《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第580回 11年9月17日()昼席 午後1時40分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−林家染弥の段〉

 城東区            河上

 ふっくらしたホッペタがかわいい飛梅さん、元気いっぱいでしたね。由瓶さん、オーバーアクションで演じられて、すごい迫力。文太さんの「崇徳院」、たっぷり、じっくり楽しませてもらいましたよ。表情が色っぽかったです。松枝さん、歴史の勉強になりました。由瓶さんの「足袋と帯」、面白かったです。

 堺市             K

 飛梅さん、元気よく、はきはきした話し方でとても面白かったです。自己紹介がすごく短かかったので、どなたのお弟子さんか分からずじまい。帰って調べてみようと思います。由瓶さん、とてもはじけていましたね。仕草がとても面白かったです。「足袋と帯」、笑いあり涙ありで、とても良かったです。どんな展開になるのかドキドキしながら聴きました。「笑呆亭」お疲れさまでした。盛り上がって楽しかったです。「仲入り〜」の声は由瓶さんでしょうか?とても良い声ですね。「崇徳院」いつも米朝一門のものを聴いていたので、文太さんの「崇徳院」がとても新鮮に感じました。キセルを持っている所がすごく面白かったです。とても感動しました。松枝さん「袈裟御前」、「サゲを聞いて怒らないように…」とおっしゃっていましたが、私はこのサゲとても好きです。

 阿倍野区           松村

 由瓶さんのよれよれの着物がええなあ。

 阿倍野区           M

 由瓶さん、汗を吸っていい高野豆腐になっていてよかったです。迫力がありました。

 豊中市            W

 由瓶さんの「阿弥陀池」、何度も聞いた噺ですが、熱血ぶり、正に体当たりの格闘場面、大いに盛り上がって良かったです。

 東大阪市           高橋

 いつもお世話になります。とてもパワフルな由瓶さん、固いお高野がすっかり戻りましたね。

 阿倍野区           仲田

 飛梅さん、すべりだし上々。

 文太さん、さすが、うなっちゃいます。

 由瓶さん「足袋と帯」、客の一番知りたくない楽屋裏の噺でした。

 茨木市            杉本

 由瓶さん、元気があって楽しかったです。汗の量も笑いの量もたいしたものでした。

 八尾市            上舞

 久しぶりに土曜の昼の憩のひととき、田辺寄席に参加させていただきました。少し値上げしたみたいですが、私にしてみれば、まだまだ低料金で安いです。楽しいメンバーでした。

 和泉市            N

 由瓶さんを初めて聴きました。熱演でした。特に「足袋と帯」は、噺家の人達の心理がよく描かれていて楽しむことができました。これから注目していきたいと思います。今日は雨の中、来てよかったです。

 八尾市            高澤

 島之内寄席9月席で、文太師匠の「つるつる」を聞かせて戴きました。終盤の帯とフンドシを使って降りる所の臨場感あふれる所作と小猫の様な身のこなし、最高でした。

 東淀川区           A

 由瓶さん、2席共熱演でした。とても笑わせてくれます。ありがとうございました。又いつもお茶やお菓子ごちそう様です。

 豊中市            K

 「阿弥陀池」は落語にはあんまり使われない「のりつっこみ」が入ります。由瓶さんみたいに、ちょっとオーバーな感じにやるのが、この噺に合うのかと思いました。それにしても、前半をばっさり切ったのには、ちょっとびっくり。

 大東市            米田

 由瓶さん、2席とても良かったです。

 東住吉区           S

 今席も楽しかったです。雨の中、世話人の方、庭にブルーシートをいっぱいかけて仲入りタイム本当にご苦労さんです。「開口0番」から「笑呆亭」まで、満足して帰れます。

 門真市            松本

 「足袋と帯」…由瓶師の人柄がにじみ出たいいお噺でした。こんな由瓶師がエエですなぁ。

 「袈裟御前」…この類いの噺はバツグンです。ポリープご自愛ください。

 「崇徳院」…相手が見つかった時のアクションはいつ観ても爆笑です。

 平野区            T

 飛梅さん、田辺寄席初登場。元気いっぱいで前座を務めてくれました。由瓶さん、汗いっぱいの大熱演。おまけに「笑呆亭」まで。ご苦労さんでした。雨の中、世話人の方・出演者の方ありがとうございました。

