第1回の時の話をされる時、いつもそう思います。今後も、田辺寄席にもっと出演して下さい。

  住之江区         遠藤

 文枝一門の異色の噺家総出演!! いつもの田辺寄席とは少し違う雰囲気。遅い新年会のノリでした。多彩な番組の田辺寄席は凄い寄席です。

  東住吉区         広山

 4月からの田辺寄席の継続おめでとうございます。大阪市の青年センター「廃止案」が出た時にはびっくりしました。心配して「大丈夫ですか。他にいい会場はあるんですか」と世話人さんに聞きました所、「イヤ、大丈夫ですよ。必ずここでやれるようになりますから。他の会場を探すなど、フラフラしていたら駄目ですが、みんなと力を合わせてがんばれば、必ずいい方向が見えて来ますから…」と確信を持って言われていました。それから1年半。その通りに進んでいく様子を見て、信念を持ってやっていく事の重要性を痛感させられました。

 2月号の「寄合酒」、「特集『寄合酒』で見る青年センター問題」。この間の事が凝縮されていて、最初に言われた言葉をかみしめながら、1ページから7ページまでじっくりと読ませてもらいました。

 平野区          大場

 文福師匠、大爆笑すばらしかったです。

 東成区          山本

 昼・夜と猫の噺でしたね。私も猫を飼っていて、生傷が絶えません。「猫定」めずらしい噺とのこと、面白かった。文福さん声がすばらしく大きい。人柄が出ていて、素直な芸風ですね。最後、座布団を外して、お辞儀していましたね。

 吹田市          青田

 久しぶりに桂文福さんの楽しい落語を拝聴させてもらいました。以前、天神橋筋商店街で露の団四郎さんを中心とした「天神寄席」の世話人をやってた時に、当時の露の五郎師匠らと、楽しい落語を演じて下さったのを、なつかしく思い出しました。

 京都府          松原

 お世話役に庚申街道の両側の街並みを昔風に改修中と伺い、今日の散歩は再び北田辺6丁目付近。帰りは松虫通りを昭和町までテクテク。その間なんとコンビニがゼロ。商店街ガンバレ。田辺は長屋と八百屋に魚屋、落語にうどんやかぜ薬が似合うと勝手に合点。

 今日は、たっぷり文福さん。かつては会社のパーティの司会でお世話になっていました。上方落語離れした芸風がなつかしかった。サービス満点・歌謡ショー。

 クイズの正解?ネコに「捨てネコ」と札でも付いていたのでしょうか。散歩中のネコを捨てネコと勝手に決め込んでいたとしたら・・・

 天王寺区         指宿

 「タヌキハブラシ」何ていうか、文福師匠のやりたいことをすべて詰めこんだちらし寿司みたいに、賑やかな1席でした。何よりも本人がすごく楽しんでいる雰囲気が伝わってきて、聞いているこちらもとても楽しい気持ちになってしまいました。

 平野区          H

 今日も面白かったです。文福さん楽しみにしていたので嬉しかったです。和歌山の事がよくわかりました。ありがとうございました。

 堺市           増田

 今日の文福さんの2席の落語、とても大熱演ですごくおもしろかったです。

 中央区          圓山

 にぎやかな文福さん、楽しかったです。落語というか歌のオンパレードで、話の筋があんまりないように思いました。

 堺市           林 

 文福師から田辺寄席の第1回の様子が聞けておもしろかった。今回が第523回。何と歴史の古い寄席であることか。

 平野区          原田

 今日の目当ては文福さんでした。ソロコンサート、昔話、落語などなど色々と楽しませて頂きました。

 奈良県          くま谷(9才)

 文福さんの落語、和歌山べんのはなしがおもしろかったです。ピンクのはっぴにあっていました。

 東住吉区         真宮

 田辺寄席、4月からも開催出来るようになりホッとしています。このご時世だから、今度だけはいくらなんでもムリだと思っていましたが、流石がというべきか、凄いの一言です。マスコミに訴え、この問題を大きく舞台に上げられたのが功を奏したのでしょうね。大阪市の側も何らかの善後策を講じない訳にはいかなくなったのでしょう。新たな形での田辺寄席、益々楽しみです。

