《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第559回 11年2月19日()昼席 午後1時40分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂笑福亭遊喬の段〉

 西成区          上野

 今日は、「笑福亭」の豪快さを思い知った1日でした。遊喬さん、鶴志さん、いかにも「笑福亭」というお二人さん、実によかったです。特に鶴志さん。あの迫力で迫られたら、そら幹事長もあきまへんわな。「上方落語協会の分裂騒動」の話には一瞬ドッキリしましたが、おもろい話でした。

 菊地さんが亡くなられたとか。いつも会場でにらみをきかせていたのに、淋しくなります。それにしても「『菊地のおじき』をしのぶ落語会」の開催とは、菊地さんも喜びはるでしょうし、一番真剣に聞いてはるでしょうね。メンバーもいいので行きたいのですが、日程が合わず残念です。

 堺市           増田

 今日は今年2回目の田辺寄席です。遊喬さんの「二人癖」と「尻餅」2席ともすごくよかったです。文太さんの「崇徳院」もよかったです。鶴志さんの「千早ふる」とてもおもしろかったです。マクラから笑わせてもらいました。

 香川県          前山

 今回は昼夜通しで、お世話になります。1日落語に浸れる幸せを実感でき、感謝であります・・・。好きな演目に、演者さんそれぞれの味付け・・・。特に鶴志師匠のオチのバラエティーに感激しました!!

 豊中市          菊地

 今日は、気候もよくのんびりと夜の噺も聴かせて戴こうと思っています。喬介さんは、明るくさわやかで、今後精進すれば、良い噺家になることでしょう。

 

 東大阪市         上田

 今日も大爆笑楽しませて頂きました。 菊地のおじきが亡くなられた事、あまりにも突然な事なので実感しません。でも顔が見えないと淋しいです。

 大東市          米田

 遊喬さんは、2席とも大熱演でした。

 住吉区          松村

 文太さんの「崇徳院」は大熱演でした。表情豊かでこちらもつい引き込まれました。遊喬さんのとぼけた話ぶりはなかなか味がある。「たっぷり2席」、じっくり聞かせて頂きました。又の機会を楽しみにしています。

 住吉区          上田

 「崇徳院」、「千早ふる」共に良く出来た噺ですね。文太さん絶品。鶴志さん、個性豊かに「今ネタ」入りで大笑いしました。

 堺市           井上 

 今日も楽しい落語会ありがとうございました。遊喬さんのやさしい感じが良かったです。鶴志さん「千早ふる」は、面白さ満点で大笑いしました。

 枚方市          O

 鶴志さんの「千早ふる」は良かったです。

 城東区          G

 久びさに大笑いできました。

 堺市           日野

 田辺寄席ファンの友人に連れられてきました。「他の落語会とは一味も二味も違うよ」と言われてましたが、「落語なんか、どこで聞いても」と思っていましたが、本当に違っていました。この会場全体に充満する温かいアットホームな雰囲気には、私もはまってしまいました。落語も本当に大熱演。会場が一体となって演者も一生懸命。一味も二味も違ってくるのは当たり前です。仲入りのお茶タイムもホッとする一時でした。最後のクイズも面白いですね。又、来たいと思わせる落語会でした。

 奈良県          中川

 初めて寄せていただきました。とってもアットホームな感じで楽しませていただきました。さすがに歴史の長い会ですね。ぜひまた来させていただきたいと思います。抽選で招待券までいただき、いい思い出となりました。ありがとうございました。

 東住吉区         前田

 今日も楽しい落語をありがとうございました。池の蓮の枯葉もなくなり、「春間近か」を思わせるいい天気で気持ちもゆったりします。「笑福亭」の豪快さあふれる落語と文太さんの名人芸、いい構成でした。特に鶴志さん、これ以上ない楽屋噺のマクラから、四つの下げまで、今まで聞いた「千草ふる」でも最高でした。「寄席っていいな」「落語っていいなあ」とつくづく思った1日でした。

 豊中市          K

 鶴志さん、めっちゃめちゃおもしろかったですが、体調は大丈夫なんでしょうか?ちょっとしぼられた方が・・・

 兵庫県          井上

 遊喬さん、十八番の「尻餅」、去年の末は聴く機会がなかったので、今日聴けて良かったです。鶴志さん、言いたい放題のマクラからオチが四つも出たネタまでずっと大爆笑でした。まさに名人芸ですね!