 阿倍野区           H

 台風12号の中での「彦八まつり」大変でしたね。1日でもやれて本当に良かったですね。文太さんはじめ、田辺寄席世話人会の方、悪天候の中ご苦労様でした。やはりビールは、文太さんの「上燗屋」に限ります。おつまみのおまけもついていますし、何杯も飲んでしまいました。

 兵庫県            大濱

 今年は天変地異の頻発する年。地球そのものが変革期に入っているのではと思わず考えてしまいます。今日も台風15号の余波を受けた大雨の中、進境著しい由瓶さんの2席、久しぶりに聴く松枝さん、文太さんを楽しみに来ました。

 飛梅さん「道具屋」、田辺寄席初登場。私は3回目になります。随分しっかりした噺ぶりの噺家らしい噺家として期待しています。 文太さん「崇徳院」、文句なし、絶品です。 松枝さん「袈裟御前」、含羞とシニカルさがない交ぜになった、語り口が好ましい噺家さんです。今日も淡々とした中にも知性がほのみえる噺で結構でした。

 由瓶さん「阿弥陀池」「足袋と帯」、古典は前半を大幅にカットする斬新な演出、汗のとびちる大熱演、少々オーバーアクションが気になりました。新作は由瓶さんらしい私小説風の自作。仲々おもしろい作品ですが、もう少し刈り込みが必要なのでは?今後が楽しみです。しかし、全体的に意欲的かつ進歩が感じられました。

 雨の中、演者、スタッフの皆さんありがとうございました。感謝。

 

 

 

《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第581回 11年9月17日()夜席 午後6時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂阿か枝の段〉

 住之江区             岩見

 文福師の「相撲甚句」、張りのある声で活気のある席になりました。準レギュラーでもある文福師、期待どおりで楽しみました。

 ぽんぽ娘さん、「笑呆亭」を盛り上げ、落語より笑わせていただきました。

 西成区              安平

 「彦八まつり」では「上燗屋」の生ビールで喉をうるおし、ふと目にした目樽工房さんの小拍子を迷わず買い求めました。前から欲しかったのですが、シャレたケースまでついた素晴らしい小拍子にちょっと感動しました。

 八尾市              上舞

 本日は昼夜通して参加しました。楽しい事はアッという間に過ぎてしまいます。来て観てヨカッタです!

 羽曳野市             隅本

 今回2回目。雨でしたが、たくさんの方が来られているのにびっくりしました。近い所で見られるのでうれしいです。

 東成区            山本

 今日はぽんぽ娘さん、一番面白かったナー

 中央区            石崎

 文枝師匠の門下は多彩ですね(一寸めんくらいましたけど…)。阿か枝さんのトリは中々、上方落語らしさが出て、おもしろかったですね。

 住吉区            上田

 ぽんぽ娘さん結婚おめでとうございます。益々経験を生かして、楽しいマクラを磨いて下さい。阿か枝さんキリリッとしたいい男ですね。文福さん、なんであんなに明るいの?