 兵庫県          大濱

 開口一番、三段さん「How To プレイボーイ」、2回目です。受けていました。更なる精進を期待しています。

 文福さん「タヌキハブラシ」、賑やかで楽しい文福さんらしい噺でした。相撲甚句、河内音頭とサービス精神いっぱいで結構でした。

 文太さん「猫定」、今日1番楽しみにしていた1席です。初めて聴く噺で、いろんな要素が織り込まれており、文太さんのテクニックを十分に味わうことが出来ました。

 三象さん「読書の時間」、マクラの言葉へのこだわりにははまりました。若干理に勝ちすぎているきらいはありますが、本日は楽しませてもらいました。よかったです。

 文福さん「紀州」、和歌山ラブソング2番まで入りの熱演でした。楽しい1席でした。やっぱりライブは楽しい。

 滋賀県          岸本

 今年初めての田辺寄席でございまして、まずは三段さん、北海道出身なのかあえて標準語で話し、別段違和感がありませんでした。そういう型の噺もありですな。つづいて「月光仮面」の出囃子にのって文福師匠が登場、まずは1席目の「タヌキハブラシ」から。CM昭和史ともいえる文福師匠の歌声に聴きほれて、みごとにキャラと相まって見事に活かされた1席でした。

 そして中トリは文太師匠の「猫定」、内容は亭主殺しの仇を討つ猫の陰惨な噺でしたが、文太師匠の味付けで上方らしさが出ていた中に、しっかりと聴かせるという芸にあらためて文太師匠の凄さを思いしらされました。

 中入り後は三象さんの踊りではないちゃんとした「読書の時間」、言葉にこだわりを持った三象さんらしく、エロチズムの中にも生々しさが感じられずに上品な妖艶さが滲みにじみ出て変な爽やかさが出ていました。

 そして文福師匠の2席目の「紀州」、昔話の小噺をサービス精神にたっぷりとやって郷土愛に満ち溢れた内容で、本題に入ってからも細かいクスグリを入れながら文福師匠らしさが出ていた1席でした。これもすべては文福師匠の人徳の為せる業でありましょう。総じて良かったです。

 

 

 

 

《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第524回 10年2月21日()昼席 午後1時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−笑福亭仁嬌の段〉

 西淀川区         榮 

 本日は笑福亭一門の日。呂竹さん、純瓶さん、仁嬌さん、各々熱演され、面白かったです。

 西淀川区         榮 

 「春を呼ぶ 笑ひ満開 田辺寄席」

 兵庫県          井上

 仁嬌さん、ベテランながら軽妙な味わいで楽しませて頂きました。2席ともニンに合った噺でとても良かったです。

 淀川区          宮本

 たまに色物を。講談や、まんぷくトリオ&雀三郎さん等。

 都島区          浅井

 呂竹さん、「笑呆亭」いつも面白いです。人の良さがにじみ出ていて、好感が持てます。それに噺の方も数段の進歩。自信を持って演じられているのがよく分かります。次の田辺寄席での高座、楽しみになってきました。

 東住吉区         川口

 「寄合酒」2月号、嬉しく読ませていただきました。これは正に、田辺寄席世話人会の『勝利宣言』ですね。「自然いっぱいの桃ヶ池」と、一面に桃ヶ池の写真6枚。この地が田辺寄席にとって、いかに大事な場所なのかを喜びと共に感じました。今月は今までになく、ゆっくりと桃ヶ池を散策させていただきました。

 これから梅が咲き、桃・桜の花の競演。そして蓮の花が池面一杯に咲き誇る、桃ヶ池の良さを満喫する季節になってきます。田辺寄席と共にその自然がいついつまでも残っていくように願っています。

 中央区          谷本

 初めての田辺寄席です。思いきり笑わせていただきました。仁嬌さん2席大熱演、楽しかったです。純瓶さん「代書」、マクラから大爆笑。楽しかったです。「開口0番」や「笑呆亭クイズ」というのも楽しいですね。呂竹さん、文太さん、ご苦労さんでした。

 兵庫県          大濱

 開口一番、呂竹さん「色事根問」、明るい芸風、キチッとした語り口がよかったです。

 仁嬌さん「元犬」、言葉の端々に仁鶴さんの臭いがありました。堅実で安定感のあるいい噺でした。

 文太さん「開口0番〜無筆」「南京屋裁き」、今月も3公演通しで聴かせてもらいました。「開口0番」「南京屋裁き」とも今月最高の出来とノリでした。「南京屋裁き」は文太さんの見事な味つけでいつもながら感心しました。