 和泉市          梶谷

 今席、文太師匠の「崇徳院」の熊さんの探索の所、練った噺で大変良かったですね。鶴志師匠の「千草ふる」、落ちの「とは」は色々なバリエーションを話されておもしろかったです。高座を降りるときの師匠のしんどさを見て痛そうでした(長講にそなえてダイエットすれば?)。

 堺市           宮本

 先月、当てて頂いた「半年間通し券」で来させてもらいました。今年に入ってまだ1月半位しかたっていないのに、この「半年間通し券」と競争率70〜80倍の「東京秋葉原AKB劇場」のチケットも当選するわと、くじ運の強さは恐いくらいです。

 喬介さん、いつもいい味出されています。今回もおもしろかったです。遊喬さん、2席ともよかったです。噺のうまさはさすがに松喬一門の噺家さんだと思いました。

 東住吉区         宮田

 遊喬さん、鶴志さんを楽しみにやってきました。じっくり楽しませてもらいました。遊喬さん少しやせました?

 住之江区         高良

 初めて聴いた落語は、中一の芸術鑑賞会での鶴志師匠の「時うどん」でした。

 岸和田市         近葉

 文太さんの「熊五郎」は絶品!文太さんの「天狗裁き」を観たい、聞きたい。

 柏原市          下村

 落語は宜しいですな。しんどい事を忘れさせてもらえますな。

 松原市          K

 ○桂文太さんの「崇徳院」、大熱演でよかった。

 ○遊喬さんの「二人癖」は古典落語と思いますが、お金の単位(千円)はおかしいと思  います。

 富田林市         小川

 鶴志さんの「千早ふる」、さげが二転三転してユニークな噺になり、ワクワクと楽しませて頂きました。

 東大阪市         石井

 文太さんの独演会は、あるのですか?いつも楽しみにして、毎会笑わせて頂いてます。

 天王寺区         東条  

 先月の「枝鶴襲名口上」に続いて、今月も鶴志師匠の「言いたい放題」。鶴志師匠にかかったらH之輔さんも型無しですね。(でも痛快に思っている人も多い事でしょうね)。喬介さん、いつまでも可愛いです。遊喬さん「じっくり2席」、スケールの大きい噺を堪能しました。文太さんさすがの「崇徳院」、うまいもんです。「千早振る」の鶴枝さん、下げがどうなるか興味津々でした。5席とも満足の土曜昼席でした。

 吹田市          山口  

 本日初めて田辺寄席に来ました。仲入り時、お茶とお菓子があって、おいしくいただきました。今度は、夜席にも参加したいです。

 堺市           嶋 

 喬介さん、遊喬さん、文太さんとポンポンポン!!と味のある愉しさにテンポよく、大笑いさせていただきました。

 狸を見つめる喬介さん、折りに口ごもりも中々愛嬌、サイコロ狸さんが守ってくれたみたいですね・・・。仲入り後も又ポンポンポン・・・、「五人衆」本当にテンポ上々、楽しかったです。餅を食べて正月気分!!

 兵庫県          今城

 喬介さん あいかわらず可愛いですね。間違いもご愛嬌かな? 遊喬さん、ダンディーで聞きやすい声です。安心して聞ける落語ですね。「ズバリ当てま賞」の説明の喬介さん おもしろかったです。鶴志さんの「千早ふる」楽しかったです。おちの引っぱり方が最高でした。文太さんの「崇徳院」の、探しつかれた感じもよくできていて、百人一首つながりで楽しめました。遊喬さんの二つめも、お餅つきの感じがでて良かったです。

 城東区          G   

 今日は初めて、息子と二人で来させて頂きました。

 この不況の中、今月就職の内定が無事決まり、以前から「決まったら来よう」と約束していたので果たせて良かったです。

 親子の記念日となりました。ありがとうございます。とっても楽しく過ごせました。息子も大笑い。 

 門真市          松本

 遊喬師のスケールの大きい噺をたっぷり楽しみました。今後もこの調子で楽しい噺を聞かせてください!!