 中央区            順香

 ぽんぽ娘ちゃん、ご結婚おめでとうございます。「笑呆亭抽選会」、楽しかったです。大笑いです。師匠も大好きですね。

 堺市             平野

 桂三枝さんを1度よんでください。

 兵庫県            大濱

 今日は私の好きなぽんぽ娘さんの出演を楽しみに来ました。明るい芸風と文太さんとの「笑呆亭」での掛け合い期待しています。

 平野区            原田 

 いつもお世話になりありがとうございます。今日もとても楽しかったです。

 阿倍野区           藤田

 久しぶりに参りました。やっぱりここはええものですねえ。ぽんぽ娘さん、ご結婚おめでとうございます。個性的な方です。文福さん、圧倒的な存在感!「相撲甚句」に「民謡」と賑やかなこと。横綱級の楽しさでした。阿か枝さん丁寧な語り口で2席。文枝一門らしさ。文太師匠、本日も見事な「ぜんざい公社」、困ったお役所仕事でした。文太師匠とぽんぽ娘さんの「笑呆亭抽選会」も大盛況。笑呆亭でハズレたくせに来月のチケットまでいただき、すみません。ぽんぽ娘さんありがとうございました。

 堺市             宮本

 今日は文福さんと久しぶりに聴く阿か枝さんを楽しみにして来ました。僕はお相撲が大好きなので、文福さんの「相撲甚句」とてもよかったです。久しぶりに聴かせてもらった阿か枝さんよかったです。話し方等、本当に文枝師匠を感じます。このまま伸びて行って素晴らしい噺家さんになって下さい。

 東住吉区           柴田 

 ぽんぽ娘さんご結婚おめでとうございます。ダイエットがんばって下さい。お幸せに。 2ヶ月ぶりに来ました。雨の中来た甲斐がありました。今日もとても充実していて楽しかったです。ありがとうございました。

 ぽんぽ娘さんの「抽選会」、大爆笑で得した気分です。

 堺市             林 

 「東の旅シリーズ」を通しでお願いしたいと思います。「東の旅」から「三十石夢の通路」まで、文太師匠で聴いてみたい。 

 堺市             林 

 いつもながら、世話人の方々、雨の中の準備ありがとうございます。

 本日はぽんぽ娘ちゃんの結婚発表! 誠におめでとうございます。

 平野区            大場

 今年は大変な天災の連続で、世間は三連休ですが、和歌山・奈良の方は恐い夜を送っておられることでしょう。

 さて、田辺寄席にご参加の皆様は大変お行儀が良く、某国の新首相の演説時の様に、聞くにたえないヤジは勿論、ケータイの音や私語も全くありませんでした。人が話をしている時は静かに聴きましょうね。

 中央区            石田

 ぽんぽ娘さん、「笑呆亭」のレギュラーでお願いしたいです。最高に笑わせてくれました。

 東大阪市           

 「寄合酒くいず」の難しさはハンパやないです。全問正解者を集め「寄合酒くいず大会」を催すとオモロイかも。優勝者には生涯フリーパス進呈とか。これからも超難問を楽しみにしています。

 阿倍野区           佐藤 

 久しぶりに田辺寄席に来ました。台風の雨が懸念される土曜の夜席でしたが、ぽんぽ娘さんの「半分垢」で元気をもらい、文福さんの甚句と唄で大笑いさせてもらいました。阿か枝さんの2席も素晴らしく、やはり田辺寄席の落語はいいなぁとしみじみ感じました。

 住吉区            K

 阿か枝さん2席、一生懸命の熱演よかったです。文福さんはいつものサービス精神満点の文福さんでした。ぽんぽ娘ちゃん、結婚おめでとうございます。「笑呆亭」期待していましたが、期待以上でした。本当に楽しかったです。

 兵庫県            大濱

 昼席に続いてお世話になります。夜席は充実している阿か枝さんの2席、「相撲甚句」や「河内音頭」でも楽しませてくれる文福さん、明るくメリハリのあるぽんぽ娘さん、言わずもがなの文太さんと盛り沢山。ワクワクしています。

