《葉月席、田辺寄席「参加者の声」》

第613回 12年8月18日()昼席 午後1時30分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−露の団六の段〉

 兵庫県            大濱

 酷暑、集中豪雨、ロンドン五輪、日中韓領土問題、夏の甲子園等、硬軟入りまじった出来事に一喜一憂、寝苦しい毎日です。ウサ晴らしに笑いを求めて今席も寄せてもらいました。

 二乗さん「青菜」、歯切れのいい、キッチリした夏らしい噺でした。

 文太さん「竜宮界龍都」、文太さんの芝居噺はやはりいいもので、大満足。落雷を効果的に活用していました。

 福郎さん「メールの達人」、珍しい福郎さんの現代らしいメールをとりあげた新作に大いに納得しました。

 団六さん「鳥屋坊主」「お血脈」、激しい雷の中、いずれも珍しい噺を団六さんのゆったりした間で楽しませてもらいました。

 今回も大雨がふりやまない中、演者、噺方、スタッフの皆さん、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。

 兵庫県            宮津

 雷の中、熱演お疲れ様でした。

 阿倍野区           松村

 二乗さん、丁寧にやられてましたね。団六さん、雷に喰われましたね。「血脈」できっちり取り返しましたね。福郎さんは、新作の方が合っているのでしょうか。今日は良かったですね。文太さんはここで何をやっても安心出来ますね。

 大東市            米田

 二乗さんは、言葉がはっきりしていていいですね。文太師匠も相変わらずの達者振りでした。

 阿倍野区           M

 突然の雷で一瞬停電。落語が後3席あるのにどうなるのだろうと心配していましたが、無事に今日の昼席が終わり、ホッとしました。

 大東市            K

 文太さんの「竜宮界龍都」、久しぶりにすごいのを(カミナリさんもビックリ)見せてもらいました。

 堺市             井藤

 団六さんの珍しい噺の途中で突然の雷。それに気をとられてしまって申し訳ありません。次第に噺に引き込まれ雷も伴奏の一つに聞こえ、またとない落語会になりました。

 その後も文太さん、福郎さんの噺を聞きながらのなんともぜいたくな雨宿りでした。

 東成区            山本

 雷が激しくて、団六さん、気の毒でした。雷のせいで照明が消えかかるなんて、初めて経験しました。文太さんは流石、噺に取り入れて、笑いを取ってましたね。仲入り後は暑さとの戦いでしたね。ウチワが配られていました。ホント熱中症を心配しなければならないくらいでしたね。

 城東区            河上

 文太さんのお着物、とても、おしゃれでしたね。お若いイケメンの二乗さんの「青菜」、元気いっぱいで演じられてよかったです。団六さんは、長身でスマート。「鳥屋坊主」初めて聞くネタでした。

 文太さんの「竜宮界龍都」、面白かったですたっぷり笑わせてもらいました。福郎さんの新作。いかにも現代風の噺、楽しみました。

 八尾市            高澤

 雷鳴と暑さの中、演者もお客さんも頑張りましたね。6月に新調された高座のタタミのい草の香りが時折風に乗り少しほっとしました。デイリーちゃんも雷こわかったよね。

 広島県            下村

 今回初めて聞いた噺が四つもあった。今まで、たくさんの噺を聞いてきていたが、落語の噺はもっともっとあるようなので楽しみにして、これからも出来る限り田辺寄席に来たい。

 柏原市            下村

 雷さんのはめものまで入ってにぎやかでした。あちこちに落ちたようです。桃ヶ池公園市民活動センターでも五つ落ちましたな。(落ちはつきものですから)。

 松原市            芝内

 悪天候のなか、さすがの文太さんです。雷の中でも堂々とした落語を聴かせてもらいました。芸人の極みですね。

 いただいたシールは早速携帯にペタリ。扇子は当然、会場のクーラー故障で大活躍でした。スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 柏原市            下村 

 お久し振りです。暑い中、お世話様です。笑顔で迎えて下さりありがとうございます。

雷さんまで大声で迎えてくれたようですね。さすがに文太師匠の時には雷も遠のいて行きました。

 東住吉区           福田

 いつ聞いても文太さんの話術には、ただただ感心させられます。今後共がんばって下さい。

 東住吉区           阪本

 お暑うございます。今日は突然の雷でエアコンが故障し、演者の方も大変だったと思います。でも楽しく聴かせていただきました。ありがとうございます。

 城東区            N

 文太さん、相変わらずお見事です。

 東住吉区           T

 『雷鳴轟く落語会』いい思い出になりました。それにしてもすさまじい音でした。近所にもいっぱい落ちている感じでしたね。

 阿倍野区           S

 雷さんのはめものもあり、にぎやかな事。クーラー故障で暑い事…。でも演者もお客も負けてませんでしたね。みんなで斗う落語会でした。竹製の団扇、いい風きましたよ。 

 

 

 

《葉月席、田辺寄席「参加者の声」》

第614回 12年8月18日()夜席 午後6時00分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−桂枝三郎の段〉