 淀川区          吉本

 鶴志さんの笑福亭流爆笑「千早ふる」最高でした。ひざの具合も良くなって来たようで、絶好調。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。安定しなかった天気でございましたが、本日はずいぶん暖かく、ありがたいのであります。

 本日は、「はやかぶ」「ラクゴリラ」どちらでも兄さんであるということで、間はさまりましてゲスト的に「遊喬さんの段」でありますが、まずは喬介さんからです。

 喬介さんは、噺家さんらしい「フラ」タイプの方でありまして、なんだかとてもおかしい感じをふりまく人で、とても心なごやかになられる人です。そして、非常に古典落語のストーリーというものをまじめに考えておられる頭のいい方だと判断します。ひょっとすると新作もやられるのかなという口調の方です。本席「狸賽」、頭でキツネとタヌキのことを振っていたので、オチサゲを変えられることは予測がつきましたが、まさかあんな強引な終わり方だとは・・・。多分「天神さまの紋」が分かりにくくなっていると学校寄席などで感じられたので変えられたのでしょうが、時代を感じますね。私め高校生のとき、米朝師匠でこの噺を聞いた時は、すんなり分かったものでしたが、それにしてもよく考えられています。これからもガンバッてください。  そして、本日メインの遊喬さんですが、様子のいい、気持ちのいい噺家さんです。もっともっといろんなところで聞きたい落語家さんでもあります。寄席との距離をはかるのもとても上手な方なので、とてもリラックスして聞けます。本席「二人癖」は非常に手慣れたもので、とても楽しめました。よかったです。「尻餅」、見台のことはもちろん気付いていましたよ。テンポがよくて、うれしかったです。

 鶴志さん、前座ネタを大看板がしてもおかしくないように手を入れて大熱演。大爆笑させていただきました。とても満足したのであります。

 本席はとても、とても、とてもありがとうございました。非常に感謝しております。

 

 

 

《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第560回 11年2月19日()夜席 午後6時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂こごろうの段〉

 平野区          H   

 今日はこごろうさんの「じっくりたっぷりの会」を楽しみにして参りました。おのろけをたっぷりたっぷりと楽しませて頂きました。私も「富クジ」であんな体験をしてみたいものです。

 堺市           林 

 「超古典」の非常に珍しいお噺を楽しめました。いつもの席に「菊地のおじき」が居てはったら喜びはったでしょうね。おじき「神隠し」に会わはったの?

 住之江区         住田

 夜席は久し振りです。九雀さん、こごろうさんという昔よく聞いた「ワイワイじゃーなる」がらみの方の出演。楽しみにやって来ました。益子さんとの掛け合いも思い出されます。私みたいな者が多いのか、会場は超満員。楽しい土曜の夜になりました。佐ん吉さん、文太さんを含めて、全て熱演。ガチンコ勝負のような雰囲気です。相撲もこうなればと思いました(本来ならもうすぐ大阪春場所ですのに)。

 平野区          舟尾 

 こごろうさんのマクラおもしろかったです。文太さんの「開口〇番」興味深くききました。九雀さんの珍しいネタよかったです。

 阿倍野区         吉永 

 「高津の富」で言いたいこと二つ。

 @ ナンバーズで一三六五と八五七を買い続けているが、一向に当たる気配がない。どうなっているのか。

 A 当たり籤の番号発表が誰の「高津の富」を聞いても一等から順番に発表している。通常宝くじでも何でも下の等級から…と思うが、だれかこの高級な文化史的難問に明快に答えてくれないか。

 阿倍野区         佐藤 

 2月19日の夜席に寄せてもらいました。本日の楽しみの大ファンのこごろう師匠の2席。「くやみ」は、往年の枝雀さんを思い出させるような大爆笑で場内が笑いの渦になりました。「高津の富」はおなじみの噺ですが、きめ細かい描写と間と仕草で独特のくすぐりもあり大笑いさせてもらいました。九雀さんは珍しい「神隠し」。