 純瓶さん「代書」、初ライブです。鶴瓶さんゆずりのユーモアにとんだマクラはよかった。「代書」もよく磨きこんだ面白い噺で結構でした。

 仁嬌さん「万国島巡り」、初めて聴く噺で、たっぷり楽しませてもらいました。 今回は珍しい噺をたっぷりありがとうございました。満足しました。

 和歌山市         箕西

 本日もご盛況でなによりでございます。

 このセンターでの続行がどうやら決定したようで、私め、とても喜ばしい気持ちで本席に参りました。「雲と一緒にあの山越えて、今日も街道」ではなくて、桃ヶ池は日本晴れでございます。この問題に関しては「非ッ常にキビシィ」状態が続いておりましたのでとても安心しております。やっぱり「神様はすべてのドアを閉じられてもどこかのドアを開けてくださっている」のです。気分がよくて「サウンド・オブ・ミュージック」の修道女マリアのように、ここでは日本語吹き替えでの「ドはドーナツのド」ではなくて、オリジナルのジュリー・アンドリュースの声がうかんで来て、「Due-a deer,afemale deer」と、こちらで歌って踊りたくなるほどであります。本当におめでとうございます。

 本日は仁嬌さんでございまして、安定された中堅の噺家さんですが、どちらもSFぽいネタでございました。「元犬」、白い犬が人間になることがある、と信じられているのだから、人間が白い犬になることもあるのでしょう。それとも人間になっていられるのには期限があるのか。このことだけでもないのですが、ソフトバンクケイタイのCMは落語テイストあふれるものでとても好きです。本席はオリジナルのオチでしたが、私めは「もとはいぬか(元は犬か)」の方が好ましく思っております。

 「島巡り」、当然といえば当然ですが、ちょっと前にABCラジオ「なみはや亭」で聞いた仁鶴師匠の音源とほぼ同じバージョンでした。しかし「島巡り」といえば、このごろ日記をもとにしたすばらしい本「若きウェルテルの悩み」が注目されている故桂文紅師匠の型の方でしょう。私め平成14年8月に、ワッハ上方でトリをとられた「島之内寄席」でこれを聞けたことが、落語家ファン歴において忘れられない出来事です。絽の着物で(メッシュの着物ということです)ジュンク堂で雑誌を見られていた姿がカッコよかった。ネタでは「すす払い屋でござい、そうじ屋でござい」というのが最高でありました。

 本日もとてもとてもとてもありがとうございました。感謝しております。

 平野区          大場

 今日は泉州国際マラソンの応援をしてから来ました。少し暖かくなってきましたね。純瓶さん、数10年前に当社の製品お買い上げ頂いて以来、初めて落語を聴かせてもらいました。益々のご活躍をお祈りしております。

 兵庫県          大濱

 文太さん 開口0番の「無筆」、「南京屋裁き」とも、大いに笑わせてもらいました。私の場合は「無筆」ならぬ「無話」の心境です。

 城東区          河上

 仁嬌さんの元犬のシロ、面白かったです。文太さんの「南京屋裁き」、オーバーアクションで演じられ、たっぷり、じっくり、楽しませてもらいました。純瓶さん、マクラから皆さん大笑いでしたね。クリーニング屋のネタは知っていましたけど、しっかり笑ってしまいました。「代書」、元気いっぱいでしたね。ハカマ姿がかっこよかった。仁嬌さんの「万国島巡り」初めてきく噺。最高によかったです。

 浪速区          北川

 三味線の山澤由江さんが急逝されました。本当に悲しい事です。1月3日の高津の富亭での文太の会や、1月11日の「とんど祭り」での寝床の会同期会でも三味線を弾いて下さったそうで、その場で聞かせてもらっていたかと思うと、余計に辛くなります。色んな噺家さんのブログでも色々と思い出を載せて下さっていて、読ませていただく度に、心が詰まってきます。どうぞ安らかにお眠り下さい。

 西成区          A

 前回、抽選で当たった田辺大根、太い立派な大根、甘くて美味しくちょうだいしました。お友達に1本差し上げたら、「美味しかった」と申しておりました。本当にありがとうございました。今日も一緒に参っております。楽しく聞かせていただきます。よろしくお願いいたします。今日は本当に面白かった。呂竹さん、「笑呆亭」で文太さんと話をする所がとても面白かったです。長い時間ありがとうございました。