 ぽんぽ娘さん「半分垢」、マクラが好調、独自の視点にセンスを感じます。ネタも明晰でよく勉強しています。

 文太さん、開口0番「本能寺」、正本芝居噺、贋作シリーズの裏話、製作の過程を面白く聞かせてもらいました。

 文福さん「民謡温泉」、サービス精神満点、相撲甚句に民謡メドレー、賑やかな心踊る文福ワールドに満足。

 阿か枝さん「祝のし」「宿屋仇」、文枝師匠の薫陶をうけた最後の弟子。格調高く口跡のよい語り口と努力で順調に成長しています。特に大ネタ「宿屋仇」見事でした。

 悪天候の中、演者、スタッフの皆さん、お世話になりました。色々なタイプの上方落語の世界に心酔しました。感謝。

 田辺寄席名物「笑呆亭」での文太・ぽんぽ娘の掛け合いは期待以上でした。

 香川県            前山

 本当に久し振りに寄せていただきました!今日は野球部の試合(秋の県大会)が雨で中止になったので、急遽、新幹線で来阪。会費も無事納めることができ、ホッとしました。 今月土曜夜席は文枝一門で、よりアットホームな雰囲気で普段の疲れも吹き飛ばしてもらえました。阿か枝さんの高座(2席)もたっぷりと堪能できました!癒しには一番のまさに「寄合酒」の田辺寄席…これからもできるだけ足を運ばさせていただきたいと思います。世話人の皆さん、ご苦労ではありますが、600回から1000回へと「リレー落語」、繋げていってください!

 京都府            松原

 今日も雨。台風らしい。今年の台風は雨台風で、すなおに北進しない。迷走と言うらしい。衛星で監視され、迷子とは思わない。気まぐれか。落語家にもマクラで迷走する方を見かける。あれは正に迷走か確信か不明である。今日の文福さんはどちらでしょうか。やっぱりいつもと同じ!でした。阿か枝さんの古典は文枝師匠をほうふつとさせるものがありました。それにしても、古典「祝のし」の祝儀が現代に近く五百円になって、聞く人にやさしい表現でした。阿か枝さんは家庭で「オイ!カカ!」とか「お嫁御前」などと話しているのではと、少々楽しく思いました。

 堺市             N   

 今日は会社の人と来ました。落語は寄席で聞くのはいいですね。文福さんは、私が子供の頃、テレビで見ていました。あの頃と変わらず、オモシロかったです。次は、嫁さんと来ようかと思います。

 

 

《長月席、田辺寄席「参加者の声」》

第582回 11年9月18日()昼席 午後1時10分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−林家竹丸の段〉

 柏原市            下村

 今日は、「通し券」で入場させて頂きました。おおきにありがとさんです。竹丸さんのポワンとした雰囲気、好きです。

 豊中市            菊地

 露の慎悟さん、初めてお聴きしたが、しっとりとした人情噺、感激致しました。又お目にかかりたい。文太師は、相変わらずのしっとりとした名人芸、心が落ち着く。竹丸さんは、時々聴くが、知的な語りはすっきりと気持ちがいい。暑かったので、2ヶ月ほどご無沙汰したが、又続けて参加したい。

 城東区            河上

 雅さんの「桃太郎」の生意気な子供が面白かったです。竹丸さんの「立候補」、初めて聞くネタ、しっかり楽しませてもらいました。慎悟さんの「天神の杜」、にこやかなお顔で演じられてよかったです。文太さん、さすがベテランの味でした。竹丸さん、青磁のお着物がおしゃれでしたね。

 豊中市            奥村 

 雅さんを田辺寄席で聴くのは3度目ですが、どんどん落ち着いてこられ、噺もスムーズになってこられました。露の慎悟さんは初めてですが、さすがベテランの味を出してくれました。竹丸さんは、「めふの寄席」では何度も聞いてますが、田辺寄席は初めてでした。誠実な人柄が端々にあふれていました。「算段の平兵衛」は、めったに聴ける噺ではないので有難かった。文太さんの「そばのご隠居」は初めてでしたが、余裕の実力を感じました。 

 住吉区            高木

 「天神の杜」初めてでした。帰りに寄ってみます。慎悟師匠有難う。「そばのご隠居」、文太師匠の仕草は最高。すばらしい。「算段の平兵衛」の竹丸さん、熱演でした。「立候補」の新作も時事ネタを入れて面白かった。