 阿倍野区         高橋

 次回田辺寄席「招待」大当たり!! ありがとう。三九。ダンケ・文太さん、佐ん吉さん。  中央区          順香  

 菊地さん寂しいですね。座っていても右側ばかり気になります。師匠から「菊地さん」と言う言葉聞けなくなりますね。

 高石市                  沼間

 初めて寄席にきました。MBSのラジオリスナーなので、桂こごろうさんの番組はいつも聞いてます。

 堺市            林 

 菊地のオジ貴が逝ってしまった。いつも田辺寄席には当たり前に居た人が急にいなくなると誠にサビシイものである。たまにはエンマ大王の許しを得てまた田辺寄席にも足を運んで下さい(足がないからダメか)。

 富田林市         小川

 こごろうさん、絶好調の時代ですね。勢いがあって噺に情熱がたっぷり入って、会場が一体となって、大いに楽しませて頂きました。

 住之江区         T  

 先日の繁昌亭の鳴り物が文太師、九雀師、む雀師であったと聞きました。なんと豪華な面々でしょうか。次回はぜひ聴いてみたいです。

 中央区          中野

 「寄合酒」に同封されていたチラシを見て、びっくりです。菊地さんが亡くなられたんですね。全く知りませんでした。そして、「菊地のおじきをしのぶ落語会」には唖然!いくら色々な落語会に、毎日のように顔を出してはるとはいえ、一落語ファンでしかない方の「しのぶ落語会」とは、前代未聞ではないでしょうか。それも好きだった落語家に出演してもらえるとは、ある意味幸せな人だと思います。菊地さんの事だから、「死んでから、そんなんやってもしゃあない」と思ってるかも。「生きてる間に、こんなメンバーの会があったら死んでへんわ」とでも言いそうですね。

 堺市           増田

 今日は昼と夜、見させていただきました。佐ん吉さんの「始末の極意」よかったです。将来が楽しみです。文太さんの「運廻し」もよかったです。九雀さんの「神隠し」、珍しい噺やなあと思いました。こごろうさんの「くやみ」と「高津の富」、2席とも大熱演で、すごくよかったなあと思いました。最初のマクラもすごく面白かったです。

 香川県          前山

 夜席、こごろうさんの「高津の富」を楽しみに、昼に続いて最後まで気合を入れて聴かせていただきました!前の席で、独特の表情も堪能できました()。くすぐり(えべっさん)も最高です。今月は、本当に昼、夜とも活気あふれ、嬉しい気分で帰ることができます。ありがとうございました。

 吹田市          星野

 やはり田辺寄席の中身の濃さは格別ですね。こごろうさんの「高津の富」、定番の演出からネタ選びに至るまでへの突っ込みも含めた独特の演出によって、偽大尽も宿屋の亭主も松ちゃんも、より身近な人物として迫って来ました。「くやみ」は噺自体の弱さのためか、もう一つ乗れませんでした。文太師匠の「ん廻し」、酒瓶を壊す件も聴きたかったですが、珍しい「例文」をたっぷりうかがえた上、圧巻の「神泉苑」。初めてうかがう「神隠し」、九雀師匠ならではの知的かつ演劇的な迫力、狂気の?若旦那の弾けっぷりで、好きなネタになりました。佐ん吉さんの決まりっぷりは、若手のピカ一だといつも思います。

 八尾市          上舞

 菊地さんのいない田辺寄席になりました。とても淋しいです。田辺寄席なら、上手側の柱の前、繁昌亭なら「きー3番」あたりにおられたので、そこに行くと、菊地さんの事を思い出します。ご冥福をお祈り申し上げます。

 東大阪市         小蔵

 最近、九雀さんは、「超古典」をやられてますね。今日も楽しめました。これからもどんどんやって下さい!