B中村

 兵庫県            大濱

 昼席中の落雷のアクシデントによるエアコン故障の中、団扇片手に大汗をかきながらの夜席になりました。

 飛梅さん「平林」、若手ながら上方の噺家らしい雰囲気をもっています。今後が楽しみです。

 文太さん「瑠璃壷名誉早駆」、久しぶりにこの贋作芝居噺をたのしませてもらいました。文太さんのエッセンスがすべてつまった見事な出来でした。

 枝鶴さん「蛇含草」、堅実な噺をする好きな噺家の一人です。枝鶴さんは餅の設定をソーメン50束にしていますが、若干無理があるのでは。餅の食べすぎによる苦しさは実感できますが、ソーメン食べすぎは実感できません。せめてソーメン100束、200束の方がいいのでは?

 枝三郎さん「茗荷宿」「応挙の幽霊」、3年ぶりに好きな枝三郎さんの珍しいネタを聴くことができました。マクラといい本題といい、充実していました。

 本日は昼・夜、いい噺を聴かせてもらいました。条件の悪い中、演者、噺家、スタッフの皆さんの頑張りありがとうございました。

 住吉区            M

 会場に来てすぐに「クーラの故障」と聞いて一瞬帰ろうかなと思ったのですが、竹製のいい団扇を差し出されたら「がんばろう」と思いました。団扇をあおぎながらの落語会、これはこれでいいもので昔に帰ったようで、本当によかったです。演者も大熱演。ぜいたくを言うたらアカンとつくづく思いました。枝三郎さんの2席、珍しい噺をありがとうございました。文太さんの「贋作芝居噺」乗りに乗ってましたね。「蛇含草」のソバ。これもまた初めて。いい落語会に来たものだと帰りには思いました。

 東住吉区           高橋

 前回ペァチケット大当り。うれしくてまた今回友達と聞きに来ました。文太さんの開口0番から楽しませていただきました。女偏の漢字の話そういえばそうだなと少しかしこくなりました。枝三郎さんの「茗荷宿」「応挙の幽霊」初めて聞きました。とても面白かったです。文太さんの「瑠璃壺名誉早駆」、芝居場面は大熱演、暑い中お疲れ様です。枝鶴さんの「蛇含草」、そうめんとは夏らしいですね。

 阿倍野区           片山

 素麺を食べる「蛇含草」を初めて聴きました。オチがどうなるのかワクワクしながら聴いていました(ウ〜ン素麺で山は出来るのかな)。

 岸和田市           近葉

 久しぶりの雨で喜んでいたのですが、まさかクーラーが雷で故障とは。暑い暑い寄席になりましたが文太さんの芝居噺に引き込まれ、暑さも忘れてしまいました。芝居が目に浮かんできました。

 羽曳野市           隅本

 二ヶ月ぶりに来場できました。仕事を終わって、やれやれと会場に来ましたが、汗ビッショリ。あいにくクーラーも故障との事、がんばってお話を聞きました。中入り休憩のお茶が冷たくおいしかったです。いつも用意して下さる皆様に感謝です。ありがとうございます。

 堺市             O

 枝鶴さん初めて拝見しましたが、そうめんの食べる場面では本当にそうめんが見えそうでした!! 「蛇含草」とてもおもしろかったです!! 枝三郎さんの幽霊もすごくかわいらしかったです。チケット当選しました!ありがとうございます。

 堺市             増田

 先月笑呆亭で招待券当てていただきありがとうございます。飛梅さんこれから将来が楽しみです。今月の枝三郎さんの2席ともよかったです。2席ともあまり聞かない珍しい噺でした。枝鶴さんの「蛇含草」すごくよかったです。

 兵庫県            井上

 クーラーの故障を味方につけた?まさに大熱演の夜席、楽しませていただきました。最後に枝三郎さんの「応挙の幽霊」でしっかり涼も取らせてもらいました。

 兵庫県            井上

 「笑呆亭」、今までで一番答えが分かりやすかったと思うのですが、片方が0票にはならないんですね。大穴ねらいでしょうか?

 阿倍野区           M

 枝三郎さんの噺はマクラもおもしろく、「応挙の幽霊」は初めて聴きましたが、おもしろかったです。

 東成区             久保

 贋作芝居噺が大好きです。他では見られないのでいつも楽しみにしています。舞台の様相を想像しながら噺を聞くのが楽しみです。

 住吉区            A

 大雨の後で涼しくなったと思ったらクーラーの故障。大変な時に来ました。でもみんな大熱演。これはこれでいいもんです。照明も暑いのでいつもより暗くしているとか。幽霊噺にはよかったですね。いい思い出になりました。

 住之江区           岩見

 文太師の「贋作芝居噺」、三味線,鳴り物入りでまことに上方落語にぴったり、妖術合戦の麻雀用語も入り乱れ、大爆笑の連続、大満足しました。枝三郎師の「応挙の幽霊」、初めて聞かせてもらいました。大変珍しいネタで葉月席の夜席、しかもクーラーのきかない暑い寄席には幽霊の噺ピッタリでした。

