大阪市の「経費削減の取組(素案)」(2008.9)に対する田辺寄席世話人会の所見

 

大阪市(平松市長)は危機的な財政状況に対応し、今年9月に「経費削減の取組(以下「素案」と記述)」を発表しました。素案の実現は、@職員の給与カットと職員数の削減、A現在の施策・事業について『制度本来の趣旨が意義を失っていないか』『受益と負担の関係が適正かどうか』を点検し見直しをはかる、の2つで行なうものとしています。その中で、「『阿倍野青年センター機能』を『青少年文化創造ステーション東淀川区)』に統合し、2500万円の費用を削減」する旨、盛り込まれています。

そもそも、危機的な財政状況に至った原因は、@バブル経済崩壊後の大幅な市税収入の減少、A生活保護費などの扶助費の増加、B公債費(借金)の増加、C第3セクターの破綻、の4つを掲げています。

 

今回の素案には、「行財政改革」と同時に、「市政を改革し、未来を志向して『元気な大阪』の実現に向けた基礎づくりを進めていく」ことも書かれています。その市政改革の戦略は、「これまでの慣行・先例との訣別」「大阪市政に“経営”の仕組みを導入」「市民スタンダードに則ったガラス張りの経営と改革の進捗管理の徹底」「経営体制の転換(民営化、独立行政法人化)と創造都市戦略の展開に向けた足固め」の4つを掲げています。また「創造都市」とは、「都市の活力は“人材”が支え、人材は魅力ある住宅と職場環境のまわりに集まり(文化施設の充実)、文化施設を核に消費産業や情報産業が育ち、観光客も誘引する。」としています。

 

この素案に対して、大阪市は11月28日を期限に市民に意見を求めています。30年余にわたり阿倍野青年センターを使用してきた田辺寄席世話人会として、広くみなさんの意見をお聞きして、意見書を提出する予定です。その前に、世話人会としての現時点での考え方を以下にお示しします。

 

        財政状態が危機的である事実はわかりましたが、その真の原因は、市政改革マニュフェストに自ら認めているように政策の見直しを怠った結果で、そのマニュフェストさえ守られず、今回、市民生活に関わる事業の削減が追加されることは、到底納得できません。

        青少年の健全育成のための市内の拠点施設は、阿倍野青年センターを含めて市内に4つしかありません。子どもの人口が減少したからといって、この大阪市の規模で将来を担う青少年を育成する拠点施設を統廃合する合理的な理由があるとは考えられません。

        大阪市が、行財政改革と同時に掲げる創造都市づくりの理念は、田辺寄席が阿倍野青年センターを拠点に30余年にわたる活動を通じて実践し続けてきたと考えます。この間、田辺寄席にふれて落語家や講談師を志した人材は20名を下らず、各方面で上方芸能を支えています。また、伝統野菜である田辺大根の発掘・普及活動は数多くの市立小学校の栽培活動につながり、地場産業としても活かされています。同じく田辺の模擬原爆を語り継ぐ活動も市立小中学校の平和教育に活かされています。また阿倍野青年センターでの月3回の田辺寄席や各地での出前・田辺寄席には田辺地域はじめ市内および国内各地から年間6千人を超える利用者があり、観光ツアーの団体も訪れています。このような経験から私たちは、将来を担う人材は、身近な創造的活動に触発をうけて育つものであり、そういった市民の活動は拠点をもって継続して始めて根づくものであると考えます。阿倍野青年センターのような公園と一体で環境がよく、体育室と会議室が複合し機能的で親しみやすく、安価に使用できる公共施設は不可欠であり、青少年と幅広い年令の市民が交流できることで、青少年の健全な育成に資するものと考えます。

 

 以上の考えから、阿倍野青年センターの存続を求めていくのが、田辺寄席世話人会の所見です。
阿倍野青年センターならびに田辺寄席についての緊急アンケート

経費削減に伴う阿倍野青年センターの機能統合について、田辺寄席の会員ならびに幅広く皆さんからご意見をお寄せいただき、大阪市に提出する意見書の資料にそえたく、ご協力をお願いします。なお、アンケート用紙は各自でコピーをいただいて身近な方にも協力をぜひお願いしてください。11月20日までにお願いいたします。

 

1.  大阪市内では、文化や青少年の活動の拠点となる公共施設が足りていると思いますか。(番号一つに○)

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

2.                            阿倍野青年センターは、青少年や市民の文化・スポーツ活動の拠点となる公共施設として、活かしていくのがよい。

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

3.  田辺寄席は、青少年からお年寄りまで幅広い市民が芸能文化とふれあう機会となっていると思いますか。

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

4.  あなたは田辺寄席にいくことが、家から外出する機会や人とふれあう機会になっていますか。

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

5.  田辺寄席は、田辺大根をはじめ田辺地域の文化と一体となって、より魅力が高まっていると思いますか。

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

6.  田辺寄席は、現在の阿倍野青年センターの場所で運営することが望ましいと思いますか。(その理由)

@たいへん思う              A思う                          B思わない                   Cまったく思わない

Dどちらともいえない  (ご意見                                                                                      )

 

7.その他、阿倍野青年センターの今後のあり方や田辺寄席についてご意見をお聞かせください。

 

 

 

 

 


8.最後にあなたの住まいの場所、年令・性別についてお聞かせください。

■住まい   @大阪市内(       区)  A大阪府下(       市・町)  B大阪府外(        都・道・府・県)

■性 別  @男性   A女性                          

■年 令  @〜9歳 A10代 B20代 C30代 D40代 E50代 F60代 G70代〜

 


郵送は 546-0033 大阪市東住吉区南田辺4−9−2−707号 ファックスは06-6628-1892

*田辺寄席当日(11月15日・16日)に阿倍野青年センターまで持参下さっても結構です。