 富田林市         前田

 佐ん吉さんの成長振り大変嬉しく思いました。こごろうさんの大熱演、堪能しました。珍しい九雀さんの「超古典」もとても良かったです。弥生席も、また来させて頂きます。

 和泉市          梶谷

 今席、昼席に続いてこごろうさん目当に夜席も参加させてもらいました。昼席終了後、法楽寺と山坂神社へ散策に行って来ました。世話人会の方から、「良いお寺や神社がありますよ」と聞いて歩いて来ました。古い町家もあってよい時間つぶしが出来ました。

 平野区          原田 

 今日も面白かったです。ありがとうございました。

 吹田市          平田

 いつも中入時のご接待、ありがとうございます。どの噺家さんも楽しくて、たくさん笑わせてもらいました。

 岸和田市         近葉

 今日も昼席に続いて夜席も。佐ん吉さんの始末の極意、短くさっと切り上げる話し方に、小気味のよさを感じました。

 住吉区          吉若

 抽選会最高。文太さんと佐ん吉さんのかけあいすばらしい。

 住吉区          西川 

 今回は、「開口0番」から異様な熱気でした。

 阿倍野区         奧野

 九雀さん、こごろうさん、OBCワイワイじゃーなる繋がりで初めての出演。会場も夜席には珍しく満員御礼!熱気にあふれた会でした。こごろうさんの高津の富、どういう演出になっているか楽しみに来ました。こごろうさん独特の演出にはいつも感心させられます。

 「菊地さん」、亡くなられたのですか。そういえば「顔を見ないな」と思っていました。いつも隣同士で大きな声で話す人などをにらみつけていました。上方落語の風紀委員長はその通りだと思います。田辺寄席の名物が一つなくなりましたな(淋しい限りです)。それにしても、その委員長のしのぶ落語会。これも凄い事ですね。自分が贔屓にしていた噺家さんが集って落語をしてくれるなんて、こんなぜいたくな事がありますか。この落語会を一番聞きたいのが菊地のおじきでしょうね。同じやるんやったら、生きてる間にやれよ!と怒っているかも分りませんね。それとも、高津の富亭のいつもの席で聞きながら、にらみをきかせているかも・・・

 東成区          山本

 「菊地さん」という有名人がいることは、田辺寄席に来始めてすぐ分りました。菊地さんの「参加者の声」を読むのを楽しみにしていました。あの辛辣なもの言いが読めなくなるのは淋しい限りです。〈合掌〉。

 こごろうさん、楽しみにして来ました。高津の富よかった。文太さん、デイリーかわいいでしょ。私も犬を飼っています。犬はいいですね。

 兵庫県          大濱

 大雪も一段落、ダウンのコートを、少々ライトウエアのコートに替えて、「こごろうの段」を楽しみに来ました。佐ん吉さん「始末の極意」、キチッとした本格派の噺に将来性を感じます。文太さん「運廻し」、いつものことながら、文太さんが前座ネタをやればこうなるという好事例。いい噺が聴けました。九雀さん「神隠し」、超古典の会で聴いて以来3回目です。九雀さんらしい噺で、随分まとまってきています。聴きどころ一杯でした。こごろうさん「くやみ」、楽しい奥さんとのやりとりから、結婚式の司会での失敗、そして葬式のくやみとスムーズにマクラをふり、本題へ。パワーと情熱のあふれた噺に満足。「高津の富」、こごろうさんらしいくすぐりが入ったこれも見事な噺でした。充実の2席といえます。本日は、佐ん吉さん、文太さん、九雀さん、こごろうさん、すべて納得の素晴らしい第560回となりました。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。本日も昼夜続けて落語を楽しませてもらっております。

 今席は「ラクゴリラ」2周目、私め待ちに待っておりました出番であります。桂こごろうさんでございます。今、上方落語界で最も乗りに乗っている噺家さんでございまして、月に1度はこごろうさんの生の高座を見るようにしていますが、それでも全くあきない。それどころか「まだまだ見たい」という気にさせられる落語家さんでありまして、これは正に故枝雀師匠以来のことです。いや枝雀師匠以上に、中毒性が高いかもしれない。なぜなら、こごろうさんは、枝雀師匠の持っていた言いようのない危うさ(談志家元も持っている)が全くなく、非常に安心して見れるからです。

 また、こごろうさんは、非常に現代的に古典をされる方です。古典落語も、桂こごろうという肉体で毎日アップデートできる方だと言っていい。ですからこごろうさんは、談志家元の言うところの、だんだん弱っていく古典落語を救ってくれる、「選ばれし勇者」の一人であります。この頃つとによくなっていますので、全国の落語ファンのみなさん(特に箱根の山の東のみなさん)、今、桂こごろうさんを聞くべきであります。

