田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま す。必見です!!
2008年 3月     演者・演題目録トップへ

第453回 田辺寄席3月15日(土)昼席
《いちもん会》


一、商売根問 /桂阿か枝(五代目文枝門下)

このネタは、師匠五代目文枝から、「商売根問」を覚えるように言われ、ついている時に覚えた噺です。その時、「まず、長い噺として覚え、それを高座の時間に合わせて、調節出来るような噺に仕上げなさい」と言われました。今日も時間に合わせて、力一杯演じます。
…(阿か枝・談)

二、デブのお肉に恋してる /桂 三金(三枝門下)

このネタは、テレビで「デブの瞳に恋してる」が流行った時に創った噺です。私の理想の恋愛の形を落語にしたものです。是非どなたか、僕と恋に落ちませんか?今までに4、5回やり、師匠三枝からはOKをとりました。
…(三金・談)

三、453号笑呆亭「眼鏡屋盗人」から /桂 文太(五代目文枝門下)

ひねって演じていた事もありますが、近頃は分り易くコント風に演じるように心掛けています。時間を知らせる時計の演出が大好きです。
…(文太・談)

〈仲入り〉

四、和歌山弁落語−祝い事 /桂枝曾丸(五代目文枝門下)

遠縁の結婚式に数合わせのため招かれた、仲良しの和歌山のおばちゃん二人によるドタバタ珍道中。昨年の11月、和歌山市民会館の独演会で初演しました。
…(枝曾丸・談)

五、紙入れ /桂 枝光(五代目文枝門下)

東京の「紙入れ」を作り直し、3、4年前から演っています。前半の部分は女性を強調し、中程では新吉が真夜中におかみさんとの馴初めを一人言で言う所を付け加えて演じています。
…(枝光・談)

……………………
第454回 田辺寄席3月15日(土)夜席
《いちもん会》

一、鉄砲勇助 /桂そうば(ざこば門下)

このネタは、「子ほめ」「ろくろっ首」の次に教えていただいた、ざこば直伝の「鉄砲勇助」です。「子ほめ」「ろくろっ首」とは違い、「ストーリーの面白さで聞かせるのではなく、その時の雰囲気とお客さんの間合いなどで持っていくネタだ」と師匠に言われました。その辺の呼吸を大事にして演じます。
…(そうば・談)

二、禁酒関所 /桂ひろば(ざこば門下)

このネタは、私が初めて一門以外の師匠(笑福亭三喬師匠)から、お稽古していただきました。演り始めた4、5年前は「笑福亭」の色が出ていたようですが、今回は出来るだけ、自分の色が出せるようにがんばって演じたいと思います。
…(ひろば・談)

三、454号笑呆亭「味噌蔵」から /桂 文太(五代目文枝門下)

東京の「味噌蔵」を大阪バージョンにしたもの。比較的以前からやっていますが、面白い部分が、上方のある噺とつくので、演じる機会が少ない噺です。
…(文太・談)

〈仲入り〉

四、ステージ漫画 /フロッグ西嶋(初代かえる門下)

師匠のステージ衣裳を身につけ、師匠のイーゼルに漫画とあなたの笑顔を一筆で描きます。60年代ポップスを流しますので、青春時代が甦りますよ。またお会い出来るのを楽しみにしています。
…(フロッグ西嶋・談)

五、厩火事 /桂ざこば(ざこば一門)

 このネタは、10年程前、小佐田定雄先生に書いていただいた。初めて台本を読んだ時、私の感性にピタッとき、これならいけると思い、パッとやりました。夫婦の情みたいなものを描けたらと思って演っています。下げには色んな解釈がありますが、私は男は冷たくなく、照れで、あの一言を言っているのではと思い演じています。
…(ざこば・談)

……………………
第455回 田辺寄席3月16日(日)昼席
《いちもん会》


一、道灌 /露の団姫(団四郎門下)

「道灌」は大師匠の五郎兵衛師匠から初めて教えていただいたネタです。大師匠から教わるという事で、大変緊張しました。「他のネタと違い、このネタをやれるようになったら、又一つ成長した事になるんや」と仰っていたので、大切に演じています。今回は年明けしたという事で、又違った「道灌」が出来るようにがんばってみます。
…(団姫・談)

二、運付く酒 /露の団六(五郎兵衛門下)

このネタは珍しいというか、殆ど演り手のないネタです。田舎もんを馬鹿にしたような所がある噺ですが、それを分らせてしまうと嫌味な噺になってしまいます。大変、人の好い大将と旅をしている大阪のやんちゃくれとのやり取りが、嫌らしくならないようにいけばとの思いでやっています。昨年ネタ下ししたばっかりで、まだ2、3度しか演じていませんがよろしくお付き合い下さい。
…(団六・談)


三、455号笑呆亭「蛇含草」から /桂 文太(五代目文枝門下)

面白く、楽しく、お餅が食べられたら、それでいいと思いやっています。「蛇含草」を見つけたら歴史上大発見となります。魔除け位で、床柱にぶら下げておくのがよいでしょう。
…(文太・談)

〈仲入り〉

四、手品指南 /桂朝太郎(米朝門下)

私の手品を見たら、パーティーとか宴会で、簡単な手品が出来るようになります。あなたが宴会の主役になります。費用はそれ程かかりません。身の回りにある日用品で出来ます。是非やってみて下さい。
…(朝太郎・談)

五、「人情噺」雪の子守唄 /露の団四郎(団四郎一門)

師匠五郎兵衛が40年程前にこしらえ、芸術祭大賞を受賞した作品。昨年私の30周年記念落語会で初演させていただきました。母親の子どもに対する思いやりみたいなものが描けたらなと思い演じています。
…(団四郎・談)



© 2002〜 田辺寄席世話人会