 和歌山県           箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。本日「平成6年度(ぐらい)入門組の段」の最終回でありまして、竹丸さんであります。が、本席、特筆すべきは、ゲストの慎悟師匠の「天神の社」であります。私め、何か新作なんだろうなと考えていたのですけれど、何と円生師匠の「水神」の上方への写しであったとは、とてもびっくりしております。これは円生師匠作ではなくて、柏木の円生師匠にいくつも新作を書かれていた、劇作家の宇野信夫さんの作だったと思います。中国古典に通じた宇野氏らしい「異種婚礼談」でありまして、これもまた中国に詳しい芥川龍之介の作のようでもありました。どこか「杜子春」を思い出してしまいました。杜子春が声を発したら全てが元に戻っていたという件ですね。とてもとてもよかったので、これからもちょくちょく高座にかけてください。

 もう一つ、文太師匠の「そばのご隠居」、つまりは江戸の「そば清」ですが、文太師匠は先月は上方版である「蛇含草」をかけておられました。東西二つのヴァージョンをネタに持っておられる師匠は流石にすごい。それで「そば清」の方が寄席向きにしぼった、はるかに幅の狭い噺であることが確認されました。やはり噺としては、「蛇含草」の方がおもしろいと判断いたします。文太師匠による実践でありました。

 そして、メインの竹丸さんですが、やはり「算段の平兵衛」、たぶん八天さんからのものだと考えますが、これは「悪が栄える」という米朝師匠オリジナルの方が、落語らしいと考えます。竹丸さんは知的な語り口なので、この手の噺も無理なく聞けます。これからも米朝ネタで、例えば宗助さんがやられているようなものを、高座にかけられることを望みます。まだまだこれからであります。ガンバッてください。

 今席もとてもありがとうございました。感謝しております。

 東成区            山本

 「天神の杜」、面白い噺でした。最後は、人間が鴉になってしまうんですね。ちょっとないパターンなのではないでしょうか。オチの「カアー」という声は、誰の声なのでしょうか。鴉の奥さんが迎えに来たのでしょうか。「コロッケそば」ありますね。好きでよく食べてました。最後は、どうやっても汁にとけてしまうんですよね。

 東住吉区           I   

 今年はなんという年なんでしょうか。次々と起こる「地震」「津波」「原発」「台風」被害に、目を覆いたくなります。こんな時こそ、「お笑い」が益々大事だと思います。阪神大震災以降、続けられている神戸での「出前田辺寄席」、今年は今まで以上に大事に思います。阪神、東日本の大震災被災者との大交流、楽しみにしています。御影公会堂に立つ、田辺寄席の舞台、誇らしく思えます。多くの人の参加で、会場がいっぱいになればいいですね。

 柏原市            下村 

 まだまだ暑いですね。私のジョギングのような台風15号、ゆっくり行ったり戻ったり。周りに迷惑かけるばかりや!! 「かけうどん」に「おいなりさん」入れてみようかな!

 東住吉区           D   

 雅さん、田辺寄席で見る度によくなっています。慎悟さん「天神の杜」、珍しい噺、いい噺を聞かせて下さいました。ベテランの味、さすがでした。竹丸さん、じっくり2席、熱演でしたね。

 西成区            S   

 竹丸師匠の「算段の平兵衛」、すばらしかったです。また「竹丸師匠の段」をお願いします。

 阿倍野区           M

 露の慎悟さんの落語は初めて聴きましたが、噺に引き込まれました。

 大東市            米田

 「算段の平兵衛」は、私の好きな噺の一つです。竹丸さん、大熱演でした。

 兵庫県            井上

 竹丸さんの出囃子「スーダラ節」なんですね。好きな曲です。お囃子になっても、軽妙さがさらに出ていいですね。文太さんのマクラで出てきた、うどんにお稲荷さんを入れてグジャグジャ、やってみたいです。