 本席、こごろうさんの特色、長所がよく出ている「くやみ」、非常にノリノリでありました。色々な「こごろう流」が見られて、とてもうれしいです。金持ちのふりをする一文なしの男が、実は田舎者ではないという演出は談志家元のパターンですね。大笑いさせられてしまいました。こごろうさんは面白い。私め保証します。

 今日はすべていい。佐ん吉さん「始末の極意」、きれいですよ。文太師匠「ん廻し」、これはかくれた文太十八番ですね。たびたび高座にかけてください。九雀さん「神隠し」、2席目ですがけっこう上手くできていますね(あ、新作じゃなくて古典か)。また聞きたいです。

 本日はとても、とても、とてもありがとうございました。非常に感謝しております。

 

 

 

《如月席、田辺寄席「参加者の声」》

第561回 11年2月20日()昼席 午後1時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−林家そめすけの段〉

 住吉区          乾 

 「愛宕山」を聞く度に、竹が折れないかなと思ってましたが、今日やっと文太さんが折って下さいました。うれしかったです。そめすけさん、初めて聞きました。これからも度々聞かせて下さい。新作「通天閣」名作の予感が…。

 奈良県          I   

 文太さんの語り口、表情、色気があって「愛宕山」はぴったりの演目ですね。 演者さんの噺が始まっているのに、外から話し声が聞こえ、後のシャッター音がうるさく、どうも落ち着きません。

 中央区          I

 今回も見所、聞き所が満載で楽しかったです。

 東住吉区         垣合

 どれもすごくおもしろかったです。ドラマを見ているような感じでした。ありがとうございました。

 阿倍野区         M

 そめすけさんの「通天閣」にはホロリとさせられました。笑いもあり、よい噺でした。

 城東区          河上

 林家そめすけさん、若々しいイケメンですね。マクラから大笑いさせてもらいました。薄緑色のお着物もステキでしたよ。新作の「通天閣」、最高に面白くて、よかったです。

 桂文太さんの「愛宕山」、仕草が色っぽくてダイナミックでした。

 堺市           芥 

 桂あやめさんの「セイユー」はめちゃ面白かったです。

 そめすけさんの「通天閣」も、ええ噺でした。

 東大阪市         本西  

 2ヶ月続けて日曜昼席に来させていただきました。トリの「通天閣」は以前「新世紀落語の会」で聞かせてもらいましたが、そのときにはPAもあった繁昌亭でしたので、木村充輝さんの「天王寺」が効果的なBGMで使われていました。今回、この演出が使われなかったのは残念ですけれど、噺そのものは、「将来の人情噺」、「現代生まれの古典」になりうる作品だなと思っております。

 東大阪市         田川

 2月19日夜席で晩白柚(バンペイユ)をユズの1種といっていましたが、正確にはザボンの1品種。生物学的にはバンペイユはミカン属ブンタン類になります。ユズはミカン属香酸柑橘類なので異なる種になります。戦前1930年に台湾より苗が熊本にやってきました。実は生食、皮は砂糖漬けにして食べられます。ブンタン類と文太師匠なんとなく語呂が良いですね。

 藤井寺市          岡田

 初めての田辺寄席、舞台も本格的で驚きました。内容もとてもおもしろかったです。特に「愛宕山」・・・すてきでした。ありがとうございました。

 東淀川区         M   

 文太さんの「愛宕山」、熱演でしたネ。その語り口にどっぷりと浸ることが出来ました。これからもどうぞお元気で、みんなを楽しませて下さいませ。

 平野区          野並

 今日も満員で楽しい時間でした。

 阿倍野区         勢渡

 文太さんの「愛宕山」、熱演ですなあ!ほんまに面白くって面白くって笑いづめで、笑い声が勝手に連続して出て来ました。そめすけさんの「仏師屋盗人」も、なかなかのものでよく笑いました。