 八尾市          村田

 弟子の数でイエスキリスト一門とタイマンを張る鶴瓶一門の3番目の弟子、ユダこと純瓶さんの躍進ぶりに舌を巻いた。演目は「代書屋」だが、マクラから客席を巻き込み、演題の中でも自由自在に笑いを操り、見事でした。今度また違う演目でお目にかかりたいと思います。トリの仁嬌さんは、相変わらずのとぼけた感じが春の陽のような感じで、ホンワカして楽しかったです。落語のもう一つの形のような感じがします。楽しかったです。

 兵庫県          袁 

 阿倍野青年センターにて継続して開催できるとの事。役員他、ファンの皆様の熱意が伝わったのですね。おめでとうございます。

 この田辺寄席を紹介して、よく一緒に来た友人が先頃急逝されました。56歳の若さでした。電車の中でふとよく似た人を見て、まだ亡くなった事が信じられない気持ちでいます。

 東大阪市         松下

 田辺寄席、阿倍野青年センターで引き続き開催出来るようになり良かったです。最初は大阪市の余りにひどい乱脈市政の危機的な状況では、どうしょうもないだろうと思っていました。しかし、それから、わずかの期間にアンケートを取り、それを詳しくグラフ化し、他の資料と共に意見書(全29ページ)を大阪市に提出しました。そのパンフを見せてもらった時、「これは凄い、大阪市発行の資料を駆使して、説得力ある対応は、きっと状況を大きく動かすのでは」と思いました。大阪市の力を借りずに市民の力だけで36年間500回を超える寄席の継続開催は、大きな、大きな力を作って来たのでしょうね。大阪市も自分達の責任で田辺寄席の継続を困難にしたという批判だけは避けたかったのでしょう。これからも、色々と大変なんでしょうが、どんな事も克服するような気がします。

 和歌山県         森下

 文太師匠の「南京屋裁き」最高でした。「開口0番」の小咄が全部笑えたのを、大いに喜んでおります。これからも、よろしくお願い申しあげます。

 柏原市          下村 

 田辺寄席が阿倍野青年センターで続行出来て良かったです。お世話下さる皆様の熱意とご尽力の賜物です。本当に感謝申しあげます。これからも、よろしくお願い申し上げます。

 枚方市          西井

 文太師匠の「開口0番」、「無筆」、漢字の勉強になりますな。純瓶さんの「まくら」で「開口0番」と文字の書けない内容がかかって爆笑しました。仁嬌師匠の「万国島巡り」のSF的な舞台で、もとは文字を読めない事の噺で、今日のお題の「モンモウ」で楽しませてもらいました。

 柏原市          下村

 1月は39度の発熱でダウン。今日が初の田辺寄席。やっと2010年が始まりました(しかし善哉を食べたかったな〜)。

 東成区          山本

 「南瓜屋政談」、以前文我さんで聞いたことがありますが、殆ど忘れてしまっていました。ですが、忘れるから、何回も聞けて、笑えるんでしょうねー。文我さんは最後まで演じたと思いますが、オチが思い出せません。

 田辺寄席ここで続けられることになったんですね。よかった。「笑呆亭」のツッコミ、面白かった!(呂竹さんゲラ?)

 神奈川県         川合

 仁嬌さんのナマ高座を初めて観ました。「万国島巡り」がおもしろかったです。小人国、大人島、女ヶ島…珍しい島めぐりを楽しめました。ライブ繁昌亭で聴いた仁嬌さんの「天狗裁き」が頭に浮かびました。ソフトな語り口でとてもいい声だと思いました。

 東住吉区         柴田 

 昨日に引き続きまた来てしまいました。抽選会の文太さんと呂竹さんの掛け合いおもしろかったです。今日も楽しませていただきました。ありがとうございました。

 吹田市          伊藤

 (演者のリクエスト)桂福丸さん

 岸和田市         廣内

 開口0番から思いっきり笑わせてもらいました。小咄なども色々聞けてお得でした。呂竹さんの「色事根問」、若々しくて元気よかったです。仁嬌さんの「元犬」おかしいです。「万国島巡り」、仁鶴さんのお弟子さんらしい良い落語ですね(大作の落語、立派です)。文太さんの「南京屋裁き」、いつもながら艶のある落語ですね。純瓶さんの「代書」もなかなか面白いです。クリーニング事件の噺「誰や・・・」、生落語ならではで得しました。