田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 月     演者・演題目録トップへ
第516回 田辺寄席12月19日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー笑福亭竹林の段》


一、米揚げ笊        笑福亭生寿 (生喬門下)
  例によって、人を笑わせてくれる朗らかな男が商売に………。その商売とは笊の売り子………。さて笊は売れるか?

二、殿集め         笑福亭竹林(六代目松鶴門下)
  京都は清水の観音さん、その舞台から若い娘が飛び降りるというので、多勢の人が集まってきてワイワイガヤガヤ大騒動………。さてその結末は………?

三、516号笑呆亭/「源太と兄貴〜純情篇」から   
笑福亭仁智(仁智一門)
  頭に「ヤ」の字のつく自由業の源太と兄貴の2人………。何とか女性をナンパしようと………。さて作戦通りうまくいくか?

(仲入り)

四、軽業講釈        桂 文太 (五代目文枝門下)
  お伊勢参りの途中、喜六、清八が軽業小屋に入ると………。なんと隣が講釈小屋………。さて講釈の先生、ちゃんと講釈ができるか?

五、井戸の茶碗      笑福亭竹林(六代目松鶴門下)
  正直な紙くず屋さんが、裏長屋で暮らすお侍から仏像を………。それをあるお侍が………。そして………茶碗が………。さて大騒動の結末は?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ヨ」の巻/「与太郎」 


第517回 田辺寄席12月19日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂あやめの段》


一、 平 林        桂さろめ (あやめ門下)
丁稚の定吉とん、旦さんに言われた用事は、手紙を本町の平林さんに届けること………。ところが定吉とんは………。さてちゃんと手紙を届けられるか?

二、 落語男        桂あやめ(あやめ一門)    
落語好きが集まるホームページ………。噺家になりたいという男の子がいた………。あの師匠はどうやとか、この師匠はどうやとか、みんながいろいろと男の子にアドバイス………。さてこの男の子、無事噺家になれるか?

三、517号笑呆亭/「お忘れ物承り所」から  桂 春駒 (春団治門下)
 あるお忘れ物承り所の話。次から次にあれを忘れた、これを忘れたと人がやってきます………。ところが………。さて係員さんの忘れたものは………?

(仲入り)

四、寄合酒       桂 文太 (五代目文枝門下)
  町内の若い連中が集まって一杯飲むことに………。ところがお金が………。そこで………。さて町内の連中、一杯飲むことができるか?

五、桜姫文章       桂あやめ(あやめ一門)
  清水寺の清玄が桜姫に恋焦がれて………。そして殺されるが、その執念は桜姫に………。(桜姫東文章)お姫様が、好きな男のために遊女まで身を落とす………。さて、(桜姫花菖蒲文章)はどう展開するか?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「タ」の巻/「大根」


第518回 田辺寄席12月20日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー露の団六の段》

一、いらち俥       露の 眞 (都門下)
  昔も今も急いでいる時に限って、車はないもの………。急いで梅田のステンショに行こうと思う男………乗った人力車が………、さてその男、無事に梅田のステンショまで行けるか?

二、一眼国        露の団六(二代目五郎兵衛門下)
  ある男、珍しいものを捕らえて見世物にしたら金がもうかるだろうと………。そこで………。とそこが………。そこで………。さてこの男の運命は……?

三、518号笑呆亭/「けんげしや茶屋」から   
桂雀三郎 (雀三郎一門)         
 悪じゃれのきつい旦さん、思いついたのが………。お茶屋は正月早々こんなことをやられたので………。そこへ通りかかったのが幇間の繁八………。ところが………。さて繁八の運命は?

(仲入り)

四、代 脈        桂 文太 (五代目文枝門下)
  お医者さんの卵の周達が、初めて周庵先生の代脈で島之内の伊勢屋さんへ………。さて、周庵先生に教えて頂いた通り、お嬢さんを診ることができるか?

五、夢 八        露の団六(二代目五郎兵衛門下) 
  何かするとすぐに居眠りをして夢を見てしまうという男………。頼まれた仕事が………。さてこの男、一晩寝ずに頼まれた仕事ができるか?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「レ」の巻/「連番十八集」 



© 2002〜 田辺寄席世話人会