 東住吉区         垣合

 「通天閣」、いい噺でした。

 東成区          星野

 1月にペアチケット当たりました。有難うございます。昨夜の「こごろうさんの段」に続いて参りました。そめすけさんの落語(物真似は見たことが有りましたが)も楽しみです。佐ん吉さん、市楼さん、若い方のこれからが楽しみです(先月、呂好さんが終りまで着物姿でおられ、座っておじぎをされておられて、好感が持てました)。あやめさん、そめすけさんの新作、良かったです。文太さんの「愛宕山」も久しぶりに聞けて嬉しかったです。

 住吉区          近藤

 文太さんの「愛宕山」の所作、あやめさんの「say you」の会話、そめすけさんの「通天閣」の人情噺、とっても良かったです。

 交野市          三重野

 皆様の益々のご活躍を。の時間をありがとうございました。

 西区           佐藤彦

 「愛宕山」、一八の柳の下からの上りに「ホキ」は最高、「死神」のろうそくの「ホキ」、やみつきのパロディです。

 兵庫県          井上

 菊地の伯父貴、突然のお別れに驚きつつ、とても寂しさを感じています。今でもフラッと客席に現れそうな気がして……。オジキとは約8年前、文太師匠の高津さんの会で初めて出会いました。まだ落語を聴き初めて間がない私は、高座で知ってるネタがかかると、ついつい隣の彼女(今の妻)とコソコソ話……。見事にオジキの「にらみ」の洗礼を受けたのでした。そんな私も、今では繁昌亭でにらみを効かす方になりました。また、新開地の寿司屋に一緒に行きたかったな……。オジキありがとう。そしてさようなら。

 貝塚市          M   

 2月13日深夜のNHK総合テレビ「上方演芸ホール」、文太師匠ご出演、しっかり見ました。軽やかなテンポで、細かな表情、所作が伝わり、すばらしかったですね。で、さらにすごかった本日の「愛宕山」。山を登るにつれ、だんだんとしんどくなる一八に見とれました。名人・・・・・。大熱演でした。

 堺市           奥村

 初めて来ましたが、第561回と長くされていてびっくりしました。又伺いたいと思います。皆さん熱演でした。

 淀川区          吉本

 いつの間にか、池の蓮がなくなってました。「春近し」を感じました。

 東淀川区         A

 そめすけさん、油が乗っている感じですね。2席ともとても良かったです。あやめさんの「創作」も面白かったです。

 堺市           増田

 半年間の「通し券」、送っていただきありがとうございます。今日、文太さんの「愛宕山」、とても良かったです。師匠ゆずりの芸でした。

 住吉区          西川

 今年初めての田辺寄席に来ました。桂文太さんの「愛宕山」、熱演に楽しく見させて頂きました。これからもがんばって下さい。

 阿倍野区         生地

 先月、熊本の知人に「寄合酒」を送ったところ、地域で文化を育てていて感激したと連絡があり、又ぜひとも、あやめさんの落語を聞きに行って、感想をメール下さいとのこと。桂あやめさんは、週刊誌の座談会で話していた通り、色気のある女性らしい落語で楽しませてもらいました。今後とも頑張って欲しい。

 大東市          米田

 そめすけさんの「通天閣」は初めて聴きましたが、とても良かったです。

 阿倍野区         のりさだ

 一度、何でもよろしいので当てて下さいませ。よろしく。

 奈良県          北川

 そめすけさん「じっくり2席」。今まで「物真似」しか見ていなかったので、「どうかな?」と思って来ましたが、2席ともとても良く、大満足です。特に「通天閣」、いい噺ですね。人情喜劇を見ているようで、笑ったり、ホロッとさせられたりしました(上方では珍しいネタです)。もっともっと高座にかけて欲しいと思いました。文太さん「愛宕山」、山に登るしんどさが実によく出ていて、こちらまでしんどくなるようでした。笑いづめの「愛宕山」でした。「ディリー」との生活、大分なれましたか。今もなお、舞台での文太さんを見ていても、目の悪いことを一切感じさせませんね。凄い実力だと思います。