 

 

 

 

《葉月席、田辺寄席「参加者の声」》

第615回 12年8月19日()昼席 午後1時00分開演

〈新・じっくりたっぷりの会−笑福亭伯枝の段〉

 東住吉区           小畑 

 8月の田辺寄席です。昨日の雷雨はけたたましかったですね。今日は今のところは大丈夫のようですが、しかし毎日暑いですね。エアコンの効かない中、皆さんの大熱演で大いに笑わせて頂きました。「木津の勘助」おもしろかったなあ。来月も楽しみにしています。

 

 京都府            松原

 先月、田辺大根の乾燥鞘(殻かぶりの種)を預かり種を取り分けるお手伝いをかってでた。会員に栽培してもらうよう配布する種だ。また、師走席仲入の時に接待いただく「大根汁」の大元である。

 私も毎年、買ってきた野菜の土の袋の上部を切り開きそのまま種まき・水やり。双葉が出揃ったら間引きと袋の底に排水用穴あけ。2度ほど間引きを繰り返し液体肥料をやれば立派な田辺大根になる。9月の田辺寄席の直後の種まきで大丈夫間に合います。間引きした若大根は味噌汁の実になります。

 さて、鞘からの種取ですが、思ったより実が固く、預かった2袋を指で開くのは不可能と考え、昔を思い出しました(田舎の近所のお婆は、畑で抜いてきた大根の乾燥した茎の部分を筵の上に並べ、ヌンチャクの親玉みたいな竿で叩いて種を取り出し、風の吹く日に笊に入れた筵の上の内容物をぽんぽんと空中に何度も上げる内、風に飛ばされない種だけが残るあれです)。

 早速道具選び。家にはヌンチャクはありません。鞘入りの種をビニールの小袋に入れ、まな板の上で擂粉木で手加減しながら叩き、ベランダに新聞紙を敷き詰め小箱を置いて扇風機の風を当てるというものです。小箱目がけて上からパラパラと砕いた鞘を落とせば種とまだ壊れてない鞘が小箱に残ります。種をとって残りを又叩くを繰り返し無事終了。

 ゴマ・小豆・大豆みなこうやっていましたか。ハンドルを回す唐箕(トウミ)という大型木製機具もありました。唐の字がつくと千年以上も前からあったのか。コンピューター時代の現在、大根の種を手でえり分け、江戸時代から、脈々と続く落語を生で聞くのを趣味とする田辺寄席愛好家の我々は、一体なんでしょう。

 阿倍野区           M

 昨日の雷の影響で会場のクーラーがだめになったため、昨日、今日と来場者が暑さをしのげるよう、世話人会の方々がいろいろ配慮してくださってありがとうございました。高座の噺家さんが暑さで一番大変だったと思いますが、熱演でさらに暑さが増したのではないでしょうか。

 兵庫県            矢倉 

 暑かったです。50年前にタイムトリップした寄席風景でした。うちわをあおぎながら、演者さんの熱演を聴くのも一興かもしれないですね。二・八の入りが悪いことを実感しました。伯枝さんも文太さんも初めて聴くネタで楽しませていただきました。ありがとうございます。

 東大阪市           上田

 初々しい天使さん、伯枝さん、文太さんの珍しい噺、文福さんの楽しい高座、大笑いさせて頂きました。クーラー不具合で暑かったですが、舞台の暑さに比べたら何のそのです。中入りの冷たいお茶何よりでした。有難うございました。

 八尾市            上舞

 何とクーラーが故障。それでも笑いで、暑さをふき飛ばしていただきました。

 堺市             井上 

 伯枝さんの2席、たっぷり聞けてよかったです。特に「木津の勘助」は人情味あふれる感動の噺で良かったです。

 北区             松本

 伯枝師の2席、とてもよかったです。「故郷に錦」は松鶴・米朝両師で聴いて以来でした。

 住吉区            高市

 天使さんの「兵庫船」、カツゼツ良く、船をこぐ姿も良かった。

 大東市            米田

 伯枝さん、力一杯の高座でした。少し暑苦しかったですが。

 東住吉区           井関

 残暑お見舞い申し上げます。

 守口市            砂原

 暑かった〜。でも暑さを忘れるくらい楽しかったです。

 東住吉区           K

 昨日の雷はすごかったですね。すぐ近くの長居公園では大変な事になったようで。しかし、田辺寄席にも影響があったとは…。会場の窓は空け放ち、照明も落とし、「冷風器」や扇風機もいっぱい用意し、竹製のすかしの入ったうちわもみんなに配ったり、世話人さんが一生懸命なのには感心しました。「暑さになんか、敗けるか!」の会場全体の意気込みに圧倒されました。何があっても田辺寄席はやはり一味違いますね。世話人会さんががんばっているのがヒシヒシと分るだけに、文句を言う人など全くいませんでしたね。落語も本当によかったです。今日は本当にありがとうございました。