田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 6月     演者・演題目録トップへ
第498回 田辺寄席 6月20日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《いちもん会》


一、首の仕替え        桂そうば (ざこば門下)
  女性にもてたいと思った男、甚兵衛さんに相談すると、こんなことを言い出した………。そして男は………。

二、書割盗人          桂あさ吉 (初代吉朝門下)
  盗人がガンをつけておいた長屋に入ってみると………。そこで盗人は………。住人が気づいたからたまらない………。

三、498号笑呆亭/「軒付け」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  浄瑠璃に目覚めた男、町内の浄瑠璃好きと軒付けに………。その顛末は?………。

(仲入り)

四、不精の代参        桂 宗助 (米朝門下)
  能勢の妙見さんに、代参を頼まれた男、これがいたって不精………。無事に能勢の妙見さんに代参に行けるか?………。

五、くっしゃみ講釈       桂米団治 (米団治一門)
  講釈師、後藤一山に恨みを持った男、友達につけられた知恵が………。恨みを晴らすことができるか?………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「れ」の巻/「連戦・連敗」について 


第499回 田辺寄席 6月20日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《いちもん会》


一、 平 林             露の団姫 (団四郎門下)
丁稚の定吉は、本町の平林さんに、手紙を持っていくよう旦さんに言い付かるが………。無事に行けるか?………。

二、 母恋いくらげ         桂 春菜 (春団治門下)
母を思う可愛い可愛いくらげの物語。会えて良かった?会わない方が良かった?

三、499号笑呆亭/「いらち俥」から  桂 文太 (五代目文枝門下)
  大阪のステンショへ急ぐお婆ちゃん、初めに乗った人力が………。そして次の人力が………。お婆ちゃんは無事に大阪のステンショへ行けるか?………。

(仲入り)

四、昭和任侠伝          桂 蝶六 (二代目春蝶門下)
  東映の任侠映画にはまっている八百屋の男の子、なんとか自分も任侠の世界に………。あれやこれやと考えるが………。あげくのはてが………。

五、薮入り     (特別出演)   桂福団治 (関西演芸協会会長)
  亀ちゃんが奉公に出た。初めての薮入りで家に戻ってくる。本人もうれしいが、亀ちゃんを迎えるおとっつあん、おかあはんの嬉しいこと………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ろ」の巻/「ろうそく」について

第500回 田辺寄席 6月21日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《いちもん会》


一、二人癖         桂三四郎 (三枝門下)
  「なくて七くせ、あって四十八くせ」、こんな癖の二人が癖の止めあいを………。うまく止められるか?………。 。

二、動物園         桂 三風(三枝門下)
 「テレショップパニック」「ああ定年」「三年一組同窓会」などの客席参加型落語を演じる三風さん、さて今回の動物園は?

三、500号笑呆亭/「熊野詣」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  10年程前に女房のお照さんを亡くした平八さん、ふと熊野詣を思い立ち、息子の孝介さんと熊野詣に旅立つ………。  

四、大喜利・文福一座   (文福、坊枝、文鹿、まめだ、ぽんぽ娘)
  まめださんが大ボケをかますのか、ぽんぽ娘さんが大ボケをかますのか、文福さんがそれ以上ぼけるのか………。まとめるのは文鹿さん、それとも坊枝さん。とにかく何が飛び出すかわからない………。

(仲入り)

五、曲独楽          桂 米八(米朝門下)
  一つの独楽が輪の中を飛んだりはねたり、キセルの先で風車のように回ったり、刀の刃の上や細い糸の上を渡ったり……。そら、ハラハラ・ドキドキ……。

六、お楽しみ    (特別出演)   桂 三枝(上方落語協会会長)
上方落語協会会長の三枝兄貴は、創作落語125編をDVDやCDに残され、まだまだ新しい創作落語を生み出しておられる。今日は、その中から何を聞けるだろうか?………。


※ 開口0番(文太の前ばなし)「わ」の巻/「YS・11」について 




© 2002〜 田辺寄席世話人会