 京都府          松原

 今日は少し暖かで、道筋の中学校の校庭に梅が咲いていた。開場まで時間があったので、桃ケ池公園で花見をと思い、梅を探したが桃の木ばかり。やっぱり桃ケ池と納得しつつ東へ。朱の鳥居に朱の垣のお稲荷さんの小島へ。NHKの朝ドラ「てっぱん」のシーンで、駅伝君とあかりのお兄ちゃんが出前とランニング中に出会う所があったが、ここかと確信する。稲荷ではない、「股ケ池明神」とある。近くに股ケ池についての札があり、古くは池の形が股を含む足の形状から、股ケ池→桃ケ池となったらしい。「もも」は桃でなく、「太もも」の「もも」であったのだ。そうなると桃の木ばかりの公園の桃の木は、桃ケ池公園になってから、桃にちなんで植えられたのか(フムフム納得)。私、桃の花より「股の花」などの方が楽しいような気がしますが。ラインダンスのようにパッと開いて????(スケベですみません)。

兵庫県          大濱

 今日は、そめすけさんの「仏師屋盗人」、文太さんの「愛宕山」、あやめさんを楽しみに来ました。市楼さん「看板の一」、昨年、寺西家で聴き損ねて以来です。骨格のしっかりした噺でした。文太さん「愛宕山」、いろんな演者のものを聴いていますが、文太さんのものは初めて。文太さん流ユーモア溢れる、ゆったりした「愛宕山」を堪能しました。あやめさん「say you」、あやめさんらしい視点に立った創作落語は面白かった。東西の女流噺家のトップクラスの実力の持ち主が、「立ちきれ線香」小糸のような、あやめ流女性側から見た古典落語を期待しています。そめすけさん「仏師屋盗人」、この噺をきっちり聴くのは初めてです。そめすけさんの持つ明るさ軽みが際立ったいい噺でした。「通天閣」、そめすけさんしか作れない西成の人情噺、結構でした。

 堺市           松永 

 文太師匠が光を失っている事を、今年1月産経新聞で知りました。楽屋口から高座への出入りする振るまいに、そんな仕草はまったく感じられなかったので、その時は本当にびっくりしました。豊富な持ちネタは、完全に頭に入っているとの事。それらのネタを完全にご自分のものにされておられるので、あのすばらしい話術、表情が生まれるのだろうと、改めて思いました。これからもお体には充分お気を付け、益々の熱演を期待しております。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。本月も3席続けて落語を楽しませてもらっております。本日は昨日よりは寒いですね。まだまだみなさまご自愛して下さいませ。

 本席は「そめすけさんの段」であります。そめすけさんは林家でも東京の林家三平一門の方のように、とても多芸多才の方でありまして、非常にマルチであります。軽く親しみやすい感じもとても好ましい。それに芸人さんとしての頭がよい。そんな方だから、いろいろなことに手を伸ばされるのは当然でしょうが、そめすけさんは「はやかぶ」「ラクゴリラ」の同年代同キャリアのいろいろな噺家さん達と比較しても、落語家としての筋がいい方だと判断します。私めとしては、もっともっといろんなネタに挑戦されていかれることを願っております。

 本席「仏師屋盗人」はニンにあったネタでありましたね(三喬さんのように盗人の方にニンがあっているのではなくて、おどかされる仏師屋の方に、という意味でですよ)。とぼけた感じがとてもいい。 「通天閣」、人情噺的なネタですが、こういうのも似合いますね。ちょっとオチサゲを言いそこなった感じですが、無理につけることはなかった気がします。「松竹新喜劇風」のいい噺でありました。これからもガンバッてください。

 そして、あやめさんであります。あやめさん、娘さんがアニメを見られるからお作りになったのか、それともあやめさんがもしや声優さんとしてのお仕事をされたので、それを下敷にして作られたのか、私めアニメファンといってもいい存在なので、あやめさんがモデルにしているであろうことから推量できて、とてもとても楽しめました。うれしかったのであります。ただ声優さんのマネはもっと大げさにやった方がいいと考えます。もう一つ付け加えておきますと、アニメには人生に関するすごい名セリフがしばしば出てきます。子供向けという建前なので照れがなく言えるのでしょう。これもあやめさんのおっしゃる通りです。

 本日もとても、とても、とてもありがとうございました。非常に感謝しております。